学び方

本物の知識は体験からしか得られない

本物の知識は体験からしか得られないのはご存知ですか?あなたの成功も、ちょっとした失敗など、あなたが経験したからこそ、本物の知識として記憶に残っているのです。

 

この記事では「本物の知識」が体験からしか得られない理由と、本物の知識を学ぶ方法からコツまでをじっくり解説してみます。あなたが、この記事を読むことで、本物の知識を身につける正しいやり方と順番が分ります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

あなたの成功体験が本物の知識になる

あなたが、何かを成し遂げたことは、紛れもない本物の知識です。と、言うのも、あなたが何かを成し遂げたと言うことは、成し遂げるまでに色々学んで、実践してきたからです。

 

あなたが、実践したからこそ、成し遂げられた・・・と、言うことになります。成し遂げるまでに、様々な投資もされましたよね。ありったけば時間も費やしたと思います。もしかすると、家族や身内にも何かしらの迷惑をかけてきたのかもしれません。

 

あなたが、一生懸命努力してきたからこその成功体験です。

 

 

 

あなたが嫌いな失敗体験・・・実は・・・

殆どの人は「失敗」を嫌います。中には本当に毛嫌いする人もいる位です。この気持ちは分からない訳ではありません。失敗は、本当に気が滅入ります。どれだけ、慰められても、素早く立ち直れない時もあります。

 

そんな時にも関わらず、色んなことが一気に押し寄せてきて更なるミス(失敗)に結びつくことだってあります。

 

でもですね・・・失敗も経験しないと何も分からないのです。例えば、あなたが何かの失敗の原因を、伝える時に、次の様な文章を書いたとします。

 

・○○は、初心者がやると大失敗するから止めた方がいいって先輩が言ってたよ

・○○は、初心者がやると失敗しやすいかも。実際、私も最初は上手くいかなかった経験があるから分かるんだ。

 

上記2つの文章を比べた時に、どちらの文章が伝わりやすいですか?恐らく、後者の文章だと思います。その理由は、先輩が言ってたと言っても・・・「先輩って誰?!」ってなりますよね。

 

後者は、あなたの経験を語っているので、相手にも伝わりやすいですね。と、言うことは、あなたの読者(ターゲット・お客さま・見込み客など)に、失敗しない為の、正しい情報として届けることができるのです。

 

 

 

 

憶測からの情報発信は危険です

情報過多の今の時代は、探せばたくさんの情報を集めることが出来ます。ですが、多くの人は情報を集めるだけで満足してしまう傾向が強く感じます。

 

間違った情報発信の定番は、集めた情報を整理して、実践しないで個人的な所見だけをまとめて発信しているスタイルですね。

 

ですが、このスタイルだと危険なのです。その理由は、その情報が本当に正しいのかどうかが分からないからです。間違った情報を発信することで、伝えた相手に迷惑をかけてしまう可能性があるからです。

 

あなたの読者(お客さま・見込み客など)が、痛い思いをします。肉体的・精神的、場合によっては金銭的にダメージを与えかねません。

 

このページをご覧のあなたは、憶測だけで大切な読者に怪しい情報は届けないでくださいね。試した結果を基に発信することを心がけましょう。

 

 

 

知識を得る正しい方法

今は知識を得る方法はたくさんあります。勉強方法は、あなたに合ったやり方でも大丈夫です。でも、1つだけ注意して欲しいことがあります。

 

「本物の本や教材から学ぶこと」です。今の時代は、本物の情報もたくさんあるのですが、怪しい情報はもっと、たくさんあります。

 

もし、あなたが学びたいことの初心者であれば、本物の本や教材・そのジャンルの中で実績のある著名人から学ぶことをお勧めします。実際に、あなたが本物の本・教材・実績のある著名人から学んだあと、他の学び方で、更に学びを深めていきましょう。

 

先に本物から学ぶ理由は、実績を基に本や教材・セミナー等にまとめられているからです。初心者の場合、本物から学ばなければ、時間だけが失われていくので注意が必要です。

 

悩み,困った

 

本物と偽物の見分け方

初心者を悩ますポイントが本物か?偽物か?の見分け方ですね。こればっかりは、正解なんて見つからないかもしれませんね・・・

 

あくまで、私の見分け方なのですが、まず徹底的に調べます。評判や口コミなども調べます。更に慎重になる時は、返金・返品保証が受けられるモノを選ぶようにしていました。

 

その結果、偽物に引っかからなくなったと実感しています。慣れるまでは、徹底的に調べる癖を身に付けてくださいね。

 

 

 

失敗も成功もあなたの知識・財産になる

失敗について色々書いてみました。あなたが本気で考えて選んだけど、どうしても上手くいかないことだってあります。「上手くいかなかった=失敗」で終わらせるのではなく、あなたの知識としてメモにでも残しておきましょう。

 

このメモには成功も失敗も書き連ねることで、あなたの財産になります。同じやり方でも、成功までのプロセス(過程)が違うこともあります。

 

失敗も同じですね。「その失敗を繰り返さない為に気をつけること」など、あなたが感じたことを記録しておくと、後から有効活用できます。

 

あなたが、書き溜めた「成功談」・「失敗談」だからこそ、説得力もあります。是非とも、あなたの読者に伝えてくださいね。

 

ありがとう

 

今回のまとめ

今回は「本物の知識は体験からしか得られない」をテーマに解説しました。本物の本・教材・セミナーの選び方についてもお伝えしました。いかがでしたか?

 

いざ、本物に出会おうと探し回っても、なかなか出会えないこともあります。ですが、今の時代であれば、必ず「本物」に出会えます。本物で実践しながら、強い情報を届けられるようにチャレンジしてみてくださいね。

 

今日から早速、本物の本・教材・セミナーで学ぶ環境を作っていきましょう。

 

 

 

編集後記

過去の私は完全に情報弱者でした。お金が続く限り、怪しい教材を買いまくっていた時期もあります。その失敗から日が経ち、今では「本物」に出会って日々学んでいます。

 

当時は「お金が稼ぎたい」の一点張りで、商品の怪しさに関係なく、紹介しまくっていました。当然、結果なんてでません。今では、怪しいモノは見分けられるようになったので、騙されて買うことはなくなりました。

 

これからも、あなたに役立つ商品・サービス・情報を届ける為に、どんどん試してみますね。

 

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

-学び方

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.