ターゲットの選定。あなたの文章は誰に向けて書いていますか?

広告

今回は「ターゲットの選定。あなたの文章は誰に向けて書いていますか?」について書いてみます。実は、この【誰に(ターゲット)】の部分が明確になっていない人って、かなりたくさんいらっしゃいます。

 

ですが、【誰に(ターゲット)】が明確になると、あなたの文章は激変します。その理由も踏まえながら、この記事では、詳しく掘り下げて解説します。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

ターゲットとは

あなたは「ターゲット」と、言う言葉は聞いたことありませんか?恐らく、これからブログやアフィリエイトを始めたい人が、最初に聞く専門用語かもしれませんね。

 

ターゲットとは簡単に言うと、商品やサービスを使う人の中の重要な人物モデルのことです。

 

例えば・・・

・名前:中村 真司

・居住地:大阪府

・年齢:47歳

・性別:男性

・職業:会社員

・ライフスタイル:普段は朝7時に家を出て満員電車に揺られて通勤している。帰りは22時前後で帰ってから見るテレビとビールが至福の一時。休日はゆっくりめのスタートで、コーヒーをこよなく愛しています。老後に備えて、今はブログでどうにか生活を変えたくてぼんやりとですが勉強中です。

 

こんな感じで書くと分かりやすいと思います。実在する人物を想定することが何よりも重要になってきます。

 

 

例えば・・・

読者のニーズを探る方法~ニーズが分かると劇的に文章が書きやすくなります~
今回は「読者のニーズを探る方法」について書いてみました。読者のニーズに合わせた文章も例文を交えて解説します。読者の心に刺さる文章を書くためにも、読者のニーズを知るのは重要です。この記事を読むことで、あなたは読者のニーズが探れるようになります。是非、最後まで読んでくださいね。

最初に選定するのはターゲットです

あなたがブログで確実に誰かに伝えたいのであれば、最初に選定するのは【ターゲット】です。多くの人は、ここで間違ってしまいます。その要因ですが、多くの初心者は、【幅広いターゲット】で選定しているのです。伝える相手の情報の幅が広くなってしまうと、伝えるべき内容の的が絞れなくなってしまいます。

 

「エッ?!伝える人の幅が広い方がたくさん伝えられるんじゃないの?!」

 

って、声が聞こえてきそうですが、実は違うんです。

 

最初に広い範囲の人に伝えようとしても、上手く伝わりません。ですが、先ほどの例の中村真司さんに伝える感覚で伝えると、確実に伝わりますよね。

 

例えば・・・

 

街中で歩いてる中村真司さんを見かけたとします。

A:おーい!こんな所で何やってんですか?

B:中村さん、今日はこんな所で何してんの?

 

この2通りの声のかけ方で比べるといかがですか?街中の人が大勢いるとしたら、確実に伝わるのはBの方ですよね。

 

ブログでも同じで、中村真司さんに向けて書くことです。ここで、「40代~50代 男性 会社員 副業模索中」の人に伝えようとすると伝わりにくいブログになってしまいます。

 

インターネットの中だと、「40代~50代 男性 会社員 副業模索中」の人なんて、かなりの人数がいるのですが、中村真司さんだと、確実に範囲は絞れてきます。

 

ここまで絞ると逆効果では?!

ここで起こりうる疑問ですね。呼びかけで考えるのであれば、先ほどの「40代~50代 男性 会社員 副業模索中」で呼びかけた方が効果的な感じがするかもしれないのですが、必ずしもそうではありません。

 

その理由ですが、幅が広すぎるからです。たまたま、あなたのブログを見た時にターゲットとなる人がいらっしゃればブログを読んでもらえるかも知れません。ですが、仮に読んでもらえたとしても、その先の行動につながるかどうかは分かりません。

 

ですが、中村真司さんに向けて書くと・・・中村真司さんと同じ考えを持っている人が来てくれます。と、言うことは、中村真司さんに充てた情報を欲しがっている人が集まってくるようになるのです。

 

一見、逆効果だと感じてしまうかもしれませんが、実はすごく効果的なのがターゲットに向けて、話しかけるように書き始めることなんです。

 

 

ターゲット選定のメリット

先ほどの中村真司さんで考えてみます。予め選定している人物なので、彼が抱えている悩みもある程度絞れています。

 

中村真司さんが抱えている悩みは老後に備えての副業模索中なので、副業に関連する情報を発信する所から始めるだけです。

 

幅広いターゲットで書き始めると、同じ副業模索中の人でも、やってみたい副業・できる副業や、副業に対する考え方もバラバラなんです。なので、ブログを書き始める時から、ターゲットに向けた記事の内容を考えることになります。

 

上手くいけば、すぐに伝わるかもしれませんが、ターゲットに向けて書いた方が伝わるスピードは遥かに違ってきますし、伝わった後の行動も変わってきます。

 

ターゲットの選定方法

先ほどの中村真司さんの例を参考にして頂くと分かりやすいですね。中村さんの例では、項目は少ないです。なので、更に細かく項目を分けることで、ターゲットが抱えている悩みがもっと明確になってきます。

 

例えば・・・

 

家族構成・趣味・将来の夢など、探せば幾らでも出てきますね。それぞれの項目が明確になれば、同じ副業模索中でも欲しい情報が異なります。

 

実際にあなたが選定したターゲットが求めていることをリサーチします。リサーチの方法も色々あるのですが、身の回りにターゲット像に近い人物が居れば、直接聞いてみたらいいですね。

 

いや・・・身の回りにそんな人は・・・となれば、インターネットで調べると情報は入ってきます。悩み解決サイト等を使うと、さまざまな情報を得ることができます。

 

 

「3C分析」はリサーチの基本
今夏はリサーチの基本型「3C分析」について書いてみました。リサーチと言う言葉・・・意外とブログ初心者を路頭に迷わせてしまいます。ですが、この記事でお伝えする「3C分析」を知ることで、あなたは何を調べたらいいのかが明確になります。是非、最後まで読んでくださいね。
ターゲットのリサーチができる法則「BDFの法則」はご存知ですか?
いつもありがとうございます。Webライターのsatoshiです。 今回は見込み客のリサーチについて書いてみます。見込み客をリサーチすることの重要性はご存知ですか?この記事では、見込み客リサーチの重要性と、リサーチする時...

 

ターゲット選定の際に注意すること

実在する人物をイメージするので、どうしても先入観が入ってしまいます。あなたの経験からくる思い込み等にも注意が必要です。私とあなたが、全く同じターゲットを選定したとしても、先入観や思い込みが入ると、導き出せる情報は限られてしまいます。

 

なので、ターゲットを選定する際には、先入観や思い込みは一切排除してくださいね。

 

今の時代は情報過多なので、ターゲットに伝える情報量は考えていきましょう。その理由ですが、人間は1度に大量の情報を詰め込まれても、覚えることは出来ません。少しずつ情報を提供することで、確実の覚えてもらうことが出来るからです。

 

なので、あなたが提供する際には情報量を調整しながら発信していきましょう。

 

 

今回のまとめ

今回は「ターゲット選定。あなたの文章は誰に向けてかいていますか?」について書いてみました。書き方も例文を交えて解説しましたが、いかがでしたか?

 

ターゲットが明確になると、文章の書き方が変わってくるのが分かっていただけたかと思います。これから、あなたがブログを書いていく上で最も重要な部分になってくるので、じっくりターゲット選定をしてから書き始めてくださいね。

 

 

編集後記

実は私、ブログを始めたばかりの頃は、ターゲットの選定が上手く出来ていませんでした。そのせいもあって、記事も大きくブレていたんです。そうなってくると、読者には上手く伝わりませんし、逆に読者を混乱させてしまう可能性もありました。

 

ですが、ターゲットが明確に選定できると、記事の展開がしやすくなりました。記事の戦略もこの頃から意識し始めたのは今でもよく覚えています。

 

ターゲット選定には、本当に絶大な効果があるので、まだ明確に選定されていない人は早速、今日からじっくり選定してみてくださいね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました