「恐怖」と「喜び」を使って行動を促す文章を書く具体的な方法

広告

100年以上前から使われている「伝え方」・・・

今でも最強の武器なのです。実はある法則に凄く似ているんです。

 

100年以上前の時代から、今も使われている行動「を促す文章の書き方を知りたくないですか?

 

・100年以上前の時代って・・・何だか難しそう(汗)

・使い古されて今では使えないんじゃないの?!

 

こんな感じの声が聞こえてきそうですね。実は、今の時代では、古代ギリシャ時代の伝え方は1つのライティングの「型」として、文章を書く人に使われ続けているのです。

 

この記事では「恐怖」と「喜び」を使って、ターゲットに行動を促す文章の書き方について解説します。あなたが、この記事を読むことで、ターゲットに行動を促す文章が簡単に書けるようになります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

多くの人は行動を促すのが苦手

もしかすると、このページをご覧のあなたも少しドキッとしたかもしれませんね。

 

・文章はそれなりに書けるようになったけど・・・どうしても最後のお願いが出来ない。

・最後のお願いが中途半端であやふやになってしまう

・後で何か言われたらどうしよう

上記の3つのポイント・・・あなたも思い当たる節があるかもしれませんね。上記の3つのポイントは日本人の特徴かもしれません。

 

と、言うのも日本人は人に何かを勧めるのが苦手なのです。

 

・何かを勧めて嫌われたらどうしよう

・何かを勧めて迷惑をかけたらどうしよう

・何かを勧めることで、変な噂をされたらどうしよう

 

恐らく、頭の中では上記のような思いがグルグルと駆け巡っているのかもしれませんね。その気持ち、私はよく分かります。

 

ですが、その悩みや心配は今日で終わりにしましょう。次項で、あなたの悩みの「行動を促す文章を書く方法」についてじっくり解説しますね。

 

文章で人を動かす2つのキーワードとは?!
今回は「文章で人を動かす2つのキーワードとは?!」について解説します。2つのキーワードとは「恐怖」と「喜び」です。このキーワードを使い分けることで、ターゲット(読者・お客さま・見込み客など)に、効果的に行動を促す文章が書けるようになります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

書く方法はたったの4つのステップです

ここでお伝えする「4つのステップ」は文章の型に近い書き方です。(型の正式名称があるのかどうかわからないのですが・・・汗) 4つのステップは次の通りです。

 

1.注目を集めるために、衝撃的な内容を伝える

2.ターゲットが抱えている悩みが解決できると約束する

3.その悩みを解決する具体的な方法を伝える

4.解決に向けた行動のメリットを伝える

 

上記の4つのステップを順番に書くことで、ターゲットにしっかり伝わり、行動が促すことが自然にできるのです。では、次項で、4つのステップについてもっと掘り下げて解説します。

 

 

注目を集めるために、衝撃的な内容を伝える

注意を惹くための文章ですね。

知っていますか?文章の「○○」を使って、読者に自然な形で行動を促せる簡単な書き方があるんです。

 

上記のような文章だと、続きがきになりませんか?ここでの役割は問題提起ですね。ターゲットが抱えている悩みや問題に近づいて書くことがポイントです。

 

上記の文章を読んでくれたターゲット(読者・お客さま・見込み客など)は、この記事にはどんなことが書いているんだろう・・・と、続きが気になってきます。

 

 

ターゲットが抱えている悩みが解決できると約束する

この段階で、ターゲットに「約束」します。ちょっとイメージしにくいですかね・・・例えば、こんな感じです。

 

文章には「型」と呼ばれる書き方のフォーマットと手順があります。型の通りに書くことで、ターゲットにはしっかり伝わります。更に、ターゲットに取って欲しい行動を促すことが出来るのです。

この段階で、最初に提示した問題を解決する方法を伝えています。ここでの注意ポイントは、この段階でターゲットの悩みの中心に迫ることです。同じ悩みでも、ターゲットによって悩みの中心は変わってきます。あなたのターゲットの気持ちにじっくり向き合ってくださいね。

 

 

その悩みを解決する具体的な方法を伝える

前項で、解決方法につながる「文章の型」について触れました。ですが、これだけでは説明としては不十分ですよね。なので、この項では解決する方法を伝えて「証明」します。例文にするとこんな感じです。

 

文章の書き方の本はたくさん出ています。その中でも、文章を書く初心者に最適な本があるんです。その本には「文章の型」について詳しく書かれています。更に「型に沿った具体的な書き方」が書かれているのです。

 

その本には「ターゲットに行動を促す書き方」についてもかなり詳しく書かれているのです。あなたは、この本を読みながら文章を書き続けることで、相手に伝わって行動を促す文章がスラスラ書けるようになります。

 

更に、この本に載っている書き方は、ビジネスだけの書き方ではありません。プライベートでも充分な威力を発揮しますし、SNSの世界でも通用する書き方ができるのです。

 

実はこの本・・・通常の本屋さんでは購入できません。ですが、 コチラ から30日間の返金保証付で購入することが出来ます。しかも、いまなら衝撃価格の550円です。(送料込無料)

 

たったの550円で、試せるのに魅力を感じませんか? あなたが「相手にしっかり伝わる文章が書きたい」・「相手に行動を促す文章をスラスラ書きたい」と、本気で考えているのであればこの機会に手に入れてくださいね。

 

上記の書き方でターゲットの悩みの核心に迫ります。ターゲットのリサーチを徹底することで、確実に悩みの核心にたどり着けます。この機会に、ターゲットと、じっくり向き合ってくださいね。

 

 

解決に向けた行動のメリットを伝える

前項までに、ターゲットが悩みを解決する方法を具体的に伝えてきました。この項では、解決に向けた行動をすることで得られるメリットについて伝えていきます。行動を後押しする感覚で伝えます。

 

例文だとこんな感じです。

 

あなたが本を手に入れることで、相手に伝わる文章がスラスラ書けるようになります。更に、あなたが願う行動を促す文章もスラスラ書けるようになるのです。

 

これからの時代のコミュニケーションは文字や文章でのやり取りが主流となってきます。これからのj代を生き抜くためにも、文章の書き方は学ぶべきなんです。

 

ビジネスや通常のコミュニケーションも文章次第で、あなたの評価が格段にあがります。更に、文章が上手く書けると、意中の異性にも抜群のアピールすることだってできます。SNSでも、ちょっとした注目の的になれるかもしれません。

 

あなたが、文章での伝え方を本気で学びたいのであれば、550円で自己投資してください。返金保証もあるので、あなたは損することはありません。実はこの本・・・定価は3980円なのです。550円で手に入る期間はいつまでなのかは、分かりません。

 

最安値で手に入る今の内に手に入れてくださいね。

 

ここでのポイントは「具体的にして欲しい事を書く」です。ここで、あやふやな文章を書いてしまうと、ここまでに文章がどれだけ素晴らしかったとしても、全てが無駄になってしまいます。なので、最後はしっかり行動を促してくださいね。

 

 

この法則・・・○○の法則に似てるんです

上記のステップで1つの文章が書けることが分かって頂けたかと思います。実は、上記の手順・・・コピーライティングの型の「AIDMAの法則」に凄く似ているんです。

 

AIDMAの法則~お客様の行動心理に沿った文章が書ける法則です~
今回は「AIDMAの法則」について書いてみます。この法則はお客様の行動心理が分かる法則です。お客様に行動を促す具体的な流れになります。この記事では「AIDMAの法則」の詳しい解説と、実際に使う時のコツを1つの記事にまとめてみました。あなたも是非、この機会にお客様の行動心理に沿った文章の書き方を身につけてくださいね。

 

A:Attention = 注意を惹く

I:Interest = 興味をもつ

D:Desire = 欲求

M:Motive = 動機・きっかけ

A:Action = 行動

 

AIDMAの法則は上記の流れで文章が書けます。今回お伝えした書き方は、AIDMAの法則をシンプル化した書き方です。個人差はあるかもしれないのですが、AIDMAの法則よりも、かなり書きやすいと思います。

 

書き方はあなた次第なので、両方の書き方を試して比べてみてくださいね。実際に試して、あなたが書きやすい方法を使ってみましょう。

 

文章の「型」に正解や間違いはありません。ターゲットに伝わりやすい書き方をこの機会に学んでみてください。タイミングはしつこいようですが、早ければ早いほど有利になるおでお勧めしておきますね。

 

 

今回のまとめ

今回は【「恐怖」と「喜び」を使って行動を促す文章を書く具体的な方法】について解説しました。書く順番もそれぞれ詳しく解説してみました。いかがでしたか?

 

この書き方が使えるようになると、あなたはスムーズにお願いや頼み事など、様々な行動を促すことが出来るようになります。インターネットの世界では、上手い文章は要りません。その代わり、伝える内容と順番が重要になってきます。

 

今の時代は文章を学ぶ機会はたくさんあるので、まずは今回お伝えした方法を試してくださいね。少しでも可能性が見いだせたら、本気で文章を学んでいきましょう。

 

 

 

編集後記

私がアフィリエイト再チャレンジしたばかりの事頃、相手に行動を促すことが出来ませんでした(笑) かとうじて書けたのは「よかったら~」や「できたら~」位の全く届かない位薄い書き方しかできませんでした。

 

ですが、色んな本を読みながら実際に書きまくった事で、今では少しずつ進歩しているのは実感できるようになりました。文章に関しては好きで書いているので、引き続き猛特訓のスタイルで学んで書き続けます。

 

あなたも一緒に文章・ライティングの勉強を始めてみませんか?これからの時代では絶対に役立つスキルなのでお勧めしておきますね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました