ブログ記事を最後まで読んでもらえる具体的な書き方

広告

今回は「ブログ記事を最後まで読んでもらえる具体的な書き方」について書いてみます。あなたのブログ・・・誰かに読んでもらえてますか?!この質問に「当たり前だよ」や「もちろんです」と答えた人には、今回の記事は不要かもしれませんね・・・ですが、あまり他の人には読んでもらえてないかも・・・と感じる人には色々なヒントが得られます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

あなたのブログは読まれない

あなたが、何の計画もナシで書いたブログは恐らく読まれません。仮に抜群の表現力もしくは、コピーライティングの達人だったら話は別ですが・・・

 

殆どの人が無計画にに書いた文章は誰にも読まれませんし、日の目を見ることも無いでしょう・・・

 

いきなり事実を伝えてしましたが・・・今回はあなたの書いたブログを読んでもらうための方法を順番に解説していきます。

 

 

ブログ設計図

あなたはブログ設計図と言う言葉を聞いたことありますか?もしかすると、ブログを立ち上げる段階で聞いたことがある人がいらっしゃるかも知れませんね。

 

この項でお伝えする「ブログ設計図」ですが、1つのブログ記事の設計図になります。

 

設計図を作る理由ですが、全くのブログ初心者であれば、記事が書き始めやすくなります。ブログにある程度慣れた人も同様ですね。

 

記事を読んでもらえてない・・・と、お悩みの人にも「ブログ設計図」を利用して欲しいのです。やり方は後述するのですが、設計図作成の作業は、「する」と「しない」では、書いたブログのクオリティの大きな差が出てくるんです。

 

ブログ設計図で作業する項目はたったの3つです。3つと聞いて少し安心しましたか?(笑)

 

次項でそれぞれ3つの作業について詳しく書いてみるので、このまま読み進めてくださいね。

 

 

 

ブログ設計図の3ステップ

ブログ設計図を作るのに必要な項目は次に挙げる3つの項目です。

 

■ ブログ設計図の3ステップ ■

・テーマを決める

・材料集め

・タイトルを決める

 

上記の3つのステップでブログ設計図を作っていきます。ブログ初心者や、「書いた記事を読んでもらえない」と感じていらしゃる人は、恐らく取り組む順番から間違っている可能性が高いと思われます。

 

その理由も併せて、順番に解説していきます。

 

 

テーマを決める

ここでの作業は、あなたが今回書く記事の「テーマ」を決めます。

 

<< 何について発信するのか(ex:〇〇に関する情報etc)>>

 

ここを1番最初に決めます。決める際の注意点ですが、基本的に「1記事1テーマ」このスタイルは忘れないでください。

 

その理由ですが、1つの記事に複数のテーマを入れると、無駄に文章が長くなってしまいます。そうなると、読者は読むのに疲れて、あなたのブログからはなれてしまいます(汗)

 

1記事1テーマとは、1つの記事で1つのテーマについてじっくり解説することです。もしかして・・・「1つのテーマだけで記事なんて書けないよ」って感じちゃいましたか?

 

でも、安心してこのまま読み進めてください。あなたが1つのテーマで書く具体的な方法をお伝えします。

 

 

材料集め

ブログ設計図のキモの部分です。ここでどれだけの材料を集められるかどうかで、あなたの記事のクオリティが変わってきます。

 

材料ですが、あなたが決めたテーマによって内容や材料の数は変わってきます。じっくりノートに書き出していきましょう。

 

■ 材料の例 ■

・何でこの情報を選んだのか?

・この情報で得られること

・この情報で誰の為になるのか

・この情報を実際に試した感想

・この情報はどんな人にお勧め & どんな人にお勧めできないか

・この情報のメリット・デメリット

・この情報を試す時のコツや気をつけるポイント

 

他にも探せばキリがない位に出てきます。あなたが思いつくモノは全て書き出しましょう。今回は、書き方のポイントをお伝えするので、上記の7つの項目に絞りました。

 

実は、上記の7つのポイントは、全て記事の中に入れることができる項目です。更に、あなたが読者に伝えたいことをプラスすることで、オリジナルの記事になります。

 

書き出した材料をあなたが書く順番に並べ変えてブログを仕上げます。これで、今まであなたが書いてきた記事とは、全くの別物になってくる筈です。

 

更に、材料集めが上手くなってくると、本物の長文が書けるようになります。私は個人的に長文は苦手なので、出来るだけ書かないようにしているのですが、材料は揃えているので、いつでも長文にする自信はあります。

 

ここでのコツは、あなたが感じたことを、恥ずかしがらずに書くことです。設計図は誰かに見せるモノではないので、あなたの思いや考えを設計図にぶちまけてくださいね。

 

これまで、何度も小姑の様にお伝えしてきましたが、書いた設計図は保存しておきましょう。設計図の保存は、この先にも生かすことが出来るんです。

 

例えば、記事を修正・リライトする時にも大きな武器になります。その情報も古くなったりするので、修正やリライトは必要になるんですね。修正・リライトする時も設計図を書くのですが最初にかいた設計図があると、更に濃い内容で書けるのでどんどんストックしてください。

 

 

タイトルを決める

ここでようやく、タイトルを決めます。同じテーマでも、あなたが選んだ材料で記事のタイトルは大きく変わってきます。

 

最初にタイトルを決めると、タイトルに近づく内容にしようとするので、途中で何を書いたらいいのか分からなくなって、ブログを書く手が止まってしまいます(汗)

 

タイトルを選ぶコツですが、キーワードは1語ではなく、2語・3語の複数の組み合わせで書く事です。キーワード1つだけでは、ライバルブログには刃がたちません。ですが、複数のキーワードの組み合わせで、検索上位表示の可能性も見えてきます。

 

あなたが書いた記事の内容に沿ったタイトルを決めてくださいね。

 

 

■ 読まれるブログの書き方が分かる教材 ■

 

 

ブログ設計図が作れるようになると・・・

どんな記事でも書けるようになります。普段の情報発信でも使えますし、アフィリエイトの商品紹介記事やレビュー記事・販売記事まで本当に様々なパターンの記事が書けます。

 

多くのブログ初心者の悩みになってた、ブログ記事のボリューム・質は少しずつ改善します。更にはブログを書く時間も大幅に短縮できます。短縮できた時間は、他の作業に充てれば、あなたのスキルも高まります。

 

最初からブログに書く内容も決まっているので、かなりの情報量の記事に激変します。記事の状況(成果やPV数など)を見ながら、新しい記事を書いたり、記事の修正をすることで、ライバル記事と張り合うことだって出来るんです。

 

ブログ設計図を作るコツですが、最初はノートに書くのがお勧めです。と、言うのも、ノートは過去の記事でもお伝えしましたが、今後のネタ帳にもなります。残したメモを最大限に利用する為にも、メモの取り方は工夫してくださいね。

 

ブログ設計図は慣れてくると、頭の中で描けるようになります。ここまで出来ると設計図はマスターですね。まずは、じっくり「ブログ設計図」に取り組んでいきましょう。

 

 

 

まとめ

今回は「ブログ設計図」について書いてみました。設計図を作る3つのポイントそれぞれの解説とコツも書いてみました。いかがでしたか?

 

実際に取り組む時には、ややこしく感じるのですが慣れてくると、普通の感覚になってきます。なので、安心してくださいね。

 

最初の1歩・・・ここを踏み出す勇気が大切です。あなたも是非、ブログ設計図はじめてくださいね。

 

 

編集後記

今回お伝えした「ブログ設計図」ですが、個人的には実践しにくかった記憶がありました。と、言うのも、ブログのネタ探しで気持ち的に一杯一杯だったからです。

 

ネタ探しに追われていたので、設計図の存在を忘れていました。ですが、私がメモを取り始めた頃から、ネタ探しに追われることは少なくなりました。ですが、ブログを書く時間は相変わらず、かなりの時間を費やしていました。

 

その時に、ブログ設計図の存在を思い出して、じっくり取り組みました。今ではやっと、慣れてきたのもあってか、ブログ1記事を設計図から始めて2~3時間で書けるようになりました(約3000文字程度ですが・・・)

 

書くスピードが早くなった理由ですが、最初から書く内容が決まっているからです。内容が分かると、スムーズにかけます。バランスや伝わり方に違和感を感じると、並べ替えたりしながら記事は出来上がります。

 

この感覚は、ブログ設計図を実践した人にしか分からないかもしれませんね。ですが、この記事をご覧のあなたには「ブログ設計図」を是非、取り入れて欲しいと想い、今回の記事にしてみました。有効活用してくださいね。

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

  1. takasan より:

    雑ブログ化して自分でもダメだと思ってました。設計図から見直ししてみます。ありがとうございます。

    • satoshi より:

      takasanさま

      コメント頂きありがとうございます。
      「誰に」・「何を」・「どの様に伝えるのか?」
      この3点を意識するだけで設計しやすくなります。
      よかったら試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました