コピーライティング

全ての文章はコピーライティングのスキルがあれば書けます

ネットの世界で使う文章はコピーライティングのスキルが通用します。その理由は、あなたが書いた文章は、誰かに伝える為に書くからです。

 

誰かに伝える書き方・・・100年以上前から、超有名なコピーライターが様々な書き方を残してくれています。コピーライターが残してくれた書き方を、上手く使えている人って・・・殆どいないのではないでしょうか?

 

チャコちゃん
いやいや・・・そんな事言ってるけど、誰でも彼でも売りにいくモンじゃないと思うんだけど・・・
なるほど。コピーライティングのスキルってそんなイメージなんだね。
satoshi
チャコちゃん
むむッ?!他にもあんのかよ・・・
誰に何を伝えるのか?この部分は、どんな文章でも必要なのは分かるよね?
satoshi
チャコちゃん
うん・・・多分・・・
じゃあ、復習を兼ねて伝わる文章を書く時のコツを教えるね♪
satoshi
チャコちゃん
うぃ・・・

 

この記事では、伝わる文章を書く時のコツについて解説します。あなたが、この記事を読むことで、伝わる文章が書けるようになります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

あなたは誰に向けて文章を書いていますか?

自分の書いた文章に反応がない・・・この悩みは、ブログを始めたばかりの人は必ず感じる部分ですね。誰もが通る道だったりします。

 

この時に、確認したい部分は「誰に向けて書いているのか?」を見直してください。あなたのターゲットにぴったりマッチしているでしょうか?

 

ブログの反応が気になる人の多くは「ターゲット」がブレている可能性が凄く高いです。他^ゲットは選定できているけど、ターゲットに向けたメッセージになっていないかもしれません。

 

この部分が明確になってから文章を書くようにしてくださいね。あなたのターゲットが明確になったと言う前提で話を進めます。

 

 

 

伝わる文章を書く12のコツ

 

 

伝わる文章を書くためのコツは12個あります。12個とは次の通りです。

 

伝わる文章を書く12ポイント

・読者主導で書くこと

・伝えるメリットを整理する

・短い段落で区切る

・短い文章で書く

・シンプルで簡単な言葉遣い

・専門用語はできるだけ使わない

・簡潔にまとめる

・具体的に伝える

・すぐ、本文に入ること

・フレンドリーな口調で書く

・写真や図形を使う

・箇条書きを使う

 

上記の12のポイントですが、私が参考にさせてもらったのは1冊の本からでした。若干、言葉は変えています。参考にした本は ウェブセールスライティング習得ハンドブック です。

 

コピーライティングの本なのですが、文章を書く時のコツが書かれています。じっくり読んでみると・・・セールスのノウハウだけではない事が分かって頂けたかと思います。

 

 

では、次項でそれぞれのポイントについて詳しく解説していきますね。

 

 

 

読者主導で書くこと

伝わる文章と、伝わらない文章の違いは、読者主導で書かれているかどうかで、大きく変わってきます。伝わらない文章の特徴は「書き手主導」になっていることが多いです。

 

具体的に言うとこんな感じです。

 

書き手主導:僕がコピーライティングのスキルが必要だと感じたのは○○からでした

読者主導:あなたが真っ先に身につけるスキルはコピーライティングです。

 

あなたにとって「コピーライティングのスキル」がどんなモノなのかを伝えると、効果的ですね。

 

上記の違い・・・分かっていただけましたかね。。。書き手主導の場合、殆どの読者は興味を示さないもしくは、自分事として捉えてくれません。

 

対して読者主導で書くと、「あなた」から始まるので、読んでいる側も「ん?何だろう」と、言う気持ちになります。最初の興味・関心が惹けるのです。

 

あなたが文章をかく時に「読者主導」になっているかどうか毎回チェックしてくださいね。

 

 

 

伝えるメリットを整理する

あなたが、商品やサービス・その他様々な情報を伝えるからには、読者にとってメリットがあるからですよね?ですが、メリットをダラダラ並べただけでは、読者は反応してくれません。

 

そこで、必要なことは「伝えるメリットの整理」です。あなたが伝えたい人(ターゲット・お客さま・見込み客など)に必要なメリットを選んでください。

 

メリットの項目は減るかもしれませんが、心配しなくて大丈夫です。あなたが届けたい人の興味や関心を惹くためには、絞った方が効果的だからです。

 

伝え方も1つだけではないので、バリエーションを考えて選んでくださいね。

 

 

 

 

短い段落で区切る

ブログ初心者によく見られる部分が「段落の長さ」ですね。文章を書き始めたばかりの頃は、文字数が書きたいせいか、1つの段落でたくさんの文章を書こうとします。

 

その結果、文字数たくさんの文章にはなるのですが、読み手側で考えると「読みにくい」・「読んでいて疲れる」など、読者にストレスを与えてしまいます。

 

ストレスを感じた読者は・・・あなたのページを途中で去ってしまいます。読者にストレスを与えない為にも、段落は短くすることを意識してくださいね。

 

 

 

短い文章で書く

こちらも前項と少し被るのですが、文章を書き始めたばかりの頃は、1文が長くなる傾向があります。詳しく説明しようとすると、余計に長くなってしまった・・・もしかすると、あなたも経験があるかもしれませんね。

 

1文が長いと、読者も読み疲れから、飽きてしまいます。そうなってしまうと・・・読者はあなたにページから去ってしまうので1文の長さにも気をつけたい所ですね。

 

 

 

シンプルで簡単な言葉遣い

伝わる文章が書ける人は「簡単な言葉」をたくさん使っています。伝え方も本当にシンプルなんです。対して、文章を書き始めたばかりの初心者は、どうしても難しい言葉を選んでしまう傾向があります。

 

時には、難しい言葉や言い回しが必要なのかもしれません。ですが、ブログでの情報発信する場合、簡単な言葉・シンプルな言い回しが出来れば大丈夫です。

 

最初は中々、イメージしにくいですよね。なので、あなたが読みやすいと感じた言葉や言い回しをメモに残しておきましょう。メモに残すことで、あなたの文章でも使えるようになるので是非、試してくださいね。

 

 

 

 

専門用語はできるだけ使わない

こちらも前項と被るのですが、専門用語を使うと、読者は戸惑いを感じます。なので、できるだけ専門用語は避ける様にしてください。

 

専門用語を他の分かりやすい言葉に置き換えると効果的ですね。どうしても専門用語を使わないといけない場面であれば、注釈などで補足説明を入れておくと読者は安心できます。

 

読者への配慮は常に意識しておいてくださいね。

 

 

 

 

簡潔にまとめる

 

 

まとめ方もかなり重要ですね。専門用語や独特な表現でまとめられても、読者は戸惑いを感じます。場合によってはストレスを与えてしまうかもしれません。

 

まとめは文章の最後に書くことが多いんで、分かりやすく伝える工夫をしていきましょう。こちらも最初は上手くかけません。日々のセールスや情報発信の中でコツコツ練習してくださいね。

 

 

 

 

具体的に伝える

この部分は意外と出来ていない人が多く感じます。と、言うのも過去の私は一番抜けていたので、具体的に伝えることの大切さは分かりました。

 

読者は、あなたのページに来て情報を入手しています。読者が知りたい事を具体的に伝える必要がありますよね。具体的に分かりやすく伝えることができれば、読者は満足してくれます。

 

反対に、あなたの解説が不十分だったら・・・他のページにその情報を探しにいきますよね。出来る限り、あなたのページで読者の用事が完結できるようにしてあげてくださいね。

 

 

 

 

すぐ、本文に入ること

こちらも時々みかけるパターンです。冒頭文が長すぎて、中々本文が始まらない・・・あなたも経験したことはありませんか?

 

基本的に、何かの情報を求めている人は「時間がない人」です。あなたのページに来てくれた人にストレスを感じさせない為にも、すぐ本文に入りましょう。

 

 

 

フレンドリーな口調で書く

人に何かを伝えようとする時、どうしても堅苦しい表現や言い回しになってしまいます。固く宇しい表現や言い回しを否定するつもりはありません。

 

ですが、あなたが読者との距離を縮めたいのであれば、友達と話ししているような「フレンドリーな口調・言い回し」を意識してくださいね。

 

文章の中にフレンドリーな口調や言い回しができると、ブログ更新が楽しくなります。是非、試してくださいね。

 

 

 

 

写真や図形を使う

こちらも読者の目の疲れの緩和と、読み疲れの緩和になります。記事に必要なデーターや図形を使うことで、伝わりやすさは大きく変わります。あなたの記事の内容に合った画像・写真を使いましょう。

 

因みに、画像を設置する場所ですが、h2タグの下に入れるとSEOの効果も期待できるそうです。あなたの記事でも有効活用してくださいね。

 

因みに画像の大きさですが、Googleが推奨している大きさがあります。その大きさは幅1200px以上だそうです。頭の片隅にでも入れておいてくださいね。

 

 

 

 

箇条書きを使う

箇条書きを使うことで、読者に何が書いてあるのかを分かりやすく伝える効果があります。最初に箇条書きでリスト化することで、読者の興味や関心が惹けるので効果的ですね。

 

因みに、私は別の用途で箇条書きを使っています。別の用途とは、ブログを書く前に、箇条書きで内容を書いています。

 

先に内容を書いておくことで、実際に文章を書く時はスラスラ書けるんです。この使い方だと、まだ文章に慣れていない初心者でも、文章が書きやすくなるのでお勧めしておきます。

 

 

 

伝わる文章を書く12のコツが理解できると・・・

 

 

今回お伝えした12のコツが分かると、お客さまの気持ちに寄り添った文章が書けるようになります。コピーライティングの中でも重要なポイントですね。

 

実際に12のコツを読んでみると分かって頂けたかと感じるのですが、セールスだけが目的ではないと言うことに気づきませんか?

 

この考えから、相手(読者・お客さま・見込み客など)にアプローチすることで、相手のきもちに寄り添った文章が書けるようになります。

 

お客さまの気持ちに寄り添った文章を書く方法は書きのページで解説しています。是非、読んでくださいね。

 

 

 

とことん読みやすさにこだわる

読みやすさは上記以外にもたくさんあります。全部取り入れるのは恐らく出来ないので、あなたならではのMy Ruleを作りましょう。

 

下記のページに私のMy Ruleについて書いてみました。良かったら参考にしてくださいね。

 

 

ライティングにルールを設けることで、普段の情報発信にも熱が入ります。あなたのライティングスキルの習熟度にも違いが出てきます。是非、この機会に、ライティングのMy Ruleを考えてみてくださいね。

 

 

 

読者主導で考えるにはターゲットのリサーチが最優先

読者主導は読者のことが分かっている必要があります。あなたの読者=ターゲットであれば、ターゲットのリサーチを徹底しましょう。

 

と、言ってもブログ・ライティング初心者だとイメージしにくいですよね。そこで、法則を使います。ここで使う法則は「BDFの法則」です。

 

ターゲットのリサーチができる法則なので、この機会に使えるようにしておきましょう。BDFの法則については、下記のページで解説しています。是非、読んでみてくださいね。

 

 

ありがとう

 

 

今回のまとめ

 

今回のまとめ

・あなたは誰に向けて文章を書いていますか?

・伝わる文章を書く12のコツ

・伝わる文章を書く12のコツが分かると・・・

・とことん読みやすさにこだわる

・得読者主導で考えるなら「ターゲットのリサーチ」が最優先

 

今回は「伝わる文章はコピーライティングのスキルがあれば書ける」をテーマに解説しました。伝わる文章をかく12のコツも併せてお伝えしました。いかがでしたか?

 

コピーライティングのスキルは、誰かに何かを伝える場面では、あった方がいいスキルです。あなたの本業が営業職や販売職でも。このスキルはかなり役立ちます。

 

この記事では「伝わる文章を書く12のコツ」もお伝えしました。早速、今日から意識して書いてくださいね。

 

 

 

編集後記

今回お伝えした「伝わる文章を書く12のコツ」を学んでから、私の文章は大きく変わりました。学ぶ前までは、読者主導というよりは、私が書ける文章が主体でした。

 

結果、何の成果も結果も出なかったのは今でもはっきり覚えています。きっかけは、たった1冊の本でした。教材や他の本も読んでいたのですが、全く使えなかったんです。

 

そこで読んだ 本 で、私は大きく変わりました。その本で、コピーライティングを一通り学んでから、他の本の内容も理解出来ました。

 

この辺りから、今まで以上にコピーライティングへの興味が深まり、今に至ります。これからも、コピーライティングの知識・ノウハウはどんどん吸収していきます。

 

コピーライティングのスキルはこれからの時代に必要なスキルなのは間違いありません。あなたも、この機会にコピーライティングの勉強を始めてくださいね。

 

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング



あなたの応援に感謝します♪

 

-コピーライティング

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.