次へ

ダイレクトマーケティング

ダイレクトマーケティングとは

ダイレクトマーケティング・・・あなたは、この言葉を聞いたことはありますか?ダイレクトマーケティングはマーケティングの一部になります。大きな特徴は、あなたとお客さまが直接やり取りするマーケティングになります。

 

通常ですと、ブログや販売元のサイトでお客さまとの話の流れで契約・購入となるのですが、ダイレクトマーケティングは、サイト(ブログを含む)や販売主を通さずにお客さまと契約することで売り上げを上げるやり方になります。

 

この記事ではダイレクトマーケティングのついて詳しく解説します。併せて、ダイレクトマーケティングで使うツールについてもお伝えします。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

ダイレクトマーケティングとは

ダイレクトマーケティングとは、企業がサイトを経由して得た情報を基に直接、売り込みをするマーケティングになります。少し、分かりにくい・・・ですよね。

 

もっと詳しい例を挙げると「メルマガ」だと分かりやすいです。メルマガの募集ページに人を集めて(集客)、メルマガへの登録を促します。その後、登録してくれた読者と直接メールでやり取りしながら、商品やサービスを提案して売り上げを上げて行くマーケティング手法です。

 

通常、ブログからアフィリエイトサイトを経由して、販売ページに伺うスタイルです。このやり方は、あなたも経験していますよね。ダイレクトマーケティングの場合、ブログやサイトを介さず直接、販売ページに誘導する流れになります。

 

 

 

ダイレクトマーケティングのメリット

ダイレクトマーケティングのメリットは次の通りです。

 

ポイント

  • お客さまと直接やり取りできる事
  • お客さまとの信頼関係を築くことが出来る

 

上記の2点はビジネスをやっていく中で、かなり重要なことですね。次項で、それぞれのメリットについて解説します。

 

 

お客さまと直接やり取りができる事

お客さまの連絡先(メールアドレス)を知っているので直接、お客さまとやり取りができます。今までだと、ブログで情報発信をする中で反応を取るしかありませんでした。

 

その手間が無くなれば直接、お客さまと会話ができます。お客さまの悩みやお困りごと江尾聞くことで、新たな提案が出来るようになります。直接、聞き出せるのはかなり大きなメリットですね。

 

 

お客さまとの信頼関係を築くことが出来る

ビジネスの基本はお客さまとの信頼関係があって成り立ちます。ブログだけだと中々、信頼関係を築くのは難しいですよね。でも、メールで直接お話ができるので。悩みやお困りごとを聴きながら、相談に乗ってあげることも出来ます。

 

信頼関係を築くのは、直ぐのすぐにできる事ではないので、じっくり会話を続けていきましょう。地味な作業ですが、確実に信頼関係を築いてくださいね。

 

 

 

ダイレクトマーケティングのデメリット

ダイレクトマーケティングのデメリットは次の通りです。

 

デメリット

  • 相手の連絡先の入手が難しい
  • ビジネスが軌道に乗るまでに時間がかかる

 

実際に僕がチャレンジして感じたのは上記の2点です。次項でそれぞれのデメリットを克服した方法をお伝えしますね。

 

 

相手の連絡先の入手が難しい

ダイレクトマーケティングはお客さまと直接のやり取りをするので、相手のアドレスを入手そなければ始まりません。ブログでメルマガの募集ページを設置したり、特典を配布する代わりにアドレスを登録してもらったり・・・この繰り返しでアドレスを集める必要があります。

 

 

 

ビジネスが軌道に乗るまでに時間がかかる

ビジネスが軌道に乗るまでに時間は掛かります。ココはこらえて乗り切るしかありません。やる事は明確です。ブログに集客して、メルマガのLP(ランディングページ)に誘導していきましょう。

 

他にも、メルマガ登録を条件に、何か特典を準備することでもアドレスを登録してくれる読者もいます。あなたが出来ることを色々試してくださいね。

 

 

アドレス集めで気をつけること

以前は、アドレスを売っている人がいました。(今はいるのかどうか分かりませんが・・・)購入したアドレスを勝手にメルマガに登録するのは絶対にやめてください。そこから何か被害が出ると刑事事件になる可能性もあります。その様な不正は絶対にしないでくださいね。

 

特典を謡ってアドレスを登録するパターンも同じです。もし、あなたが特典でアドレスの登録をお願いするのであれば、確実に特典を届けてあげてくださいね。(このパターンは意外と多いです・汗)

 

 

 

お客さまのアドレスを登録してもらう方法

お客さまのアドレスを登録をしてもらう方法は幾つかあります。でも、そう簡単ではありません。基本はコツコツ継続して情報発信を続けることです。

 

ブログでの情報発信も重要ですが、SNS(TwitterやFacebook・Instagramなど)での集客も意外と効果があります。登録してもらう為にあからさまにPRし過ぎると、SNS側からペナルティを受ける可能性があります。

 

SNSのプロフィールや固定記事でメルマガをやっている旨の宣伝文を置いておくのも一つの方法です。SNS内で、ユーザーに向けてしっかり情報発信できると、登録してくれる人は必ず現れます。ブログもでもコツコツ継続しながら、メルマガの読者を集めていきましょう。

 

 

 

メルマガ背信はアドレス登録があり次第スタート

時々、見かけるのですがアドレスが中々集まらないからメルマガ配信できません。と言いう人がいます。これは絶対にNGです。せっかく登録してくれたのですから、その人に向けてメールを届けてあげてください。

 

1通のメール送信・・・この繰り返しでメルマガ読者との信頼関係が構築されていきます。コツは焦らない事です。今、目の前にいる読者を大切にしてくださいね。

 

メールの配信頻度の正解はありません。メールを書くのが得意な人は毎日配信しても大丈夫です。(1日に何十回も送るのは止めときましょう。解除の原因になるので・・・汗)

 

 

メルマガでビジネスの状況を変えよう

メルマガでビジネスの状況が変わる・・・と言うと、少し大袈裟に聞こえるかもしれませんね。でも、そうとも限りません。あなたのメルマガで読者に、同じように感じてもらえたら嬉しくないですか?

 

ブログやSNSで作るファンよりも濃い存在になってくれるのがメルマガの読者です。あなたの夢を実現させたいのであれば、読者にも夢を見せてあげてください。この想いはかなり需要なので、頭の片隅にでも入れておいてくださいね。

 

 

 

 

今回のまとめ

今回は「ダイレクトマーケティングとは」をテーマに解説しました。併せて、ダイレクトマーケティングのやり方もお伝えしました。いかがでしたか?

 

ダイレクトマーケティングは、多少の知識は必要なのですが個人でも独学で身につける事ができます。お客さまのアドレス集めは少し難しいので、その間を使ってダイレクトマーケティングの学習を始めてくださいね。

 

本も色々出ているので、最初の段階は本を読む事をお勧めしておきます。是非、チャレンジしてくださいね。

 

 

編集後記

僕がブログ再チャレンジを始めたばかりの頃、教えてくれてた人に「メルマガを始める時期」について質問したところ、読者からブログにコメントが来てからでイイと教わりました。これが、結局失敗(って訳ではないのですが・・・)7しました。

 

記事の中でもお伝えしたのですが、アドレス集めにに時間が掛かることを知らなかったのです。初めてブログにコメントなんて・・・待てなかったので100記事を超えた辺りでメルマガを始めました。少し出遅れた感はありましたが、今もアドレスを集めるページは幾つか設置しています。このスタイルで、これからも継続していきます。

 

もし、あなたがダイレクトマーケティングを始めるのであれば、メルマガは早めに準備しておいてくださいね。この辺りに関しては別の記事で補足するので楽しみにちておいてください。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。最後まで読んで頂きありがとうございました。このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

あなたの応援に感謝します♪

-ダイレクトマーケティング