知覚動考~ブログアフィリエイトでも重要な行動パターンです。

いつもありがとうございます。Webライター & ブログマーケターのsatoshiです。

今回は「知覚動考」について書いてみます。知覚動向は「知って覚える。動いて考える」と言う意味です。この言葉は行動パターンは、強烈なマインドセットにつながる凄い威力があります。その理由も併せて解説します。是非、最後まで読んでくださいね。では、はじめます。

 

 

 

知覚動考とは

この言葉の意味は・・・既にアフィリエイトを学び始めた人なら、一度は聞いた事があると思います。再度、ここでおさらいするので、再認識してください。「初めて聞くんだけど・・・」って言う人・・・ナイスタイミングです。この記事を読んだ後、すぐにでも実践していきましょう。

 

前置きが長くなってしまいました(汗)スミマセン。「知覚動考」とは・・・

 

知覚動考~4つのワード

・知る

・覚える

・動く

・考える

 

この4つのワードが合わさった言葉です。

 

広告

知って覚える。行動して考える。

 

成功する為の行動パターンになります。次に4つのワードについて更に掘り下げて解説します。私のブログはアフィリエイトの初心者向けなので、アフィリエイトで解説します。

 

 

知る

あなたが普段のアフィリエイトの活動をしていく中で、さまざまな知識を得ていきます。要はインプットと呼ばれる部分です。インプットが「知る」に当てはまります。

 

普段の情報発信していく中で、様々なコンテンツから情報を収集しますよね。ここで言うコンテンツとは、書籍や教材、メンターの教えや言葉だったり、普段から読んでいる他の人のブログやメルマガ、更には塾やセミナー等が含まれます。これらを通じて知識を蓄えていきます。

 

 

覚える

色んなコンテンツを通じて知った知識を自分のモノにする為に覚えていきます。様々なコンテンツからはノウハウが学べるので、早速覚えていきます。メンターの教えや言葉もただ、聞くだけでは意味がないので、理解を深める為にも覚えていきます。

 

他の人のブログやメルマガで得た知識も丸パクリは犯罪になるので、自分の武器にする為にも、自分の言葉で覚えていきましょう。塾やセミナーで、せっかく学んでも覚えなければ全く意味がありません。

 

動く

得た知識をしっかり覚えたら、次は行動です。学んで覚えた事をただ、ひたすら実践していきます。よく聞くところの「アウトプット」です。恐らく、いきなり全部は覚えきれないので、学んだ時に参考にしたコンテンツを頼りに実践していきます。

 

動くことで更に深く覚えることが出来ますし、更にたくさんの知識が得られます。そこから、また覚えていく訳ですから、あなたが得た知識は本物の武器になります。4つのワードの中で、私はこの「動く」の部分が何よりも重要だと感じています。

 

「動く」時のポイントですが、「結果は気にせず・恐れず、先ずは実践すること」です。ここで多くの人が間違ってしまうのですが、先に考えてしまうのです。

 

散々、考えた挙句、動けるなら少しは救いがあるのですが、殆どの人はこの段階で動けなくなってしまいます。こうなってしまうと、あなたが望む結果にはつながりませんし、その先の道筋すら見えてきません。

 

なので、とにかく動きましょう。全てはそこからです。

 

考える

実際に動いた後に色々考えます。

 

動いた後に考えること

・反応は「良かった」or「悪かった」

・結果は「出た」or「出なかった」

・問題点は「見つかった」or「見つからなかった」

・改善策は「見つかった」or「見つからなかった」

 

他にも動いたら動いた分だけ、たくさんの考えるべき項目が出てきます。それだけ考えることができるので、次に繋げるチャンスになります。

 

考えた結果に基づいて、更に【知 ⇒ 覚 ⇒ 動 ⇒ 考】を繰り返すことで、あなたが目指す方向がより確かなモノとなっていくのです。

 

 

分かっていても出来ない

実は、多くの人は頭では分かっていても、出来ていない人が多いのです。知識を得て覚える。この後に【考える】が来ます。アフィリエイトで例えると、駆け出しの初心者アフィリエイターに多い行動パターンですね。気持ちはすごく分かります。

 

なぜなら、恐らく殆どの駆け出しアフィリエイターは、動くのが怖いからです。

 

 

 

100歩譲って考えた後に少しでも動けばいいのですが、このパターンの人は先ず動きません(汗)で、何も無かったかの様に、一番最初の【知】からやり直していきます。これって・・・本当に勿体無いですよね。

 

 

知覚動考の実践方法

これが正解ではないのですが、参考程度におぼえておいてください。今回、この記事にたどり着いたあなたは、恐らく「知覚動考」について調べて、このページに来られたと思います。「知覚動考」の言葉を知って調べた結果ですね。

 

で、ここから力技です(笑)私のこの記事を10分じっくり読みます。丸暗記する位集中して読みます。この行動は「覚える」の部分です。

 

10分後、ノートでも白紙でもいいですし、ブログでも大丈夫なので、今10分間で覚えた事を書いていきます。あなたの言葉で覚えていることを全て書きます。

 

この時に注意して欲しい部分は、「結果を気にしないでおもいっきり書くこと」躊躇してしまうと、本来書けるモノも書けなくなるんです。なので、先ずはおもいっきり書いてください。

 

書いた後、一旦そこから離れてください。一服してもいいですし、軽く運動するのもいいですね(笑)少し時間を置くことが目的です。時間は人それぞれなので、一息ついたら戻って、あなたが書いた文章をチェックしましょう。この時に、考えていきます。

 

Check Point

・言葉使いはどうだったのか?

・ちゃんと相手に伝わる様に書けているかどうか?

・無駄な言い回し・くどい言い回しは無いか?

・変に煽ったり、大げさな表現になっていないか?

・誤字脱字はないか?

 

あなたが10分間眺めたページを見ながら、あなたの言葉にする方法を考えていくのです。この繰り返しで【知覚動考】の一連の流れが身につきます。

 

 

今日から出来ること

あなたが、手にした教材もしくは、本をじっくり読んでください。その中に必ず、分からない事もしくは、もっと知りたい事がある筈です。どちらかの項目に当てはまったら、調べていきます。先ほどの具体的なやり方に当てはめて実際に動くのです。

 

一連の流れで「考える」まで出来るのですから、その知識は完全にあなたのモノになります。ひたすら、この繰り返しですね。ここでも気を付けて欲しいポイントがあります。分からない事や、もっと知りたい事は1つずつ解決していくことです。時々見かけるのですが、分からない事やもっと知りたい事を一度に全てを洗い出そうとする人がいます。

 

洗い出す時間が勿体ないので、できれば1つずつ解決していく癖は身に付けてくださいね。一度にたくさん洗い出すと・・・下手したら絶望のドン底に叩き落とされるかもしれないので(怖)

 

 

まとめ

今回は【知覚動考】の意味と実際の練習方法について解説しました。いかがでしたか?文章にすると難しく感じるのですが、実際にやってみると、思っていたよりも簡単です。とは言っても、やっぱりいきなり上手くは出来ないので、実践しながら練習あるのみです。これも習慣化できるので、あなたも早速、今日から取り入れてくださいね。

 

 

 

編集後記

私も最初は他の人のメルマガから始めました。見よう見まねで始めたのですが、最初はかなり苦戦しました。そこから、正しいやり方と、正しい順番を覚える為に教材を準備しました。色々な準備をしたせいか、ブログがたくさん書ける様になったのは今でも鮮明に覚えています。本や教材は本当にたくさん学べます。

 

あなたも、この機会にもっとたくさんのメディア・コンテンツに触れてみてくださいね。きっと、新たな発見があると思います。

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

  1. みつみつ より:

    初めまして、ランキングから来ました。覚えたことを後で書き出そうと思っても忘れてることが多いです。とにかく書きながらやることですね。情報ありがとうございました。

    • satoshi より:

      みつみつ様

      いつもコメント頂きありがとうございます。

      確かに後から書き出すのは難しいですよね(汗)
      そんな時の対策は・・・

      メモを残すことです。
      是非、メモを有効活用してみてくださいね。

      これからも役立つ情報配信がんばりますので、
      今後共よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました