武器としての書く技術~イケダハヤト氏の著書のレビュー

今回は有名な本「武器としての書く技術」を読んだのでレビューしてみます。既にご存知の方も多いと思います。有名ブロガーのイケダハヤト氏の本です。イケダハヤト氏は色んな所で色々言われてるみたいですね。私、実はこの本を読むまで知りませんでした(汗)本人さまの評判は抜きにして、この本を読んだ感想なんかも書いてみます。この記事を読むことで、あなたが読むべき本なのかどうかが分かります。是非、最後まで読んでください。では、はじめます。

 

 

武器としての書く技術

 

 

著者:イケダハヤト

発行所:株式会社KADOKAWA

第1刷発行:2013年6月21日

総ページ数:270ページ

 

私、この本を手にするまで、イケダハヤト氏の存在すら知りませんでした。調べてみると、プロのブロガーとして、今は高知県で暮らしているそうです。職業はプロブロガー・・・でいいのでしょうか・・・ブログで稼いでるみたいです。

 

内容は1章~5章で構成されています。

 

武器としての書く技術の構成

1章:文章が残念な人の10の特徴

2章:凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法

3章:月40万字書き続けるぼくの12の秘密

4章:ここまで書いていいのか? 書いて月50万稼ぐ法

5章:書く技術はこんなに人生を豊かにする

 

この流れになっています。どれも興味深い内容だと思いませんか?

 

実際に読んで気付いたこと

この本を読むことで、文章が書けるようになります。ブログネタに困る事も無さそうな感じでした。プロブロガーならではの心構えも垣間見えたのは、すごく大きな収穫でしたね。なるほど!と、思わず声が出てしまいました。心構えの部分がほんの少しだけでも分かってくると、イケダ氏の文章がとても分かりやすく感じました。本当に文章を書き始めの初心者に向けて丁寧に分かりやすく書かれています。

 

広告

更には、ブログを始めたけど、何を書いていいのか路頭に迷い始めた人にもヒントが満載です。この本を読むことで、ブログが書けない・・・なんて事は言えなくなるでしょう。

 

 

この本を読んで得られたこと

文章術系の本ではないのですが、ブログと言うインターネットを使った文章の書き方全般が分かります。更にイケダハヤト氏が随所で使っているテクニックなんかも、織り交ぜたヒントが満載です。

 

もう1点・・・

ブログのこれからの将来なんかもプロブロガー目線で書いてあるのが印象的でした。この部分は私もブログアフィリエイトで仕組みを作っているせいか、かなり納得しました。

 

これからの励みにもなりそうです。

では、中身をレビューしてみましょう。

 

1章:文章が残念な人の10の特徴

この章は、ブログ初心者は必見です。初心者のあなたがやってしまいがちな10の特徴が書かれています。答え合わせではないのですが、あなたのブログの修正ポイントが分かります。

 

すごく当たり前のことばかりなのですが、文章が残念な人が陥りやすい特徴が分かります。ブログの復習を兼ねて読むと効果的です。

 

 

2章:凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法

この章では、あなたの文章を修正する具体的な内容で書かれています。例文も多いので参考になりました。また、イケダハヤト氏が何故、その様な書き方をするのかまで解説してくれています。

 

ダメな点だけを指摘する本は時々見かけるのですが、具体的な修正ポイントについて解説してくれている数少ない良心的な章です。

 

 

3章:月40万字書き続けるぼくの12の秘密

個人的にこの章が一番読み込みました。実際にブログを書いて、収益を上げているイケダ氏のマインドセットからルーティーンや意識するポイントなど、これから文章を書いていく上で必要な部分について書かれています。

 

全てが自分に当てはまった訳ではないのですが、イケダハヤト氏の考えや言いたいことはよく分かりました。中々、ブログが書けない人・ブログ更新が精神的につらくなってきた人にもお勧めの章ですね。

 

 

4章:ここまで書いていいのか? 書いて月50万稼ぐ法

ブログでお金を稼ぐ具体的な方法が書いてます。イケダハヤト氏もブログを書きながら、アフィリエイトを織り交ぜていました。プロブロガーですが、アフィリエイターな一面も持ち合わせていたのです。

 

アフィリエイトに関する内容は別の本で詳しく書いているそうです。私も機会があれば読んでみたいですね。アフィリエイター・ブロガー問わず必読ですね。ブログを書いても稼ぐ方法(マネタイズ)出来なかったら、お金は稼げません。

 

 

5章:書く技術はこんなに人生を豊かにする

この章では、ブログを書くことで得られる将来について書かれています。この部分の魅力は私は薄々とは感じていたのですが、この本を読み終わった時には確信に変わっていました。

 

イケダハヤト氏の仰っていることなので、私が該当するのかどうかは微妙ですが、ブログを書く事で得られる将来は私も掴みにいきたい。本気で感じた部分です。

 

 

 

こちらの本ですが・・・

当然ですが、ただ読んだだけでは何も得られません。この本を見ながらでもいいので、、読んだら書き始めることです。何もこの本だけにかぎった話ではないのですが、教科書的な本は

 

【読む(インプット)⇒実践(アウトプット)⇒検証】

 

の繰り返しです。

 

読んだ後はとにかく【書く】ことです。本の中でイケダハヤト氏は「備忘録でもいいからブログを書こう!!」と、仰られています。備忘録も確かにアリですよね。きっかけは何でもいいので、とにかく書きましょう。

 

 

 

 

まとめ

今回はイケダハヤト氏の本「武器としての書く技術」について書いてみました。この本は普通のライティングの本とは全く違うのですが、すごく参考になる部分が多いです。私もブログを書いているので、思わず納得してしまいました。

 

もし、あなたがこれからブログを書いてみたいもしくは、ブログを書いてるけどこれでいいのだろうか・・・等、悩み始めているのであれば是非、一度読んでみてください。あなたにも何か、変化が現れると思います。

 

 

編集後記

この本の中で、イケダハヤト氏はブログを書くスピードについて解説していました。私もこれからもブログを書いていくので、ブログを書くスピード(時間)は見直していきたいと考えていました。と、言うのも私がブログを書く内容によっては恐ろしい位の時間が掛かる時があるからです(汗)

 

1つの記事に時間をかけすぎるのは余りにも非効率ですよね。少しでも改善させたいので早速、今日から本に書かれていたヒントを取り入れていきます。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました