「お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方」はサイト作りの参考書です

 

いつもありがとうございます。Webライターのsatoshiです。

 

今回は「御社のサイトがキャッシュマシーンに変わる お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方」を読んで感じたことを書いてみます。

 

この本ですが、6年前に出版されたのですが、今でも使えるノウハウやコツが満載な本です。あなたが、この本を読むことで、コンテンツのルールから作り方が分かります。更に、作ったコンテンツを運営する時のコツまで詳しく書かれています。最終的には、あなたが作ったコンテンツでお金が稼げるようになります。

 

・これからブログを始めたい人

・これからメルマガを始めたい人

広告

・これからYouTubeを始めたい人

・これから音声ファイルを作ってみたい人

・これからセミナーをやってみたい人

 

上記に当てはまる人にはかなり役立つと思います。他にもコンテンツの対するルールや考え方についても詳しく書かれています。あなたがこれから何か新しいコンテンツを作る時の参考になると思います。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

御社のサイトがキャッシュマシーンに変わる お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方

2013年9月25日に発行されました。出版社はダイレクト出版になります。著者は「アン・ハンドリー氏」と「C・C・チャップマン氏」です。

 

本のタイトル通り「お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方」について詳しく解説しています。本の構成は「はじめに」を含めた4部の構成です。目次は下記の通りになります。

 

【お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方 目次】

はじめに:マーケティングのためのコンテンツ

Part 1 :コンテンツルール

Part 2 :コンテンツ作りの実際

Part 3 :サクセスストーリー

上記の4部の構成で本書は構成されています。次項でそれぞれのPartの詳しい解説をしていきます。

はじめに:マーケティングのためのコンテンツ

最初にコンテンツとは、どのようなモノなのか?!について書かれています。コンテンツの役割の解説が詳しく書かれています。コンテンツが持つ大きな可能性が分かります。

 

コンテンツに人を集めることで、多くのことが可能になります。物を買ってもらったり、何かに申し込んでもらえます。様々な意見や考え方などを集めることも出来るのです。

 

普通に営業してモノを売ったり、サービスに申し込んでもらうよりも、遥かに効率よく相手に鼓動してもらえるのがコンテンツの役割になります。この辺りの詳しい解説が書かれています。

 

Part 1 ; コンテンツルール

お客さまが集まるコンテンツを作るのがこの本の目的です。その為のルールについても詳しく書かれています。ルールや決まりが無くても、コンテンツは作れるのですが、それではこの本の意味がなくなってしまいます。

 

本の中で、人が集まるコンテンツとして次の項目を挙げられていました。

 

■ マーケティングのためのコンテンツ ■

・顧客を引き寄せる

・購入を考慮しているものについて、買い手に知恵を授ける

・購入への障害を克服し、反対意見に打ち勝つ

・業界内での信用と信頼、権威を築く

・あなたの会社のストーリーを語る

・ソーシャルネットワークを通じて口コミを広げる

・ファン層を築き、顧客があなたの会社に夢中になるように刺激する

・衝動買いを後押しする

 

上記の8項目・・・1つのコンテンツを作る時に意識しておきたいポイントですね。「あなたがコンテンツを作る時にやるべきこと」と、捉えておくと分かりやすいです。この8つのポイントが理解できると、次に何をすればいいのかも明確になります。あなたはブログ運営について、路頭に迷う可能性はかなり低くなります。

 

 

Part 2 : コンテンツ作りの実際

この章では各コンテンツの軸となる部分の作り方が学べます。各コンテンツとは次の通りです。

 

■ この本で作れるコンテンツ ■

・ハブとしてのブログ

・使えるウェビナー戦略

・Eブックとホワイトペーパー

・ケーススタディー

・FAQページ

・動画

・音声

・写真

 

それぞれのコンテンツを作る時に必要な考え方から、必要なモノまで詳しく書かれています。また作る時のコツ等も書かれているので実際につくる時にはかなり心強いですね。

 

 

 

 

Part 3 : サクセスストーリー

この項目では、様々なコンテンツが作れると更に大きなチャンスとなる可能性について解説してくれています。実例も併せて書かれているので、初心者でもイメージしやすいです。

 

更にコンテンツを作った後も「もっと頑張ろう」と、言う気持ちになれます。その理由は、1つのコンテンツがきっかけで、更なるビジネスチャンスにも出会えるからです。更に・・・まだ、誰もやったことがないビジネスにもチャレンジ出来そうな気持ちにさせてくれます。

 

 

この本から学べること

実際に、本を読んで実践することで、お客さまが集まるコンテンツが作れるようになります。例えば、あなたがブログで集客をしたいのであれば、この本の「ハブとしてのブログ」のページを読むことで、ブログを運営する際のやり方やコツが書かれています。

 

更にYouTubeでも集客したい・・・と、考えているのであれば「動画」のページを見ると取り組みやすいです。その理由は、それぞれのコンテンツに必要な考え方と必要なモノが明確になっているからです。

 

 

広告

私が一番役に立ったところは・・・

私はアフィリエイトの再チャレンジを始めたばかりの頃、ブログ運営にかなり悩んでいました。何を書いていいのか分からない、こんな事書いても大丈夫なの?!・・・など、多くの悩みや不安を抱えながらブログを書いていました。

 

その時に「お客が集まるオンラインコンテンツの作り方」と、言う本に巡り合いました。最初からすごい勢いで知識を吸収できたのですが、やはり1番役に立った所は「ハブとしてのブログ」と「Eブックとホワイトペーパー」でした。

 

当時、困っていたのでかなり助かりました。そこから、改めてじっくり本を読みまくりました。その時にブログの書き方や集客のヒントを掴めたのは大きな成果だと確信しています。

 

この本をお勧めしたくない人

お客様を集める意識が低い人にはお勧めしても無駄になると思います。他には本を読んだだけで何もしない人も、恐らく無駄になると思います。

 

後は・・・実践したけどすぐに諦めたり止める人にもお勧めしたくないですね。と、言うのも批判的な意見って、中途半端に試した人からの数が圧倒的に多いと感じたからです。

 

 

この本をお勧めしたい人

お客さまの為に・・・と、真剣に考えられる人には是非、お勧めしたいですね。お客さまのために、様々な情報を与えたり、提案をすることで、あなたの実績になります。モノを売るのであれば、稼げるコンテンツになるからです。

 

他には、今持っているメインのコンテンツ以外のコンテンツにも興味が持てる人はだったら、この本の素晴らしさが分かってもらえると思います。

 

著者:アン・ハンドリー、C・C・チャップマン / 出版日:2013年9月25日 / 出版社:ダイレクト出版

 

 

1つのコンテンツだけではライバルに勝てない時代に・・・

今の時代は1つのコンテンツだけでは、ライバルに太刀打ちできない時代になりつつあります。現にトップアフィリエイターは既に複数のコンテンツを運営しながら、お金を稼いでいます。

 

あなたが、これからインターネットでお金を稼ぎたいと、本気で考えているのであれば「メインのコンテンツ + サブのコンテンツ」の複数体制で挑む方が成果や結果が出やすくなると思います。

 

その為にも、今の時代にどの様なコンテンツがあるのかを知っておく必要があるのです。この本 お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方 は大きな力になります。私は今でも見返すくらい必死に読んでます(笑)

 

このページをご覧のあなたも、「メイン + サブ」の複数のコンテンツ作成を意識してみてくださいね。

 

今回のまとめ

今回は「お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方」について解説しました。いかがでしたか?今の時代は、本当にさまざまなコンテンツがあるので、この本はこれから先の時代でも使える内容です。

 

あなたがコンテンツ作りに悩みや不安を感じているのであれば、今すぐこの本を読んでくださいね。悩んで解決するよりも本を見ながら解決する方が断然効率的です。悩みまくって挫けそうになる前に読むことをお勧めしておきます。

 

編集後記

私がこの本を手にした時は、ブログ運営で悩んでいる時でした。アフィリエイトの再チャレンジから2か月後位だったと思います。当時はブログ記事も、誰かが書いた記事を微妙に言葉を変えて書いていました。当然、読者なんて増えませんよね。

 

そこでこの状況を何とかしたいと考えて手に取った本です。この本の著者「アン・ハンドリー氏」の別の著書 コンテンツマーケティング64の法則 を読んでいたので、この本にたどり着くスピードは速かったです(笑)

 

コンテンツマーケティング64の法則~コンテンツ作りから書き方までが学べます。
インターネットの世界には様々なコンテンツがあります。各種コンテンツにも作り方やライティング(書き方)の基本があるんです。今回、あなたにお伝えする本は、それぞれのコンテンツの作り方から、コンテンツに合わせたライティングまでの知識とスキルが身につきます。是非、最後まで読んでくださいね。では、はじめます。

 

実際に本を手にしてから、作業効率は格段に上がりました。何を書いたらいいのか分からない・・・なんて事も無くなりましたね。そこから、ライティングにのめり込みました。コンテンツの作り方は分かっているので、あとは伝え方だと確信しての今の私です。

 

もし、あなたがコンテンツ作りが分からないのであれば、この本の様な教科書?・参考書?みたいなモノを手にしてくださいね。きっと、道が開けてきます。諦めずに頑張ってください。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

 

広告

コメント

  1. chaseourdreams より:

    こんにちは。ランキングから来ました。今、実に多くの人たちがネットでブログの作り方について解説したり、講義したり、セミナーを開いたり、塾を開設したりしていますが、その原点を教えていただいた気がします。たぶん、この本を読んで実践すれば必要十分なスキルが身につくのでしょう。ありがとうございます。公立図書館の蔵書には内容ですので、購入させていただきます。

    • satoshi より:

      chaseourdreamsさま

      いつもコメント頂きありがとうございます。
      ブログの作り方から、ブログの運営方法やコツ・・・
      初心者だったら是が非でも知りたい内容ですよね。

      この本だったら、ブログを始め、様々なコンテンツの基礎から学べます。
      是非、試してくださいね。

      試した後、感想を聞かせて頂けると嬉しいです(笑)
      よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました