【心理学】返報性の法則~意図して使えると最強なスキルです

心理学,ビジネス

今回は返報性の法則について書いてみます。返報性の法則は心理学の法則の中でも、有名な法則なので、既にご存知の人も多いかも知れません。ですが、今回はこの記事で返報性の法則の上手な使い方について解説します。使い方をマスターすることで、あなたの人生にさまざまな変化が訪れます。悪用厳禁ですが、この機会に返報性の法則を使えるようになってくださいね。では、はじめます。

 

 

返報性の法則とは

返報性の法則とは・・・人から何かしてもらった時に「お返し」をしないと申し訳ない気持ちになってしまう心理作用です。あなたの身近な所でも、感じる部分があると思います。

 

例えば・・・

スーパーには試食コーナーがあるのはご存知ですよね。試食販売コーナーでは、販売員が積極的に試食を勧めてきます。最初はついつい遠慮してしまう(私の場合の話です・笑)のですが、販売員の勢いと食べ物のいい匂いに負けて試食してしまいます。

 

実際に食べて美味しいと感じれば、買う予定がなかったモノでも欲しくなってしまいます。別に美味しいと思えなかったとしても、販売員から勧められたのでつい・・・なんて事もありますよね。。。

 

この状態が【返報性の法則】の心理状態になります

 

上記みたいに、普段の日常生活の中で頻繁に使われているので、分かりやすいですね。

 

返報性の法則を、あなたのアフィリエイトに当てはめてみましょう。

 

広告

普段のブログ更新でさまざまな情報発信を繰り返します。あなたの記事を読んだ読者は、今度はあなたに興味を持ち始めます。その中で読者が今、本当に欲しい情報が手に入れば、自然な気持ちであなたのサービスを受けたくなります。

 

あなたにも似たような体験はありませんか?ブログを実際に読んで、あなたが求めていた答えが分かると、その人にお礼のコメントを残したり、メルマガに登録したことがあると思います。これらの行動も、返報性の法則から導かれた行動になります。

 

この様な気持ちにさせる事ができれば、読者は行動してくれやすくなります。普段の情報発信がどれだけ大切なのか分かって頂けたと思います。

 

「そんな事は分かってるよ!!」

 

と、仰るかもしれませんが、適当に発信した情報には読者は反応しません。せっかく、あなたが発信するさまざまな役に立つ情報だからこそ、読者はあなたに何かお返しがしたくなってきます。

 

 

悪用厳禁】返報性の法則の使い方

では、この項では、実際に返報性の法則の使い方についてお伝えします。くれぐれも悪用だけはしないでくださいね(笑)

 

例えば・・・

気になる異性が居たとします。この時に分かりやすく使われるのが【プレゼント等の贈り物】です。他には食事をご馳走することもプレゼントになります。

 

あなたが気になる異性に、いきなり交際を申し込んでも、相手がよっぽどあなたのことが気になっていない限り、【OK】をもらう事は難しいです。ですが、段階を踏んでアプローチすることで状況は変わってきます。

 

その異性がイタリアンが好きだったとします。いきなりデートに誘うよりも、次の様に誘うとどうでしょう?!

 

例文
前に○○ちゃん(くん)、イタリアンが好きって言ってたよね?この前、仕事中に雰囲気良さそうな店を見つけたんだけど、良かったら一緒に行きませんか?今回は私がお誘いするのでもちろんご馳走します。ランチに付き合ってもらえませんか?

 

この様に伝えた時と、「今度、ランチデートしよう!」と、伝えた場合、どちらが反応が良さそうですか?

 

まぁ、聞くまでもなく前者ですよね(笑) 同じ食事でも、誘い方でも誘い方1つで相手から得られる答えは変わってきます。更に、気になる異性についてリサーチすることで、次の一手につなげることだって可能ですよね。

 

次回は飲みに誘うことも出来ます。更には、気になる異性が欲しがっているちょっとしたモノをプレゼントすることもできます。

 

これらの行動を繰り返すことで、気になる異性の気持ちが動き始めます。この時点で、いきなり気持ちを打ち明けるよりは、遥かに印象が変わっているので、いい返事が貰いやすくなっています。(100%ではないので、最終判断はあなたにお任せしますね。)

 

今回は恋愛で例えてみましたが、ビジネスでも同じことが言えます。

 

例えば【特典】です。特に我々のようなアフィリエイターの場合、特典を付けて販売するのが当たり前になっています。販売以外でもメルマガ登録のお礼でも特典は必須項目になってきました。役に立つ魅力的な特典があれば、成約率は上がります。逆に、どうでもいい特典だと、売上や成果につながりません。

 

役に立つ特典も1度にたくさん配布するよりも、複数回に分けて配布することで、読者はあなたに「何かお返しを・・・」と思い始めます。もし、あなたがビジネスで返報性の法則を実践するのであれば、一度に大量の特典を渡すだけでなく、複数回に分けて配布してくださいね。

 

 

返報性の法則を使う時の注意点です

返報性の法則を意識して、色々なプレゼントや情報提供をしたからと言って。見返りを求めるのはやめましょう。見返りを求めた行動は、相手を追い詰めてしまうこともあるんです。場合によっては、脅迫になってしまいます。これでは、あなたがこれまで築いてきた関係は一気に崩れてしまいますよね。。。

 

気になる異性も色んなパターンで相手からのアプローチを受けているので、あなたが下心丸出しで挑んでも必ずバレるんです(汗)下心がバレてしまうと、今までいい感じで運んできたことが全て無駄に・・・なんてことにもつながります。

 

ビジネスでも同じですね。色々配りまくっていく内に、ついつい文章が乱雑になったり誇大表現や煽り口調になってしまう傾向があります。敏感な読者は、あなたの焦りの気持ちは瞬時に察知します。そうなると・・・読者はあなたの基から離れていきます。2度と戻ってくることはないでしょう。。。

 

なので、あなたは今までと同じもしくは、今まで以上のサービスを提供する努力はしてください。とは、言っても過剰なサービスは必要ありません。普段通りのあなたの言葉で精一杯伝え続ける事が一番重要です。プラス、見返りは求めないことです。

 

相手との関係は一度壊れてしまうと、修復にはかなりの時間と労力が必要です。この危険を回避する為にも、見返りは求めず、常に相手に役立つ情報を発信したり、贈り物を選んでくださいね。

 

 

まとめ

今回は【返報性の法則】について書いてみました。具体的な使い方も併せて説明しました。いかがでしたか?この心理原則も無意識で使う場合と、意識して使う場合とでは、成果や結果に大きな違いが出てきます。あなたが成果や結果にこだわるのであれば、返報性の法則をしっかり理解して、出来る所から取り組んでくださいね。くれぐれも悪用は厳禁なので、キモに命じてマスターしてください。

 

 

編集後記

私は贈り物に弱いので、ついつい買ってしまうことがあります(汗)なので、この話を聞いた時にはすごく納得しました。

 

実際に返報性の法則を使うことで、色々な恩恵を受けたことも・・・(笑) 返報性の法則は人間の心理なので、この先も変わることはありません。これから先もずっと使えるテクニックです。あなたもこの機会に、返報性の法則を意図的に使えるように練習してみてくださいね。

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

広告

コメント

  1. takafumi より:

    こんばんは。ランキングから来ました。
    情報発信の基本は与え続けるということなんですね。
    結果として返報性の法則が活きてくると理解しました。
    貴重な記事をありがとうございます。

    • satoshi より:

      takafumiさま

      コメントありがとうございます。
      有益な情報を与えれば与える程、
      効果的ですね。

      これkらも役に立つ情報配信がんばります。
      今後共、よろしくお願いしますね。

タイトルとURLをコピーしました