コピーライティング

ターゲットの問題解決につなげるコピーライティングの3Pとは?!

ライターのミッションは悩み・問題の解決だ。

悩み・問題解決につながる公式があるのはご存知ですか?!

 

あなたの取り扱う商品・サービス・情報でターゲット(お客さま・見込み客など)の悩みや問題を解決する方法について考える必要があります。

 

ですが、いざ考えるとなると、何から考えたらいいのか分からないですよね。でも、安心してください。この記事では、あなたのターゲットが抱えている悩み・問題について考える公式について解説してみます。

 

あなたが、この記事を読むことで、あなたのターゲットが抱える悩みが鮮明に分かります。是非、最後まで読んでみてくださいね。

 

 

ターゲットの悩み・問題が分からなければ・・・

あなたは、ターゲットが抱えている悩みや問題が分からないのに、伝わるコピーが書けますか?!この質問をした時に返ってくる答えは「No」が多いです。

 

頭では分かっていても、実際にコピーを書くと何を書いたらいいのか分からないもしくは、知っていることの全てを書こうとしたりします。何も書けないよりは、知っていることの全てを書いた方が良さそうな感じがするのですが、そのスタイルだと、ターゲットには伝わらないのです。

 

むしろ、知っていることの全てを伝えることで、相手次第ですが、スパムと判断される恐れもあるのです。こちらは、良かれとの想いで届けたことで、迷惑がられてしまう可能性があります。(流石にツライですよね・汗)

 

でも、このページをご覧のあなたは大丈夫です。今回は、あなたのターゲットの悩みや問題を探る方法を、お伝えします。その方法とは、コピーライティングの公式みたいなモノです。次項でじっくり解説しますね。

 

 

ターゲットの問題解決につなげるコピーライティングの3P

コピーライティング用語に「3P」があります。この3Pとは次の通りです。

 

・Pain:悩み

・Problem:問題

・Predicament:苦境

 

この3つの言葉が、ターゲットの問題解決につなげるコピーライティングの3Pです。次項でそれぞれの「P」について解説します。

 

 

Pain:悩み

あなたのターゲット(お客さま・見込み客・読者など)は様々な悩みを抱えて、あなたのブログを見にきてくれています。悩みの種類も様々です。

 

ここでの作業は、ターゲットが抱えているであろう悩みを全て書き出してみましょう。深く考える必要は全くないので、どんどん書き出してくださいね。と、言うのも、深く考えると、先入観が邪魔しにくるんです。

 

あなたにも経験があると思うのですが、先入観に縛られて上手くいかなかった場面って、意外と多くないですか?先入観は潜在意識にも影響を与えるので、この機会に先入観の排除をしてしまいましょう。

 

 

 

Problem:問題

先ほどの「悩み」と同じく、抱えている問題も実に様々です。同じ悩みでも、抱えている問題が違っていることも珍しくありません。

 

こちらも、前項と同じで、先入観は一切排除して、思いつくまま書き出してみましょう。たくさん書き出すほど、あなたはコピーでアプローチする戦略が増えます。まだ、書き出しの段階なので、思いついたことは、全てさらけ出してくださいね。

 

ここでのコツは、問題と感じた理由や経緯を想定することです。問題も悩みも感じた理由や経緯があります。同じ悩み・問題だったとしても、理由や経緯が違うと、別の種類になるので注意していきましょう。

 

 

 

Predicament:苦境

この項目えは、ターゲット(お客さま・見込み客・読者など)が抱えている悩みや問題で、今どんな状態なのかを探っていきます。今の状態が想定できると、アプローチは変わってきますし、伝える内容にも違いが出ることもあるからです。ターゲットの今の状況を知ることで、しっかりと気持ちに寄り添うことができるのです。

 

 

問題解決につなげるコピーライティングの3Pは常に最優先で考える

コピーライティングの3Pは、常に最優先で考えることが重要です。あなたが、ターゲットの抱えている悩みや問題を1つ解決しただけで、全てが解決する訳ではありません。

 

常に、ターゲットが抱えている悩みや問題に気を配ることで、様々なアプローチが出来るようになります。この繰り返しで、あなたの商品やサービスは売りやすくなります。更に、別の商品や関連商品なども売ることが出来るんです。あなたのビジネスを秘薬させる大チャンスへとつながります。

 

 

 

戦略を練るためのブログ設計図

今回伝えした「コピーライティングの3P」はブログ設計図の中のパーツです。その一番最初の作業になります。ブログ設計図を作っておくことで、記事のバリエーションが増やせます。

 

同じ商品・サービス・情報を伝える時でも、切り口を変えることで、より深く理解してもらえます。あなたの想いをしっかり伝える為にも、ブログ設計図を描いていきましょう。

 

ブログ設計図に関しては、このブログでもシリーズでお伝えしていきますね。先ずは、最初の作業で今回お伝えした「コピーライティングの3P」から取り掛かってくださいね。

 

 

ありがとう

 

 

今回のまとめ

今回は「ターゲットの問題解決につなげるコピーライティングの3Pとは?!」をテーマに解説しました。併せて、これから作るブログ設計図についてもお伝えしました。いかがでしたか?

 

ターゲットのことを理解しないまま、思い付きで記事を増やしても、成果や結果には辿りつきません。あなたがブログでの成果を求めるのであれば、ターゲットの事は最優先で意識しておきましょう。

 

ターゲットの悩みや問題の解決こそが、我々の収入につながります。しかも、お客さまから感謝されながら、収入を増やすことが出来ます。

 

このページをご覧のあなたも早速、今日からコピーライティングの3Pを意識しながら作業を進めてくださいね。

 

 

 

編集後記

今回お伝えした「3P」ですが、過去の私は全くできていませんでした。古くから言うと、営業やってた頃から出来ていなかったとる痛感したのでした。

 

今はブログを始めてから、試行錯誤しながら進めているのですが、ターゲットを最優先で考えるようになってから、PV数も少しずつ増えてきました。

 

これだけがPVが増えた要因と、断言するつもりはありませんが、これからもターゲットのことは最優先で意識しながら作業を進めていきます。あなたもこの機会に再度、ターゲットのことをじっくり考えてみてくださいね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
あなたの応援に感謝します♪

-コピーライティング

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.