ブログアフィリエイトで成果を上げるには「○○の専門家」になること

今回は「ブログアフィリエイトで成果を上げるには専門家になること」をテーマに書いてみます。専門家になることが出来れば、あなたが書く文章にも深みが出ますし、説得力も格段にあがります。この記事を読むことで専門家になる為の具体的な方法やコツが分かります。是非、最後まで読んでくださいね。では、はじめます。

 

 

 

あなたの専門分野をみつけよう。

あなたの専門は何ですか?と聞かれて即答できますか?即答できる人は本当に素晴らしいです。そのままのスタイルでガンガン突き進んでくださいね。

 

即答できなかった人・・・焦らなくても大丈夫です。この記事を読み終わる頃には、あなたの専門分野がぼんやりとでも見えてくると思います。

 

専門分野の見つけ方

見つけるって言い方は微妙な感じですが・・・もし、まだ専門分野を探している人は参考にしながら読んでください。あなたの専門分野を見つける方法ですがズバリ・・・

 

専門分野を見つける3つのポイント

・あなたが得意な分野

・あなたが今、ブログやアフィリエイトしている商品・関連分野

・これから詳しくなりたい分野

 

この3点だったら探しやすくなります。他にもあるので、あなたが専門家になれそうな分野・ジャンルで絞ってくださいね。では、次項より詳しく解説していきます。

 

 

あなたが得意な分野

あなたが得意な分野・ジャンルであれば、ある程度の知識は既に蓄えられていますよね。なので、知っていることを、分かりやすく読者に伝えていきます。

 

ですが、ここで注意が必要です。あなたが得意な分野・・・と言っても、それだけで何十・何百とブログを書くのは、恐らく難しいです。なので、得意な分野でも学ぶ姿勢は必要です。

 

アフィリエイトしている商品や関連分野

今、あなたがアフィリエイトしている商品やサービスに関しては専門家になれます。その理由ですが、恐らくあなたが今取り扱っている商品やサービスは多かれ少なかれ、あなたも使っているからです。実際に使うことで、発信できる内容も厚みが出ますし、読者からの信頼感も変わってきます。

 

関連分野も同じく専門家になれるチャンスです。その商品やサービスを使うことのメリットやデメリットが語れます。もっと言うと、アフィリエイトしている商品やサービスに付随するモノや関連するモノ等の情報も併せて発信できるからです。

 

商品 + 関連分野の組み合わせ例

・商品(サービス) + 付属品類

・商品(サービス) + 本

・商品(サービス) + セミナー(その他、Webサービス含む)

他にもありますが、あなたがイメージしやすい部分で例をあげてみました。ここでは、なんとなくで構いませんので、頭の片隅にでもいれておいてください。

 

ブログやアフィリエイトの場合、相性のいい分野と相性の悪い分野に別れるので、注意は必要ですが、調べながら自分の知識を増やせるので、興味のあることだったら専門家になれるチャンスがあると言うことです。

 

これから詳しくなりたい分野

個人的にお勧めなのは、この分野ですね。その理由ですが、これから、あなたが詳しくなりたいと言う事は、誰よりも積極的に学んでいけるからです。

 

今の段階で、知識は要りません。学んだことを片っ端から、情報として発信していきます。ブログネタも青天井ですし、学べば学ぶほど、あなたの興味・関心が格段にあがります。

 

作業量は増えるかもしれませんが、興味がある分野でそれぞれブログを立ち上げることが出来ます。まずは、最初のブログで○○の専門家を目指しましょう。

 

上記3点に絞ると、あなたの専門分野が見えてくると思います。先ずは、あなたの専門分野をじっくり決めてくださいね。

 

 

本物の専門家なら・・・

本物の専門家なら、その商品やサービスに関する知識は一通り知っておく必要があります。と、言うのも、あなたから購入しようとしている読者の質問に答えられない可能性があるからです。読者は、あなたの発信する情報に興味を持った上で、購入しようとしてくれています。

 

例えば・・・読者から商品やサービスの質問や問い合わせを受けた時に、あなたが知らなければ、今までの情報配信の信ぴょう性がガタ落ちです。

 

そうなると、読者もあなたから離れてしまいます。最悪の事態を避ける為にも、あなたが取り扱う商品やサービスの知識は頭に入れておきましょう。

 

もう1点・・・

 

時々、頂く質問なのですが・・・

 

Q & A

Q:アフィリエイトする商品は実際に試した方がいいですか?!

A:実際に使う必要はないけど、使った方が断然いいです。

上記の質問・・・かなりの頻度で聞かれるのですが、私の答えは「使った方が断然いい」になります。中には諸事情で使えない商品やサービスがあるかも知れません。ですが、あなたの読者に詳しく伝える為にも、可能な限りは試してみましょう。

 

私はここに、「専門家になること」の本当の意味があると思っています。自信を持ってお勧めするのですから、誰よりも詳しくあるべきだと本気で考えているからです。仮に自分で使わなかったら、発信する内容も弱くなりますし、読者の心に刺さる文章なんて書けませんよね。。。

 

これから、あなたが専門家になるには出来るだけ商品やサービスは試してくださいね。

 

○○の専門家になる方法

「○○」には、あなたの専門分野に置き換えて読みすすめてください。

 

 

○○の専門家になる方法

1.アフィリエイトする商品(○○)をとことん使い込む

2.使ってみた感想をノートやPCのメモ帳に書き込む

3.上記作業の繰り返し

 

 

この3つの手順でとことん試すことで、あなたはその商品やサービスの専門家になれます。使ってみた感想は多ければ多いほどいいので、どんな事でも、気付いたら書き込むようにしてくださいね。

 

同時に関連できる商品やサービスを探します。関連商品やサービスを伝えることも、立派な武器になります。○○の専門家のあなたが言うなら・・・との理由で、読者は行動してくれるのです。

 

これらを、事細かくメモすることで、あなたの立派なバイブルになります。記事は1回書いて終わりではありません。記事の反応を見ながら、バイブルを基に修正・追記・リライトすることで、あなたの記事に厚みと信ぴょう性が高まります。同じ商品やサービスを取り扱っているライバル達とは全くの別物になってきます。

 

繰り返し使い込むことで、更に商品(サービス)のいい所・悪い所が明確になってきます。いい所・悪い所をそれぞれ詳しく伝えることも、読者からの信用に関わってきます。

 

あなたが実際に使ってみた感想が、読者にとって最高の答えにつながります。

 

 

今日から出来ること

 

あなたが今日からできること

1.あなたが取り扱う商品やサービスについて徹底的に学ぶ

2.学んだ内容を、ノートもしくはPCのメモ帳に出来るだけたくさん書き込む

3.商品やサービスに関連する分野を徹底的に調べてノートに書き込む

4.いつでもどこでも説明できるように、ノートやメモ帳を整理する。

5.あなたの体験した感想を含めてブログを書く

 

この5つの順番で繰り返します。最初は難しく感じるかもしれませんね。ですが、繰り返し続けることであなたは、立派な○○の専門家になれます。諦めずじっくり取り組んでいきましょう。

 

 

まとめ

今回は「ブログアフィリエイトで成果を上げるには専門家になること」について書いてみました。○○の専門家になる方法も併せて解説しました。いかがでしたか?

 

あなたも商品やサービスを購入する時には専門家から買いたいと考えますよね?!あなたの読者も同じ気持ちです。大切な読者の為にも、○○の専門家になってあげてくださいね。

 

 

編集後記

私は、今回のアフィリエイト再チャレンジした頃からしばらくの間は、自分が何の専門なのか分かっていませんでした。この状態でアフィリエイトは出来なくもないのですが、読者への伝わり方がどうしても違ってきます。曖昧な情報発信するのも問題があると考えて再度、本や教材を徹底的に読み直しました。

 

本や教材は読み直す度に、新たな気付きがあります。これからも新たな本や教材は勿論ですが、今まで購入した本や教材もじっくり読み直しながら別の角度で情報発信していきますね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

 
e-mailアドレス:

*不要であれば1クリックで解除できるので安心してご参加ください。

     

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

 

 

コメント

  1. ミラ より:

    こんにちは。
    自分の専門について、もう一度考えてみたいと思います。
    とても参考になりました。

    • satoshi より:

      ミラ様

      いつもコメント頂きありがとうございます。

      専門家と言うと難しく感じてしまうかも知れませんね。
      ですが、1度でも専門家に成りきれば、様々な変化が出てきます。

      是非、この機会にじっくり考えてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました