お願い(オファー)する時には「○○」を同時に伝えると効果的です。

理由なしに何かを頼むと反応は極端に悪くなる。その理由とは?!

 

あなたは誰かにお願いした時に、誰も応えてくれない・・・と、悩んだことはありませんか?お願いの程度にもよるのかもしれないのですが、たくさんの人が同様の悩みを抱えた事があると思います。

 

この記事では、あなたの言葉に相手からの反応を高める方法とコツを解説します。あなたがこの記事を読む事で、相手から断られにくくなる為のヒントを得ることが出来ます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

誰も応えてくれない原因とは

あなたが、何かをお願いしたにも関わらず、相手は全く応えてくれなかったり、動いてくれなかったことには理由があります。理由とは次の通りです。

 

・いきなり言われても・・・

・そもそものお願いが無謀すぎる

・何で俺(私)なの?!お願いされる理由が分からない

 

広告

相手からの反応が悪くなるのには、上記の3点が原因だと考えられます。次項で、それぞれの原因について解説します。

 

 

 

いきなり言われても

いきなり言われると・・・どうしたらいいのか分からなくなる時があります。あなたが忙しい時に、いきなりお願いをされたら、どんな気持ちになりますか?

 

今は忙しいから、構ってらんねぇ・・・ってなりますよね(汗)誰しも、今の動きを止めてまで、あなたのお願いを聞いてくれる人はどこにもいません。

 

ここでのコツは、相手のタイミングに考慮する必要があると認識しておいてください。

 

 

 

そもそものお願いが謀すぎる

相手が出来る範囲のお願いになっていない事も考えられますよね(汗)

 

余りにも現実離れしたお願いをすると「エッ?!そんな事、俺(私)には出来っこねェよ!!」と、あからさまに断られます。

 

お願いする時には、相手が出来る範囲のお願いをするようにするのがコツですね。そこから、少しずつレベルを上げていくと、相手は動きやすくなります。

 

 

 

何で俺(私)なの?!お願いされる理由が分からない

あなたにも経験があると思います。他にも出来そうな人がいるのに、何で自分なんだろう・・・そう、感じたことはありませんか?

 

基本的に人間は楽がしたい生き物なので、他にお願い出来る人がいるのなら、他の人に頼んで欲しいと思っています。誰でも、面倒くさく感じたお願いだったらスルーしたくもなりますよね。

 

 

 

広告

人は理由を欲しがっている

人は何かを始める時や、何かをする時には大なり小なりの理由を求めています。理由を求める気持ちもよく分かります。

 

前項でも少し触れたのですが、面倒くさいことは避けたいですし、まだ慣れていないことを任されて失敗なんてしたくないからです。その様なリスクにもつながりそうな事は出来るだけ避けて通りたいと、言うのが本音ですよね。

 

ですが、どの様な状態の人でも、お願いすることは簡単です。次項で、実際にお願いする方法を解説します。

 

 

明確な理由と一緒に伝える

あなたが、誰かにお願いをする時に、お願いする内容と、お願いする理由を一緒に伝えてみましょう。今までだったら、誰からの反応も無かったり、悪く言われることがあったと思います。

 

ですが、理由を一緒に伝えることで、相手からの反応がしっかり返ってくるようになります。その中には、快く引き受けてくれる人も出てくるでしょう。

 

お願いする時には「今の私は○○(○○は理由になります。)なので、お願い出来ませんか?」たったのこれだけで、相手からの反応が取れるようになりました。

 

 

 

ビジネスでもこのやり方は有効です

このページをご覧のあなたは、何かしらのビジネスをされている人もしくは、これから新たなビジネスを始めようとしている人だと思います。

 

そんな人でも、前項の様なお願いする方法は、かなり有効です。ビジネスシーンでは、意外と強力な武器になることだってあります。

 

ビジネスで使う場合のお願いは「なぜ、あなたの提案を受け入れるのか?」を明確に伝えることで、相手が動いてくれるようになります。この部分も様々な伝え方があるので、あなたのターゲットの悩みや問題解決につながる理由を伝えてみてください。

 

例えばこんな感じです。

 

今すぐ美味しい料理が作れるようになりたければ、今すぐ○○を手に入れてください。と、言うのも、○○には料理で使える様々なテクニックやコツが載っているからです。しかも、料理初心者でも使えるテクニックやコツがメインなので、今のあなたに最適です。
こんな感じだったらいかがでしょう?単純に「美味しい料理がつくりたいのであれば○○がお勧めですよ」と、伝えるよりも信憑性は全く違ってきますよね。例文で提案された方が欲しいと思いませんか?
他にも何かの行動をして欲しいのであれば、こんな伝え方もあります。
あなたが、○○になりたいと本気で考えているのなら、今すぐこちらの講座に参加してください。参加費は無料ですし、今だったら参加者特典も無料でもらえます。
講座が不要だと感じたら、簡単に解除できます。あなたがリスクを感じることは一切ありません。安心して参加してくださいね。
こちらも、先ほどと同じ感じですね。普通に「○○になりたいのであれば、この講座がお勧めですよ」と伝えられた時と比べたら、その差は歴然ですよね。

理由付けはどんな場面でも有効に使える

前項では何かを買ってもらったり、何かへの参加を求める内容でお伝えしました。理由をつけることで、武器になる場面は他にもあります。

 

あなたが普段から発信している情報も同じです。「何で、この情報が必要なのか?」・「何で、この人に(ターゲット)に伝える必要があるのかを、常に明確にすることで、相手はそのまま、あなたの書いた文章を読み続けてくれます。

 

最後に、相手に行動をお願いして、実際に動いてもらうことで、あなたの文章の役目は完了となるのです。使う場面はまだまだありそうなので、色々探してみてくださいね。

 

 

今回のまとめ

今回は「お願い(オファー)する時には「理由」を同時に伝えると効果的です。」をテーマに解説してみました。例文も併せてお伝えしました。いかがでしたか?

 

一言、理由を付け加えることで、相手が動き始めるきっかけに繋がります。理由なしのお願いと比べると天と地くらいの開きが出てきます。

 

ビジネスシからプライベートまで、幅広く使えるテクニックなので、早速今日から、理由をつけてお願いしてみましょう。きっと、今までの反応との違いに驚きますよ。是非、試してくださいね。

 

 

編集後記

実際に、理由をつけることで、お願いするハードルの高さは、かなり下がりました。理由があるから、伝える側にも、自信が乗り移っているのだと思います。

 

あなたの得意な分野だったら、より効果的に伝えることが出来ます。ターゲットの悩みや問題解決につながる提案を理由と一緒に考えてみましょう。あなたの信用も格段に上がりますよ。早速、今日から始めてくださいね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

  1. takafumi より:

    おはようございます。
    明確な理由を伝えてオファーをするのは使えそうだと思いました。
    普段の生活でお願いする場合とやはり同じなのですね。ありがとうございます。

    • satoshi より:

      takafumiさま

      いつもコメント頂きありがとうございます。

      理由付けはどんな場面でも使えるスキルなので、
      この機会に身に付けてしまいましょう。

      おっしゃる通り、普段の生活やリアルなビジネスでも使えるので、
      セールスライティングのスキルはある意味無敵なスキルですよね(笑)

      併せて学んでみてくださいね。

      • スイペン より:

        明確な理由付けはビジネス以外にもたくさん使えそうですね。
        貴重な情報をありがとうございました。

        • satoshi より:

          スイペン様

          いつもコメント頂きありがとうございます。

          明確な理由付けはどんな場面でも強力な武器になります。
          日常生活でも使えるので、色々試してくださいね。

          もちろん、ビジネスでも文章が強くなるので積極的に使っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました