無料ツール

最強のメモアプリ「Google Keep」の使い方

あなたは、スマホメモはどんなアプリを使っていますか?僕も散々迷って、色々なアプリを試した結果、1つのアプリに辿り着きました。

 

そのアプリは「Google Keep」です。この記事では、Google Keepの使い方・メリット・デメリットについて解説します。僕が最終的にGoogle Keepを選んだ理由もお伝えします。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

Google Keepとは

 

Google Keepとは、Googleが提供してくれているメモアプリです。PC・スマホ・タブレットで使えます。それぞれを連動させて使えるので、管理がすごく簡単に使えるのが特徴です。

 

利用料金は無料で、有料プランはありません。(ここは重要ポイントです)通常のメモアプリだと、無料プランと有料プランがあります。サイト側も、有料プランを使って欲しいせいか、宣伝が入ります。(意外と煩わしいですよね・・・汗)

 

でも、Google Kepは一切宣伝は入りません。なので、瞬時にメモができるアプリになります。

 

 

 

Google Keepで出来ること

Google Keepで出来ることは次の通りです。

 

  • メモ機能
  • 音声メモ
  • 画像メモ
  • リストメモ
  • 色分け・ラベル付け

 

他にもあるのですが、僕が使っている機能は上記の5つです。(使いこなせていないのがバレましたね・苦笑)

 

これだけしか使っていないのですが、メモ機能として何不自由なく使えています。次項で、Google Keepの使い方について解説しますね。

 

 

 

Google Keepの使い方

最初にスマホにGoogle Keepのアプリをダウンロードしておいてくださいね。(ダウンロードしないと使えませんので・・・)

 

アプリは無料で手に入ります。Androidであれば、「play ストア」、iphoneは「app store」でダウンロードできます。

 

では、使い方の説明に入ります。

 

①画面にある「アプリのアイコン」をタップします。

 

②画面が切り替わります

 

③画面右下にある「+」のアイコンをタップします。

 

④メモ入力画面に切り替わります。

 

作業内容

1.メモのタイトルを入力します。

2.メモの内容を入力します。

 

この作業でメモは完成します。このまま画面を閉じても、保存されているので安心してくださいね。

 

 

Google Keepのメリット

このアプリのいい所は次の通りです。

 

・瞬時にメモすることが出来る

・メモに居ろやラベルを付けることができる

・自動保存ができる

 

Google Keepのメリットは、瞬時にメモすることが出来ます。(メモする瞬間に使えるのは嬉しいかぎりですよね。)他にも、メモに色やラベルをつける事が出来ます(管理しやすいのでお勧めの機能です)

 

保存の作業がないので、メモした瞬間に画面を閉じて自動で保存されます。短時間でメモできるので使いやすいですね。(保存忘れのトラブルはないので安心です。)

 

 

 

Google Keepの残念なところ

こちらのアプリにも少し残念なところがあります。僕が感じた残念なところは次の通りです。

 

・文字装飾(色付き文字・太文字など)が使えない

・メモ別に分けて保存ができない(ブログで言うとカテゴリー別のことです)

・URLのメモは出来るけど、添付はできない

 

メモで文字を強調出来ないのは、少し残念に感じました。なので、僕は箇条書きで書き連ねています。ブログみたいにカテゴリーに分けることが出来ないので、少し難しさは感じました。今は、メリットでもお伝えした色付け・ラベル付けで対応しています。

 

一番、残念に感じた所は、メモを添付することが出来ない所です。添付が出来れば、ブログも書きやすくなるのになぁ~・・・と、感じました。

 

 

 

Google Keepを使えば管理が楽になる

ノートとペンのスタイルでも問題ないのですが、メモが増えると、探すのが大変です。僕も3~4冊のノートを使っていました。いつも探し出すのに時間が掛かるのが意外とストレスあったんです。

 

でも、スマホのメモを使うことで、一括管理ができます。スマホの中を探せば、いつでもメモが引き出せる・・・すごくないですか?

 

足りないかった情報も、その場で書き足すことが出来るのも大きな魅力ですよね。スマホは、普段から肌身離さず持ち歩いているので、今までよりも使い勝手が広がると確信しました。

 

著者:堀越吉太郎 / 出版日:2020年10月22日 / 出版社:小学館集英社プロダクション

 

 

 

 

他のメモアプリと比べて・・・

 

Google Keepに辿りつくまでに、他のアプリも試しました。僕の理解能力と、パソコンの操作が不器用も相まって、上手く使えませんでした。

 

恐らく、Google Keepと同等もしくは、それ以上の機能があるのかもしれませんね。でも、お手軽さはGoogle Keepの方が上だと感じました。

 

アプリを開いている間に、広告も入らないのでストレス・フリーで使えるのも嬉しかったりします(笑)その辺りの考えから、Google Keep1本しか使わなくなりました。これからも使い続けたいアプリです。

 

この使いやすさは、あなたにも試して欲しいのでお勧めしておきます。

 

 

 

今回のまとめ

今回は「最強のメモアプリ「Google Keep」の使い方」をテーマに解説しました。併せて、アプリの使い方もお伝えしました。いかがでしたか?

 

スマホはこれからも使える機能がたくさん出てくると思います。メモが使いこなせると、PC不要な時代になっても生き残れます。あなたも、この機会にスマホのメモアプリを上手く活用してくださいね。

 

 

 

編集後記

最初に使ったスマホのメモは「メール送信の下書き」でした。元々、キャリアのメールは使っていなかったので、当時はかなり助けてもらいました。

 

でも、未送信の所に数字が出るのが嫌になって止めたのを覚えています(笑)そこから、ノートとペンでメモを取りました。ノートが増えると探すのも大変です。更に僕の字の汚さが追い打ちをあけるように探しにくさが増しました(笑)

 

そこで、目についたのがスマホのメモアプリだったんです。ノート&ペンとスマホを両立で使っていましたが、今ではスマホを使う機会が圧倒的に多くなりました。この先も、スマホはもっと使いやすくなると思うので、少しでも使える様にチャレンジしますね。

 

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。最後まで読んで頂きありがとうございました。このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

あなたの応援に感謝します♪

-無料ツール

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.