お勧め書籍 & 書評・感想

金川顕教氏の「人もお金も動かす超スゴイ!文章術」を読んで感じたこと

文章術を学べば確実に強くなれる。これから先の時代を切り抜けるスキルを身につけよう。

 

上手い文章は書けないけど・・・ちゃんと伝わる文章が書きたい。このページをご覧のあなたはその想いを秘めているのかもしれませんね。その気持ち、私はすごく分かります。

 

今回、紹介する本は、伝わる文章が書きたいと感じているあなたに役立つ本をお届けします。私が大好きな著者の金川顕教氏が書いた本です。この記事では、本のレビューと、私が読んで感じたことを1つの記事にまとめてみました。

 

あなたが、この記事を読むことで、伝わる文章を書くためのヒントが得られます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

人もお金も動かす超スゴイ!文章術

金川顕教氏が執筆した文章術の本です。本のタイトルは「超スゴイ!文章術」になります。2019年4月25日に株式会社すばる舎から出版されました。本の構成は「はじめに」から始まり「第1章」~「第5章」へと続きます。最後に「あとがき」で締めくくられています。トータルページ数は213ページです。

 

この本の目次は次の通りです。

 

■ 人もお金も動かす超スゴイ!文章術~目次~ ■

はじめに

第1章:なぜ、あなたは文章術を身につけるべきなのか?

第2章:【初級編】伝わる文章を書く

第3章:【中級編】共感される文章を書く

第4章:【中級編】興味を引く文章を書く

第5章:【上級編】行動を喚起する文章を書く

おわりに

 

上記の6つの章で構成されています。では、次項でそれぞれの章について解説していきましょう。

 

 

はじめに

この章では、これからの時代には文章術を学ぶ必要性についての解説になっています。イイ文章に対する金川氏の考え方も記載されています。いい文章とは「人の心を動かせる文章」との記載には凄く納得しました。

 

更に、文章力を高めることで様々な可能性が秘められていることにも言及されています。かなり勇気がもらえる書き方で解説してくれています。

 

 

第1章:なぜ、あなたは文章術を身につけるべきなのか?

この章では、文章術を身につけた方がいい明確な理由が書かれています。具体的な内容の記載もあるので、かなり勇気とワクワク感が得られる章になっています。

 

更に、文章術を学ぶことで、本業・副業・プライベートの括りに関係なく、一生使えるスキルについての部分は必読なので、お勧めしておきます。

 

 

第2章:【初級編】伝わる文章を書く

この章から実践に入ります。初級編と言うことで「伝わる文章」の考え方と基礎についてじっくり解説してくれています。併せて、書く時のコツなんかも書かれているので、読んでいるだけでも面白いと思います。

 

因みに、この章を読むだけで、文章術が超初心者だったとしても「何だか書けそう」と感じてもらえると思います。あなたの背中を後押ししてくれる感覚を楽しんで欲しいですね。

 

 

第3章:【中級編】共感される文章を書く

この章では、共感される文章の考え方について解説してくれています。テクニック的な部分と、心理学についての解説になっているので、更に面白くなってきます。

 

更に、ブログやサイトで意外と重要なプロフィールの書き方についての解説があります。プロフィールは自己ブランディングの最初の1歩んおで、じっくり取り組みたいところですね。

 

 

第4章:【中級編】興味を引く文章を書く

この章は【中級編】の実践についての解説です。実際に書く時のコツからテクニックについての解説になっています。興味を引く文章の書き方に特化した内容になっているので、実際に書きながら学ぶと分かりやすいと思います。

 

更に、文章を書く順番についての解説があります。この部分を正しく学ぶと、スラスラと文章が書けるようになります。この章の必読ポイントです。

 

 

第5章:【上級編】行動を喚起する文章を書く

この章では、読者への行動を促す書き方についての解説になっています。伝える為の文章が書けただけでは、読者は行動しません。読者に行動を促すことで、動き始めます。

 

この章をじっくり学ぶことで、読者に行動を促すことができるようになります。その為のテクニックが書かれています。更に、行動を促す文章を書く時のコツも載っています。

 

 

おわりに

この章では、著者の想いが綴られています。更に、目的に合わせた練習方法の解説もありました。文章は書かなければ上達しないので、最初はあなたの目的に合わせて文章を書くべきとの考えは同館です。

 

 

 

この本を読んで感じたこと

この本を読んだのは確か、2019年5月だったと記憶しています。今も継続中ですが、コピーライティングのスキルを自分のモノにしたいとの想いから、この本を手に入れました。

 

手にした時には、既に文章の「型」を少し学んでいたので、凄く書きやすく感じました。この魅力も金川氏のやさしさだと素直に感じています。

 

各章の内容も、今の時代に見合った書き方やテクニックの解説がされています。今げ、文章の書き方で悩んでいる人なら、何かしらのヒントが得られます。

 

私が、この本を読んだ時は。単調な短い文章しか書けませんでした。様々な文章に関する本を読みながらの実践だったのです。その時に「人もお金も動かす超スゴイ!文章術」を手にしました。

 

実際に読んでみると、今までとは全く違った文章が書けるようになりました。しかも、長い文章まで書けるようになりました。もちろん、ただ読んだだけでは上手くならないのですが、この本を読みながらっくことで、確実に文章力は上がると確信しています。

 

もし、今のあなたが文章の書き方に苦戦していたり、短い文章しか書けない・単調な文章しか書けない・そもそも何を書いたらいいのか分からない・・・等でお悩みの人に読んで欲しい本ですね。

 

 

この本の立ち読みポイント

この本の立ち読みポイントは「はじめに」をお勧めしておきます。と、言うのも「はじめに」を読むことで、文章が持っている「大きな魅力」と「大きな可能性」についての解説がしてあります。

 

あなたが、これから文章術を学びたいと、本気で考えているのであれば、かなり勇気を貰える内容なっています。「はじめに」を読んで、背中を押してもらえたら、一刻も早くレジに向かってくださいね。

 

行動するなら、早いに越したことはないので、この機会に勢いをつけてチャレンジしましょう。

 

 

この本をお勧めしたい人

この本をお勧めしたい氷魚は次に当てはまるひとにお勧めしたいです。

 

・何を書いたらいいのかいつも悩んでしまう人

・書く順番に戸惑いを感じている人

・様々な文章術を使って文章が書きたい人

・楽しく長続きできるような文章を書いてみたい人

・読者との信頼関係を築きたいひと

 

他にもありそうですが、上記の5つの中のどれか一つでも当てはまる人は、今すぐ読むことをお勧めします。その理由ですが、文章は書けば書くほど、確実に上手くなるからです。

 

今の悩んでいる状態だと、最悪の場合・・・文章を書くことを挫折してしまうかもしれません。そうなってしまうと、今まで費やしてきた時間が全て無駄になってしまいます。

 

今の時代、お金があれば何でも手に入るのですが「時間だけは、どんな手を使っても手に入りません。あなたの貴重な時間を有意義にするためにも、早く文章の学習から始めて、文章をスラスラ書けるようになってくださいね。

 

著者:金川顕教 / 出版社:すばる舎 / 出版日:2019年4月25日

 

 

今回のまとめ

今回は、金川顕教氏の著書「人もお金も動かす超スゴイ!文章術」について書いてみました。本の内容と、私が読んで感じたことも併せて解説しました。いかがでしたか?

 

文章のスキルは、何か特別な試験やテストなんてありません。その分、誰もが気軽に始めることができる分野ですね。これから先の時代は益々、文章で伝える場面は増えてきます。その為にも、早い段階から文章について学んだ方が、あなたの活躍の場は確実に広がります。

 

この機会に、文章やライティングの勉強を始めて明るい未来を手に入れましょう。

 

 

編集後記

私がこの本を読んだ時は「単調な文章しか書けない」・「短い文章しか書けない」・「もっと、表現力豊かな文章が書きたい」・「相手に伝わる文章が書きたい」などの悩みを抱えていました。

 

それまでの私は文章の「型」は学んできたのですが、実際に書くとなると、難しく感じていたのでした。そこで、出会ったのが「文章術に関する本」でした。

 

複数冊読んだ中で、一番分かりやすく感じた本が「人もお金も動かす超スゴイ!文章術」でした。この本で書き方の基本が理解できました。そこから、スラスラと文章が書けるようになったことに驚いています(笑) 私にとって大きな収穫だったのは今でもはっきり覚えています。

 

コピーライティングや文章術はこれからもまだまだ学んで生きたですね。その為にも、たくさんの本を読み漁っていきます。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング



あなたの応援に感謝します♪

-お勧め書籍 & 書評・感想
-, ,

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.