次へ

実践コラム

「インプット」と「学び」は全くの別物。効率よく使い分ける方法

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

色んな本や教材をたくさん読んでいるのに・・・中々、知識が増えない・安定しない・・・

 

この悩みを抱えている人は多いと思います。過去の僕も悩み続けていました。その中で気づいたことがあります。気づいた事は「インプット」と「学び」を同じと考えていたことです。

 

この記事では「インプット」と「学び」について解説します。2つを効率よく使い分ける方法もお伝えします。あなたがこの記事を読む事で、知識を増やしながらアウトプットできる様になります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

インプットと学びは全くの別物

「色んな本や教材をたくさん読んでいるのに・・・中々、知識が増えない・安定しない」・・・この悩みを抱えている多くの人は「インプット」と「学び」を同じモノと考えている人が多いです。

 

多くの方は「インプット」としてたくさんの情報を詰め込みます。この行動は間違いではありません。「インプットした後をどのように処理しているのか?」が重要なポイントになります。

 

その理由は、たくさん詰め込んだインプット・・・全部吐き出して(アウトプット)いれば問題ないのですが、吐き出さずにそのままにしていることってありませんか?実は「そのままにしている事」が無駄になっているんです。

 

せっかく、あなたの貴重な時間を使ってインプットしたのに使ていない・・・この部分がもったいないのです。言葉を変えると「無駄」になってしまいます。

 

この「無駄」な部分を無くすことで、あなたの知識は確実に増えていきます。次項で「無駄」を無くす方法について解説します。

 

 

 

あなたのインプットを無駄にしない方法

あなたがインプットをする時はどんな場面ですか?場面は人それぞれですが、ブログを書く人だと記事を書く時に急遽、インプットしている人が多く感じます。(過去の僕は正にそうでした)

 

ブログを書くためのインプットなら、一気に大量に詰め込む必要はない事に気がつきました。その理由はブログは「1記事1メッセージ」で書くのが基本だからです。1記事で書くのは1メッセージで書くのに、大量にインプットしているので記事に書いた事以外の内容が無駄になっているんです。

 

「1記事1メッセージ」は情報発信の基本 のページにまとめているので参考にしてみてくださいね。

 

インプットを無駄にしない為にも、やり方には工夫していきたいですよね。

 

 

 

インプットと学びの役割

インプットと学びの役割を知ることで、取り組み方が変わってきます。同じだと考える人も2つの役割を知ることで納得できます。では、それぞれの択割について僕が辿り着いた答えを基に解説していきましょう。

 

インプットとは

僕は、ブログのネタ集めを「インプット」と考えていました。インプットした内容はすぐにアウトプットするので、比較的覚えていられました。ですが、前項でもお伝えした通り、アウトプットしなかった知識はすぐに忘れてしまいました。

 

人間は忘れる生き物なので、忘れたら再度、学べば大丈夫なのですが、効率が悪いんです。そこで「学び」を知りました。

 

 

学びとは

学びとは、あなた自身の知識を増やすための学習だと考えています。前項のインプットと似たような感覚になるかもしれませんね・・・ですが、役割が違うので似ている・同じではありません。

 

学びとは「知識を増やすこと」が優先になります。1日少しでも学びの時間を作ることで、あなたも確実に知識が増えていきます。

 

 

 

インプットと学びの効果的な使い方

インプットと学びを使い分けることで、あなたの知識は溢れ返ってきます。ですが、使い方を間違えるとあなたの知識は乾いたままのカラッカラな状態になってしまうんです。そうならない為にも、「インプット」と「学び」の使い方を考えてみましょう。

 

 

インプットの効果的な使い方

インプットの使い方は、この記事でも触れたのですが、今すぐ使える情報を手に入れる為に使います。分かりやすく言うと、ブログのネタ集めや書き方等の知識やノウハウを仕入れることです。知識やノウハウを仕入れたら、アウトプットしていきましょう。

 

 

 

学びの効果的な使い方

学びはインプットと違い、知識を蓄えるために学びます。インプットはすぐに使う為の知識に対して、学びは必要だけど、急ぎではない事に的を絞ることで、確かな知識になります。学んだ知識は、時期が来ればアウトプットすることで、更に理解が深まります。

 

学びの考え方は「必要だけど急ぎじゃないこと」を学ぶと実践しやすくなるのでお勧めしておきますね。

 

 

 

人間は忘れる生き物

人間は時間の経過とともに、覚えたことを忘れる習性があります。ヘルマン・エビングハウス氏も法則があるように、1時間で覚えたことの56%を忘れます。1日後には74%を忘れると言われています。

 

この事を伝えると・・・「学んでも意味ないじゃん」・「無駄になるんじゃないの?」の様な声が聞えてきそうですね。でも、気にしなくて大丈夫です。

 

人間は忘れる生き物なので、繰り返し学べばイイのです。2回目に学ぶ時には、初回よりも短時間で学べます。更に、初回に学んだ時とは違った気づきもあります。なので、1度学んで終わりではなく、繰り返し学ぶスタイルを身につけていきましょう。

 

 

 

今回のまとめ

今回は、”「インプット」と「学び」は分けて考えよう” をテーマに解説しました。インプットと学びの違いと効果的な使い方もお伝えしました。いかがでしたか?

 

インプットの量を増やせと言われるのですが、プラス@で学びを増やすことで、あなたの知識はかなり深まります。更にブログもスラスラ書けるようになるんです。

 

普段お忙しくされているあなたも、どうにか「学び」の時間を作ってみましょう。小さな積み重ねで大きな変化が出てくるのでお勧めしておきますね。

 

 

 

編集後記

記事の中でもお伝えしたのですが、過去の僕は「インプット=学び」と確信していました。最初はスラスラ記事が書けたのですが、途中からブログ更新が難しく感じていたんです。

 

難しく感じた原因は「インプット不足だと思い、慌ててインプットしまくりました。それでも状況の改善が見込めなかったので、原点回帰で初めて買った教材から学び直しました。1度読んでいるので2回目の理解は早かったです。そこから「急ぎじゃないけど必要なコト」に的を絞って学び始めました。

 

この繰り返しで、ブログはスラスラ書けるようになりました。更に、ブログの欠点に気づき事も出来ました。これは意外とラッキーだったのは今でもはっきり覚えています。もし、あなたがブログ運営でお悩みであれば「インプット+学び」のスタイルでブログを見直してください。この作業で「今、何をすればイイのか」が見えてくるのでお勧めしておきますね。

 

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。最後まで読んで頂きありがとうございました。このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 


 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

あなたの応援に感謝します♪

-実践コラム