次へ

コピーライティング

コピーライティングとは?!~相手の心を揺さぶる文章のテクニック~

コピーライティングとは、人間心理を深く理解しながら、相手の想いに沿った文章を書くテクニックです。特に使われているシーンはテレビCMですね。他にもあるのですが、テレビCMなら、あなたもイメージしやすいと思います。

 

コピーライティングはセールスをする為のテクニックと思われがちなのですが、あらゆる場面で使える文章術になるんです。

 

この記事では、コピーライティングについての解説と、あなたがスキルを習得する方法やコツについて解説します。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

コピーライティングとは

 

あなたが書いた文章を最後まで読んでもらう為のテクニックです。更に「読んでくれた人の心理を深く理解して、文章で相手に想いを伝えること」なります。他にも、何かをお願いする時も、最初にあなたの想いを伝えることで、あなたの想いを伝えやすくする文章を書くことです。

 

コピーライティングのスキルを使う前に、相手(読者・お客さま・見込み客など)の心理を理解しています。相手の気持ちに寄り添いながら文章を書いているので、コピーライティングのスキルを使った文章を読んだ読者は、自然と行動を開始しています。読者に自然な流れで行動を促すテクニックなのです。

 

 

 

コピーライティングの基本原則は人間心理を理解すること

コピーライティングの基本原則は人間心理を理解することです。人間の心理を知るには「ターゲット(あなたが伝えたい人)を知ること」です。伝えたい相手のことを知ることで、その人の心理状態が見えてきます。

 

あなたが伝えたい相手のことが分かってくれば、コピーライティングのテンプレートに当てはめて文章を書くだけで、1つの文章が完成します。

 

ここでのポイントは、読者が気になる言葉やフレーズを使うことです。読者が気にならない言葉を使っても、何も起こりません。と、言うことは読者は行動することはありません。

 

でも、安心してください。人間心理を理解することで、相手に行動を促すことが出来るので、あなたの言葉で色々試してくださいね。

 

 

 

コピーライティングを始めるまでの準備

コピーライティングもいきなり書けと言われても恐らく何も書けません。と、言うのも書く為の準備が必要だからです。この項では、コピーライティングを始めるまでに必要な準備について解説します。始める前の準備は次の通りです。

 

  • 伝えたい相手の事を知る
  • 伝える内容を知る
  • どの様に伝えるかを考える

 

上記の3つですね。この3つをじっくり調べると、伝えるべき文章や言葉が見えて来ます。では、次項でそれぞれの項目について詳しく解説しますね。

 

 

 

伝えたい相手のことを知る

伝えたい相手とは「ターゲット」です。この段階よりももっと深く理解する為に、特定の個人を想定してください。ターゲットの絞り方~3つの分野で徹底的に絞る方法~ の記事にターゲットを知る時の項目についてまとめてみました。是非、参考にしてくださいね。

 

 

 

 

伝える内容を知る

伝える内容とは、何かを売りたいのであれば、商品に関して知ることです。商品のことをしらないまま伝えても、全く伝わりません。商品以外でもサービスや情報も同じですね。伝える内容に関しては、相手の先生になれる位の知識を得ておいてくださいね。

 

 

 

どの様に伝えるかを考える

伝え方には、コレが正解ですと言うことはありません。あなたが届けたい人に併せた伝え方を考えてみましょう。この時に気をつけて欲しいのは、高圧的にならないこと。高圧的な態度を取ってしまうと、読者は不安な気持ちになります。

 

不安な気持ちのまま伝えても、上手く伝わりませんし、行動なんでしてもらえません。あなたならではの伝え方を意識してくださいね。

 

 

 

コピーライティングはテンプレート(型)で書くと効果的

 

コピーライティングには「型」と呼ばれるテンプレートがあります。型も複数あるのですが、どの型も相手に伝わりやすいテンプレートになっています。

 

今さら型かよ・・・って思ったかもしれませんね。でも、安心してください。型は、有名なコピーライターが考えられた、最終的に行動を促すまでを一つの記事で書ける型になっています。

 

新PASONAの法則は売れる文章の型。行動心理に寄り添った文章が書けます の記事で

 

 

 

 

型に当てはめると文章が変わる

最初は難しく感じるかもしれません。でも、型に当てはめた文章を書き続けることで、驚くほどスラスラ文章が書けるようになります。

 

慣れるためのコツは「書き続けること」です。正しい書き方とライティングの型を使う事で、あなたの文章も激変します。早速、今日から試してくださいね。

 

 

 

 

コピーライティングの学習方法

 

コピーライティングの学習方法はたくさんあります。例えばこんな感じです。

 

  • 専門書を読む
  • 専門の教材から学ぶ

 

今ではたくさんの教材も出ているので、学べる環境でこまることは無さそうです。もし、あなたが本気でコピーライティングを学びたいのであれば、本を手に入れてください。初心者向け】コピーライティングにチャレンジする人に読んで欲しい3冊の本 のページに3冊の本について書いてみました。本を選ぶ時の参考にしてくださいね。

 

 

 

 

コピーライティングは独学で学べる

今の時代、たくさんの本が出版されています。教材でも見受けられました。学べる環境は確実に増えています。

 

ライティング塾や個別指導で教わる方法もあるのですが、コピーライティングは「教わる+実際に文章を書く」と言う作業があります。こればかりは、教わってすぐに書ける訳ではありません。

 

最初は本を手に入れて独学で学ぶことをお勧めしておきますね。

 

 

 

今回のまとめ

今回は「コピーライティングとは?!~相手の心を揺さぶる文章のテクニック~」をテーマに解説しました。併せて、書き方と文章の型についてもお伝えしました。いかがでしたか?

 

コピーライティングのスキルを身につけたいのであれば、まずは徹底的にリサーチすることです。相手のこと・商品やサービスのこと・市場のことは他のライバルよりも知っておく必要があります。

 

リサーチも書き方も法則があるので、まずは法則から学んでみてください。そこから専門の本を読むとグッ学びが深くなるのでお勧めしておきますね。

 

 

 

編集後記

僕は以前、師匠の言葉に憧れを抱いてコピーライティングに興味を持ちました。その時の言葉は「コピーライティングは、読者との信頼関係を築くためのスキル」・・・この言葉を聞いてから、がっつりハマりました(笑)

 

なかなか上手く書けなくて、ライティングに関連する本や教材を読み漁ったのは今でもはっきり覚えています。そのお陰で、今は少しずつですが、コピーライティングのスキルを使った文章が書けるようになりました。

 

まだまだ修行中の身なので、これからも記事を書きながら練習していきます。このページをご覧のあなたも早速、今日からコピーライティングを学んでみてくださいね。

 

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。最後まで読んで頂きありがとうございました。このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

あなたの応援に感謝します♪

-コピーライティング