ブログを開設=本を出すのと同じ感覚で書くこと

広告

 

あなたのブログはコンテンツと言う本。あなたは出版者の意識を自覚していますか?

 

ブログは今の時代、誰でも簡単に始めることが出来ます。その中で、話題になるブログがあれば、読まれる気配のないブログまで本当にたくさんのブログがあります。この記事では、あなたのブログが長く続けるやり方やコツについて書いてみます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

ブロガーは出版者

我々ブロガーはコンテンツの出版者です。あなたも普段、本を買って読んだりしますよね?あなたが本を買う理由って、何がありますか?

 

内容次第な部分はもちろんあるのですが、買う前の気持ちは、本に対するドキドキやワクワクした気持ちが先に動いたのてはないでしょうか?

 

この時の感覚って、ブログを読む時にも当てはまりそうですよね。

 

と、言うことは、我々ブログアフィリエイターも出版者なのです。正しくは、出版社の感覚でブログを運営することですね。

 

 

出版者として意識すること

あなたが、出版者として意識することは「読者を楽しませること」です。

 

楽しくさせるって言われても・・・って声が聞こえてきそうですね。一見、難しく考えてしまいがちなのですが・・・安心してください。

 

「楽しい=大笑い」だけではありません。あなたの専門分野について、ものすごく詳しい人を想像してみてください。詳しい人からの話を「もっと聞きたい」・・・と、言う感覚になりそうですよね。

 

実は、読者から「もっと聞きたい」と、感じてもらうのは、ブログ初心者でも出来るのです。次項で、初心者でも読者をワクワクさせる方法を解説します。

 

 

ブログ初心者が読者をワクワクさせる方法

あなたが、そのジャンルの初心者だったとしても、読者をワクワクさせることが出来ます。

 

その方法は・・・あなたが体感したワクワク感をそのまま伝えることです。楽しい感覚って伝染する作用があるのです。

 

「何だか、この人楽しそう」って思わせることが出来れば、読者は、あなたの記事が気になり始めます。この繰り返しで、読者はあなたに夢中な状態になっていきます。

 

広告
Sponsored Link

 

初心者でも大丈夫

上記の話をすると、初心者はビビってしまうかも知れないのですが、こちらも心配無用です。仮に、読者から質問を受けたとしても大丈夫です。その理由は、あなたもわからない事ですから、真剣に調べますよね?

 

と、言うことは、あなたの知識やノウハウにもなるんです。質問者と同じ悩みや問題を共有できます。この状態・・・チャンスですよね。質問に対してじっくり調べて分かりやすく伝えることで、質問者との距離はかなり縮まります。

 

この時に、注意して欲しいポイントがあります。そのポイントは「調べてお答えしますね。」と、先に伝えることてす。逆に知ったかぶりをして時間を稼いでも、全くいいことありません。

 

あなたからの回答が遅れることで、不信感が芽生える可能性が出てきます。そうなってしまうと、読者は、あなたから離れてしまうので、注意が必要です。

 

先に「調べてお答えしますね」と、伝えることで「俺(私)のために調べてくれるんだ」と、言う気持ちにさせることも出来ます。この繰り返しで親切・丁寧に向き合うことで、あなたの人柄の評価や評判にもつなかります。

 

 

大切なことは学び続ける姿勢

あなたも、普段から色々学んでいると思います。これこら現れる、あなたのファンのため・あなた自身のためにも、学ぶ姿勢だけは持ち続けてください。

 

そのためにも、あなたの専門分野に関する知識やノウハウは貪欲な位、吸収していきましょう。学んでいる姿勢もアピールポイントになります。初心者だからと言って、慎重にならなくても大丈夫なので安心してくださいね。

 

 

著者としての感覚を持とう

著者・作家としたの感覚になればなるほど、読者の気持ちを考えるようになります。

 

・この伝え方だと分かってもらえるかな?

・もっと分かりやすい言い方ってないのかな

・この○○は役に立ちそう

・こんな方法もあるのか!

・これって怪しくない?!

 

あなたが、著者として実際に感じたことを、あなたの言葉で伝えます。この段階で、読者の目線で考えることが出来ているので、更なる反応を頂けるチャンスだったりします。

 

後は、読者に分かってもらえるような文章を書くだけですね。このブログであ、呪文のようにお伝えしているのですが、文章は書けば書くほど上手くなります。なので、このページをご覧のあなたも、今日から読者の目線に立って記事を書く練習から始めてくださいね。

 

 

今回のまとめ

今回は「ブログを開設=本を出すのと同じ感覚で書くこと」をテーマに解説しました。いかがでしたか?

 

我々ブログアフィリエイターも、ターゲットに読んでもらえる記事を書くのが仕事ですよね。と、言う事はターゲットにとっての我々は「出版者」なのです。出版社の気持ちが分かると、ターゲットへの伝え方を学びますよね。その中から、最善の方法で伝えます。

 

この繰り返しで、読者からの信頼を得られます。読者の為に・あなた自身の為にも、出版者になりきって記事を積み上げていきましょう。きっと、今までとは違った印象を与えることができるのでお勧めしておきますね。

 

 

編集後記

私は「出版者」と、言う意識は全くありせんでした。ですが、文字や文章で構築されるブログそのものが、1つのコンテンツであり、実際のモノで例えるなら「本」なのです。

 

「ブログを開設=出版者」の公式も間違いではありませんよね。この辺りを意識できると、あなたのブログは今以上に強くなります。やがて、アクセスや問い合わせも増えてきます。その為にも早速、今日から「出版者」として、ブログを書いてくださいね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました