読まれるブログと読まれないブログの違いとは?!初心者がやってしまいがちな間違った書き方

いつもありがとうございます。Webライターのsatoshiです。

 

今回はブログ初心者がついついやってしまう間違ったブログの書き方について書いてみます。

 

あなたは、こんな事を感じたことはありませんか?

 

■ こんな事を感じてませんか? ■

・そもそも誰からも読まれていない

・多少のアクセスはあるみたいだけど読まれてないのでは?!と感じる

 

上記のつは、ブログ初心者が最初にブチ当たる壁なんです。その原因は「ブログの書き方」になります。今回は「初心者がやっていまいがちなブログの書き方」をテーマに解説します。

 

あなたが、この記事を読むことで「読んでもらえるブログの書き方」が分かります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

ブログには2つの種類がある

今回お伝えするブログの種類は2つあります。それは、下記の通りです。

 

・読まれるブログ

・読まれないブログ

 

この2つの種類が理解できると、冒頭の悩みが少しづつ解消されてくると思います。次項で、それぞれのブログについて詳しく解説します。

 

読まれるブログ

こちらは最後まで読まれるブログになります。読まれるブログとは、読者に最後まで読みたい気持ちになってもらう必要があります。

 

■ 読みたいと感じる文章 ■

・優しい口調で書かれた文章

・物凄く丁寧に書かれた文章

。面白い文章

 

内容次第な部分もあるのですが、上記の3点が含まれた文章は読みたくなってきませんか?

 

自分の言葉で伝える具体的な3つの方法
今回は「ブログで自分の言葉を伝える具体的な3つ の方法」について書いてみます。ブログやサイトの数は、今や星の数以上あります。そうなってくると、同じ情報もたくさん出てきます。この記事では、自分の言葉で伝える方法をお伝えします。その際のコツも併せて解説しました。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

読まれないブログ

読まれないブログ・・・原因は色々あるのですが、初心者がやってしまいがちな間違いは次の通りです。

 

■ 読まれないブログ ■

・誰に言ってるのか分からない

・何が言いたいのか分からない

 

上記の2点は、初心者が1番最初につまづく部分だと思います。躓く部分を回避する方法があります。

 

初心者が書く文章は、最初に「皆さん」や「みんな」かた書き始める傾向があります。一見、たくさんの人に呼びかけている様に思えるのですが、この書き方だと、読者は「自分のことじゃない」と、判断してしまいます。最終的に「誰に言ってるのか分からない」にたどり着きます。

 

「何が言いたいのか分からない」こちらに関しては、初心者はつい色々伝えようとする余り、本来伝えたいこと以外の情報を1つの記事に詰め込もうとする傾向があります。

 

書いている側は、ありったけの情報を伝えたつもりにはなるのですが、読者からすると「色々書かれても分からない」と、なります。最終的に「何が言いたいのか分からない」にたどり着きます。

 

この状態を回避する為にも「1記事1メッセージ」のスタイルで伝えることです。情報発信の基本原則ですね。

 

「1記事1メッセージ」は情報発信の定番スタイルです。
今回は「1記事1メッセージ」について書いてみました。定番のスタイルですが、ブログ初心者・情報発信初心者は、ついついたくさん書いてしまい結果、何がいいたいのか分からない文章になってしまいます。この記事では、「1記事1メッセージ」の解説と、実際に記事を書く時のコツまで解説しました。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

自分事と他人事

前項でも少しお伝えしましたが、ブログを読んでもらう為のコツは「自分事」と感じさせることです。例文を使って解説します。

 

あなたが街頭演説している設定で例文を書いてみます。

A.みなさん、ちょっと私の話を聞いてもらませんか?

B.そちらのグレーのスーツを着ているあなた、少し私の話を聞いてもらえませんか?

上記2つの呼びかけだと、どちらの方が立ち止まってくれそうですか?

 

答えは「B」の呼びかけですね。Aの場合ですと「みなさん」との呼びかけになるので「自分のことじゃない」と認識してしまいます。

 

それに対してBの呼びかけだと「グレーのスーツを着たあなた」と、呼びかけているので【自分の事】と認識するので立ち止まってもらいやすくなるんです。

 

今回は呼びかけでの例文でしたが、他の場面でも読者に「自分の事」と思わせることが出来れば、あなたのブログの反応も変わってきます。

 

最後まで読まれる文章の書き方

書き方はたくさんあるのですが、基本原則は嘘や偽りのない文章を書く事です。誇大表現や煽り口調は論外ですね。文章の中に、今回お伝えした「自分の事」と認識してもらえる工夫をすることで、最後まで読んでもらえる確率はグンと上がります。

 

■ 他にもこんな書き方もあります ■

・短い文章

・文字の大きさ

・文字の色

・改行スペースは充分に

・段落の長さ

 

この辺りも意識することで、読んでもらいやすくなります。読者も人間なので【ブログの内容 + 読みやすさ】は常に意識しておきましょう。

 

読者も人間なので、読みにくいと判断すれば、即あなたのブログから離れていきます。逆に「読みやすい」と判断すると、最後まで読んでもらいやすくなります。更に「読みやすい ⇒ 読んでみたい」と思わせることが出来れば、他の記事まで読んでもらえる可能性も出てきます。

 

*読みたいと思わせる文章の書き方はこちらも参考にしてください。

情報発信に欠かせない3つの言葉【事実・メリット・ベネフィット】上手く使う順番と方法
今回は「情報発信には欠かせない4つの言葉」について解説します。「3つの言葉」はどんな文章でも有効に使えます。文章での魅せ方はあなた次第なので、この機会に「3つの言葉」を使って文章を書いてみましょう。あなたがこの記事を読むことで、読者からの反応今までとは違った感じになるのが分かります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

今回のまとめ

 

■ 今回のまとめ ■

・読まれるブログ = 自分事だと思ってもらえる文章

・読まれないブログ = その他大勢に向けて書いた文章

・文章の書き方にも工夫が必要

 

今回は「初心者がやってしまいがちな間違ったブログの書き方。読まれるブログと読まれないブログの違いとは?!」をテーマに解説しました。いかがでしたか?

 

読まれるブログと読まれないブログの違いは「文章の書き方」です。文章の書き方にセンスは要らないので、あなたも今日から実践できると思います。

 

【文章は書けば書くほど上手くなる】ので、コツコツ書きながら練習してくださいね。

 

 

編集後記

ブログアフィリエイトの再チャレンジしたばかりの頃・・・私は正に「みなさん~」で文章を書き始めていました(滝汗)と、言うのも「1人に話しかけるよりも、たくさんの人に話しかけるべき」と、まったくもって大きな勘違いをしていました。

 

恥ずかしながら、今回お伝えした事に気づいたのがブログを始めて2ヶ月位経過した頃だったんです。今でこそ、笑い話のネタで話していますが、事実を知った時は顔から火が出る位恥ずかしかったのを思い出しました。

 

もし、あなたが「ブログを読んでもらえない・・・」と、お悩みであれば、今回の記事を参考に見直していきましょう。この様な地味な作業もいずれ成果につながります。じっくり取り組んでくださいね。

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

 
e-mailアドレス:

*不要であれば1クリックで解除できるので安心してご参加ください。

     

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

 

 

コメント

  1. なかい より:

    読ませていただいて、なるほどと思える半面、心にグサッグサッと刺さる面とあり、とても勉強になりました。ありがとうございます。

    • satoshi より:

      なかいさま

      いつもコメント頂きありがとうございます。
      参考になってるみたいで嬉しいです。

      これからも役立つ情報配信がんばりますね。
      今後共よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました