ライティングの型

BEAFの法則はコピーライティングのフレームワーク

コピーライティングには文章を劇的に書きやすくするフレームワークがあります。フレームワークとは、文章の「型」になります。

 

コピーライティングには相手に伝わる文章の型があります。その中の1つにBEAFの法則があります。BEAFの法則とは4つの英単語の頭文字で構成されています。

 

この記事では、BEAFの法則についての詳しい解説と、どんな場面で使うべきなのかについてもお伝えします。あなたが、この記事を読むことで、新たな文章の書き方が身につきます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

BEAFの法則

 

BEAFの法則とは、次の4つの英単語で構成されています。

 

BEAFの法則

B: Benefit(ベネフィット)=メリット・将来どうなれるのか?

E : Evidence(エビデンス)=証拠

A : Advantage(アドバンテージ)=ライバルとの違い

F : Feature(フィーチャー)=商品の特徴

 

上記の4つの単語の頭文字から成り立っています。この順番で記事を書くことで、読者が抱えている疑問を解決できる文章が書けます。次項でそれぞれ4つの単語について解説しますね。

 

 

B: Benefit(ベネフィット)=メリット・将来どうなれるのか?

あなたが伝える商品や情報・情報を得ることで、将来なれる姿をイメージしてもらいます。分かりやすく言うと、その商品・サービス・情報を得ることで、どうなれるのか?を伝えます。

 

人はベネフィットを感じると「欲しい」と言う感情が芽生えてきます。メリットと合わせて伝えると効果的ですね。

 

 

E : Evidence(エビデンス)=証拠

このタイミングで相手(読者・お客さま・見込み客など)はそれって本当なの?との疑問を抱きます。なので、このタイミングで証拠を示します。

 

有名人の言葉を借りることで、確固たる証拠になります。他には「お客さまの声」なんかも、相手はイメージしやすくなるのでお勧めです。

 

証拠をつたえると、あなたの体験談だけの文章よりも信用度が高くなるので是非、使ってみてくださいね。

 

 

A : Advantage(アドバンテージ)=ライバルとの違い

更にココで、ライバルの商品やサービス、類似情報との違いを伝えます。ライバルについて伝える理由は、ライバル商品との違いを明確に示すことが出来るからです。

 

一方的に、あなたの商品だけをゴリ押しするよりも、信頼を抱けます。なので、ライバル商品があるにも関わらず隠すことはしない方が得策です。更に、あなたの商品がライバルよりもお得感を出しておきましょう。

 

 

F : Feature(フィーチャー)=商品の特徴

最後に商品・サービス・情報についての詳しい説明をしていきます。この時の注意点は「イイ所ばかり伝えないこと」です。

 

どんな商品にもいい所(メリット)・残念なとこころ(デメリット)があります。メリットだけを伝えている人が多いのですが、相手は「本当にイイことだらけなの?!」と、不安に感じます。

 

なので、メリットを伝えるのであれば、デメリットも伝えてくださいね。両面提示の法則とは?~相手からの信用を得る文章の書き方とコツ~ のページで詳しく解説したので参考にしてくださいね。

 

 

 

 

BEAFの法則はフレームワーク

コピーライティングにはフレームワークと呼ばれる「型」があります。この記事でお伝えした「BEAFの法則」もフレームワークの1つです。

 

ライティングの型を使うことで、過不足なく伝えることが出来ます。あなたが読者にしっかり伝えたいと本気で考えているのであれば、BEAFの法則を使ってくださいね。

 

他のライティングの型と上手く使い分けることで、相手への伝わり方が大きく変わってきます。その為にも是非、BEAFの法則も使ってみてくださいね。

 

 

 

BEAFの法則の練習方法

 

フレームワークは知っているだけでは、成長できません。そこで、重要になってくるのが練習です。最初は書くことが難しく、苦痛に感じるかもしれません。そこで、練習方法を載せておきます。

 

僕がフレームワークの練習として使っているのは次の場面で使っています。

 

・ブログ

・SNS

 

この2つなら、あなたも既に馴染みがあるかもしれませんね。ブログもSNSも情報発信がメインになるので、かなり練習しやすいです。

 

相手に上手く伝われば、読者からの反応が得られます。分かりやすい例で言うと「いいね」ですね。いいねの数が増えたら嬉しくないですか?「いいね」の数だけでは、物足りないかもしれませんが、1つの目安になるので色々、試してくださいね。

 

ブログで言うと「お問い合わせ」や「感想(コメントなど)」が届くようになります。お問い合わせ・感想も1つの目安になるので、参考にしてもいいと思います。

 

ここでの注意点ですが、読者からの反応が無いもしくは、少ないからと言って悩むことはありません。文章は書けば書くほど上手くなります。なので、読者からの反応は気にせずに文章を書きまくってください。

 

この繰り返しで、あなたの文章のスキルは確実に上がります、早速、今日からフレームワークを参考にブログで書く練習を繰り返してくださいね。

 

 

 

 

 

今回のまとめ

今回は「BEAFの法則はコピーライティングのフレームワーク」をテーマに解説しました。併せて書き方のコツもお伝えしました。いかがでしたか?

 

コピーライティングは書くのが難しいと思われがちなのですが、たくさんのフレームワーク(型)があるので、繰り返し書き続けることで確実に、あなたのスキルになります。

 

その為にも早速、今日からライティングを始めてくださいね。

 

 

 

編集後記

僕がライティングに興味をもったきっかけはフレームワークでした。当時はこの言葉を知らなかったのですが、調べていく内にハマっていったのは今でも覚えています。

 

それまで、ライティングに関する本は読んでいたのですが、上手くかけなかったんです。でも。フレームワークを学んだことで、ブログを書くスピードが速くなりました。今でも、フレームワークを使ってブログを書いています。

 

このスタイルは僕がブログを続けている間は、使い続けたいですね。因みに、今回はブログで解説したのですが、あなたの職場でも使えるスキルです。いきなり上手くは書けないので、最初はブログやSNSで練習することをお勧めしておきますね。

 

お互い、これからもコツコツと記事を積み上げていきましょう。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。最後まで読んで頂きありがとうございました。このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

あなたの応援に感謝します♪

 

-ライティングの型

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.