ブログを書く時のコツ

ブログ初心者でも今日から出来る~最後まで読んでもらえる文章の書き方~

ブログはただ書くだけでは最後まで読んでもらえない。この事実を知らない人って意外と多いです。正直に言うと、知らなくて当然なのかもしれません。

 

その理由ですが、明確な決まりやがある訳でもないので、どうしても学ぶ機会が少ないのです。そこで、今回の記事です。

 

この記事では、ブログを最後まで読んでもらえる工夫について解説します。実践する時のコツも併せてお伝えします。あなたが、この記事を読むことで、ブログを最後まで読んでもらう為のコツが分かります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

ブログは基本的に読んでもらえない

 

 

この様に伝えると少し誤解されそうですね。ここで、言う「読んでもらえない」は、ただ書いただけのブログです。特にブログ初心者の頃だと、取り敢えず「ブログを書け」と、教わってきたことが原因かもしれません。

 

確かに、ブログは書いてナンボなので「取り敢えずブログを書け」と言うアドバイスは正しいのですが・・・これだけだと、殆ど読んでもらえないブログになってしまう可能性が高くなります。

 

中々、読んでもらえない要因は次の通りです。

 

ブログを読んでもらえない要因

・そもそも自分には必要ないと思い込んでいる

・読み始めたけど・・・途中で止めてしまった

・タイトルと内容が合ってない気がする

・何だか読みにくい文章だ

・時間がない

 

上記の5つ・・・もしかしたら、あなたも感じたことがあるかもしれませんね。ですが、上記の問題は少し工夫するだけで、読者からの反応は大きく変わります。

 

次項でそれぞれの項目について対策方法とコツを説明します。

 

 

そもそも自分には必要ないと思い込んでいる

この考えになってしまう人は最初の段階で興味や関心が惹けていません。対策するとすれば、宇ログ記事のタイトルとキャッチコピーを見直す必要があります。

 

ブログのタイトルやキャッチコピーを書く際には、キーワードが必要です。キーワードを無視すると、無反応な記事になってしまいます。

 

キーワードは調べるツールもたくさんあるので、あなた自身で調べる癖を身につけていきましょう。ツールも簡単に使えるモノがたくさんあるので、とにかく触ってみましょう。

 

 

 

読み始めたけど・・・途中で止めてしまった

あなたも、この感覚は経験があると思います。いざ、読み始めたけど、途中で読むのを止めた・・・なんて事は、割と多いですよね。

 

その要因は「記事の内容」ですね。記事の内容はあなた次第なのですが、読むのをやめる時って「分かりにくい」・「くどい言い回し」・「同じことしか言ってない」など、たくさんの原因があります。

 

対策方法は、言い回しを見直してみましょう。言い回しに関しては、他の人のブログを見るのが早いですね。あなたが、読みやすいと感じたブログを参考にしてくださいね。

 

 

 

タイトルと内容が合ってない気がする

これは・・・そもそも論外ですね。こうなってしまう気持ちは何となく分かります。ついつい書くことに夢中になり過ぎて話が脱線してしまうんでしょうね・・・

 

この部分の改善方法は、書き終わった後に見直すことですね。本に書かれているのは、1日寝かせてから読み直すと、新たな気づきがあるそうです。これは、私も実践して納得しました。

 

 

 

何だか読みにくい文章だ

 

 

実際にブログを読み始めたけど、何だか読みにくいと感じたことはあると思います。読みにくい文章の特徴は「専門用語の使いすぎ」と「言い回し」です。

 

記事の内容次第では、専門用語を多用sるしかない場合もあります。ですが、専門用語を分かりやすくする工夫が必要ですね。専門用語を使ったら、その言葉の簡単な意味と説明を付け加えると効果的です。

 

 

言い回しに関しては、あなたの日常会話を思い出してください。大切な人に伝える時や、部下や後輩に何かを教える場面は分かりやすいと思います。その場面を思い浮かべながら文書を書いてみましょう。

 

 

 

時間がない

インターネットの検索ユーザーは早く解決したい思いが強いので、ブログを一瞬見て判断します。内容が気になれば、読み進めます。

 

ここでのコツは読み進めてもらう工夫が必要です。例えばキャッチコピーは分かりやすいですね。有名なコピーライターは「キャッチコピー」はとにかく重要だと仰っています。

 

 

 

キャッチコピーで読者の興味や関心が惹けたら、次の工夫ですね。ここでの工夫は見出しです。見出しに一工夫できると、最後まで読んでもらえる確率はかなり上がります。下記の記事で見出しの書き方をまとめてみました。是非、参考にしてください。

 

 

 

見出しは書き方次第で、読者の興味や関心をグッと引き寄せることができます。キャッチコピーと見出しには一工夫してみてくださいね。

 

 

 

初心者が効果的なキャッチコピーや見出しを書く方法

 

 

今の時代は本当にたくさんの情報で溢れ返っています。最近だと本なんかも充実しています。なので、初心者でも参考にしながら書いてみましょう。

 

何かを見ながら書くことで、あなたの学びのスピードは加速するのでお勧めです。私が参考にしている本を載せておきます。

 

 

著者:堀田博和 / 出版日:2014年1月25日 /

 

 

 

 

 

この2冊には、今すぐ使える単語やフレーズが満載です。実際にこの本を使って文章を書いている人は多いのでお勧めしておきます。

 

 

 

ブログ初心者は真似から始めると効果的

どんなジャンルでも同じなのですが、初めての挑戦で上手くできる確率はかなり低いです。少しずつ練習することで、上達できます。

 

初心者が、他のライバルよりも一歩抜け出したいのであれば、真似から始めましょう。その時に「何でこんな事言ってるんだろう」・「この言い回しの意味・考えは?」この辺りを考えながら真似をすることで、より早くスキルが身につきます。

 

真似も1回だけだと上手くいきません。なので、何回も真似しながら実践してくださいね。この作業ができると、あなたのかいた文章は読まれるようになります。

 

諦めず、コツコツとチャレンジしてくださいね。

 

 

ありがとう

 

 

今回のまとめ

 

今回のまとめ

・ブログは基本的に最後まで読んでもらえない

・初心者が魅力的なキャッチコピーや見出しを書く方法

・ブログ初心者は真似から始めると効果的

 

今回は「ブログ初心者でも今日から出来る~最後まで読んでもらえる文章の書き方~」をテーマに解説してみました。読者が読まない要因の対策もお伝えしました。いかがでしたか?

 

せっかく書いたブログなので、最後まで読んで欲しいですよね。少しの工夫で、あなたのブログも最後まで読んでもらいやすくなります。この機会に、キャッチコピーや見出しの書き方を学んでくださいね。

 

先ずは、読者の興味や関心を惹いていきましょう。

 

 

 

編集後記

私がブログを始めたばかりの頃、キャッチコピーや見出しの役割や使い方なんて、全く知りませんでした。コピーライティングに興味を持ち始めた頃に少しずつ勉強しました。

 

キャッチフレーズや見出しの「本」があることに衝撃を受けたのは今でもはっきり覚えています。本に書かれているのは使い尽くされているとの事でしたが、私個人の感覚では、まだまだ使えると感じています。

 

丸々使うのは難しいですが、本に載っている文章を真似することで、少しずつ書けるようになりました。これからも、この2冊の本は有効活用したいですね。

 

このページをご覧のあなたも、この機会にカンニングペーパーに近い本を手に入れてくださいね。今までよりも格段に書きやすくなるのでお勧めしておきます。

 

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング



あなたの応援に感謝します♪

-ブログを書く時のコツ
-, ,

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.