ブログ初心者が最初に全力を注ぐのは【集客記事】を書き貯めること

  1. いつもありがとうございます。Webライターのsatoshiです。

 

今回は、ブログ初心者が迷ってしまう「全力を注ぐポイント」を明確にしていきます。最初に「全力を注ぐポイント」を間違ってしまうとその後、途中で息切れしてしまうかも知れません。最悪の場合は挫折・・・なんてことにも繋がるかもしれません。

 

この記事では、今やる気MAXのあなたに全力を注ぐべきポイントをお伝えします。更には全力を注ぐ際の注意点やコツなんかも解説します。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

ブログには2種類の記事がある

あなたはブログには2種類の記事があるのはご存知ですか?いきなり言われても分からないですよね(汗)

 

ブログ記事の種類とは次の通りです。

 

■ 2種類のブログ記事 ■

・集客記事

・販売記事

 

大きく分けると、ブログアフィリエイトでは上記の2つの記事で構成されています。それぞれの記事には役割があるので、次項で2種類の記事について解説していきます。

 

 

集客記事

読んだ通りですね。お客さま(読者)を集める記事のことです。ブログで何かを売るにしても、お客さまが居なければ、商売として成り立ちません。

 

集客記事の書き方ですが、あなたが想定した読者(ペルソナ)に向けての情報発信です。ペルソナが求める情報を想定しながら、様々な情報を提供していきます。この作業の繰り返しで、少しずつお客さま(読者)が増えて来るのです。

 

集客記事を書く際の注意して欲しいポイントがあります。そのポイントは、集客に特化した記事にすることです。最近ではかなり減ってきたのですが、集客記事として書き始めたと思われる文章が、途中で販売記事になっていた・・・

 

こんな記事ですね。完全否定するのも申し訳ないのですが、恐らく読者は「次はもういいや」って感想になっていると思います。その理由は、そもそも何が言いたいのか分からないからです。集客記事を書くと決めたら、先ずはそちらに集中して書き進めていきましょう。

 

 

販売記事

販売記事とは、あなたが売りたい商品もしくは、サービスを売るための記事ですね。ここでは、商品の特長やメリット・デメリット等、様々な情報を提供する記事ですね。

 

あなたが自分の商品を持っているのであれば、その商品のことを1つの記事に書きまくりましょう。アフィリエイト商品であれば、他のアフィリエイターが書いてなさそうな内容で商品を紹介するのが王道のスタイルです。

 

上記が2種類の記事の違いですね。初心者に全力を注いで欲しいのは「集客記事」です。その理由と、集客生地の具体的な書き方は次項で順番に解説します。

 

 

集客記事に全力を注ぐ理由

アフィリエイトおブログを始めたばかりの頃は「売ってやろう」と、言う気持ちが強く出てしまいます。これは仕方がない・・・部分なのですが、いきなり販売記事が目に入ったら、読者はどの様に感じるでしょうか?

 

恐らく、殆どの読者は警戒すると思います。更に販売記事だらけの記事を目の当たりにすると、警戒心はMAXになってしまいます。

 

そうならない為にも、最初は集客記事に集中して欲しいのです。因みに、集こ客記事のみに全力を注ぐと、読者から「信用」を得られます。

 

・この人のブログってメッチャ参考になる

・この人のブログだったら、この悩みを解決するヒントがあるかも。

 

読者に上記の様な印象を与えることで、やがて「信用」と、言う武器が手に入ります。

 

 

集客記事の具体的な書き方

ここは重要です。

 

集客記事を書く際のポイントは3つです。

 

<<集客記事を書く時の3つのポイント>>

・読者が知りたい情報を書く

・できるだけ詳しく、過不足なく伝える

・分かりやすく伝える

集客記事を書く時のポイントは上記の3つです。出来ていそうで、実は出来ていない人が多いんです。

 

次項でそれぞれのポイントについて詳しく解説します。

 

 

読者が知りたい情報を書く

当たり前・・・ですが、読者も何か悩みを抱えてインターネットで検索しています。なので、先ずは読者が何を求めているのかを知る必要があります。

 

例えば「今からブログアフィリエイトを始めたい」と、考えている人に説明するとします。

 

■ どちらの説明が親切でしょうか? ■

A:いきなりWordPressの説明をする

B:ブログの種類から説明をする

 

上記の質問だと、親切な説明は「B」が正解ですね。いきなりWordPressを言われても、なかなかピンと来ないかも知れません。ですが、ブログの種類の説明をした後、WordPressをお勧めした方が、読者は納得してくれます。

 

読者(ペルソナ)が知りたい情報も調べれば色々分かってきます。あなた自身がペルソナになったつもりで考えると、色々見えてくるので、じっくり取り組んでくださいね。

 

できるだけ詳しく、過不足なく伝える

情報発信の基本ですね。しっかり伝えることで、読者が調べる負担を軽減させることが出来ます。初心者が間違えやすい部分は「できるだけ詳しく」のみの説明になってしまいがちです。

 

伝えたい情報の内容のみだと、どうしても内容が薄くなってしまいます。そこで、情報の内容 + メリット・デメリット + ベネフィットも併せて伝えることで、過不足なく伝えられるようになります。

 

伝えたい情報のみだと、その他大勢の人たちと変わりませんよね。なので、あなたが知っている限りの事を「できるだけ詳しく、過不足なく伝えて」くださいね。

 

 

分かりやすく伝える

せっかく、あなたが伝えたい情報の専門家だったとても、難しい言葉や専門用語満載で伝えたとしても、ほぼ伝わりません。逆に読者は混乱してしまいます。と、言うことは、あなたのページから離れてしまうことに・・・この事態を避ける為にも、分かりやすく伝える工夫は必要ですね。

 

伝える内容にもよりますが、できるだけ専門用語は使わずに書きましょう。どうしても、専門用語を使う場面があれば、注釈や別項目で、専門用語の解説をいれておきましょう。

 

分かりやすい表現・・・こちらは「小学校高学年の生徒さんでも分かる」表現ですね。感じ・平仮名・カタカナのバランスだったり、段落や改行・余白・文字の大きさなども含まれます。

 

読者が次も読みたくなる工夫は必要なので、色々試してくださいね。

 

いよいよ情報発信の始まりです。コツコツとブログを書きはじめよう。
今回は、記念すべき一番最初の記事の書き方と、情報発信の方法とコツについて書いてみました。特に一番最初の記事はどうしても悩んでしまいますよね。その気持ちはすごく分かります。この記事では、スムーズに最初の記事を書く方法から、情報発信の方法 & コツまで解説しました。是非、参考にしてくださいね。では、はじめます。

 

 

ここまで意識して書けるようになると・・・

あなたのブログは他のライバルや同じ時期にブログを始めた人たちよりも、記事の質の差は歴然です。この繰り返しで、あなたの事が気になり始める読者が現れてくると思います。

 

色々調べて記事を書くので、あなたが取り扱う商品やサービスも明確になってきます。読者が欲しいと感じている内容はある程度分かっていうので、商品やサービスを見直すことも可能になります。

 

なので、最初はひたすら情報発信に徹しましょう。とにかく「ギブ・Give・ギブ」のスタイルです。

 

 

今回のまとめ

 

■ 今回のまとめ ■

・ブログには集客記事と販売記事がある

・初心者が全力を注ぐのは集客記事

・読者が知りたい情報を書く

・できるだけ詳しく、過不足なく伝える

・分かりやすく伝える

 

今回は「ブログ初心者が最初に全力を注ぐのは【集客記事】を書くこと」をテーマに書いてみました。集客記事の具体的な書き方とコツも併せてお伝えしまた。いかがでしたか?

 

ブログアフィリエイトを始めたばかりの初心者は、売りたい一心から、販売記事を書きまくる傾向があります。そのスタイルだと正直、かなり難しいです。なので、始めてすぐは「情報発信を徹底する」ことを意識しながら取り組んでくださいね。

 

 

編集後記

今回は「集客記事」について書いてみました。実は過去の私は間違った情報発信をしていました。間違った内容は・・・「読者の為の情報」ではなく、今の自分に書ける内容だけでした。

 

今の自分でも書ける内容だけでは読者には伝わりません(汗)それに気づいたのが、恥ずかしながらブログを始めて4ヶ月後くらいでした。記事数を増やしたい一心で、今書けそうな内容の記事を量産すると言う最悪のスパイラルだったんです(苦笑)

 

今は当時とは違った感覚でブログ記事を増やしています。これからもこのスタイルで情報発信していきます。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

 
e-mailアドレス:

*不要であれば1クリックで解除できるので安心してご参加ください。

     

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました