本当のセールスの目的は「売る = 夢を見させること」です

広告
いつもありがとうございます。Webライターのsatoshiです。

 

今回は「売る = 悪いこと」は間違った感覚について書いてみます。今の時代、何かを売ろうとすると、様々な反応を見ることができます。

 

たくさんの反応があるのですが「売る = 悪いこと」と捉えられている場面が多いのです。この記事では「売る = 悪いこと」ではなく「売る = 素敵なこと」について解説します。あなたがこの記事を読むことで「売る」に対する抵抗感がなくなり、後ろめたさも感じず売ることができます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

売る = 悪いこと

この考えは昔から日本に根付いた考え方ですね・・・

 

■ 昔からの儲けに対するイメージ ■

・そんなに儲けてどうするの?

・そんなに儲けているお前は罰当たりだ

・お前1人で儲けやがって・・・

・お前は金の亡者か?!

 

あなたも上記の言葉は聞いたことがあると思います。周りからこの様な言葉を浴びせられると、なんだか自分が悪いことをしている感覚になりませんか?

 

昔から「自分1人だけで稼ぐ」ことが悪者の様に言い伝えられてきた節があります。反対に会社等の団体で稼ぐことに関しては「悪いこと」と言うよりも「素晴らしいこと」と思われてきました。

 

この考え方は未だに健在ですね。

 

 

「売る = 悪いこと」と、言い続けている限り・・・

日本のビジネスは今以上の発展なんて、考えられなくなります。その理由は、前項でも触れたのですが、多くの人は先輩や大人たちに「売る = 悪いこと」と頭の片隅に植え付けられてきたからです。

 

自分1人で儲けるなんて「悪いこと」との認識が広まっています。会社で社員一丸となって売れている時代はまだ発展が見込めましたが、今の日本経済だと、大きな発展につながる兆しは見当たりません。

 

個人で稼いでいる人もたくさん出てきましたが、国としての大きな経済発展にはつながらないでしょう。この状態が続くと、日本は本当にダメダメな国になってしまいそうですね。

 

では、この状況を乗り越えるにはどんな方法があるのだろう・・・次項で考え方から順番に解説していきます。

 

 

「売る = 素晴らしいこと」と考え方を変える

最初のステップは考え方を変えることです。「売る = 素晴らしいこと」と、考え方を書き換えてください。って、いきなり何の根拠みなく言われても、あなたを迷わせてしまいますよね。

 

 

過去のセールスが人々に植え付けたイメージ

考え方を変える理由は、過去のセールスに対する考え方が原因です。過去のセールス・・・もちろん素晴らしい手法でセールスをする人はいました。ですが・・・中には本当に酷いセールスをする人がいたのです。例えば、次の様な感じです。

 

・セールスで相手にプレッシャーを与える

・セールスで相手からお金を奪う

・セールスで不要なモノを売りつけられる

 

他にもまだまだありそうですが、上記の4つは分かりやすいですね。過去(現在も一部残っているのですが・・・)に、上記のようなセールスをする人がたくさん居ました。

 

その影響で「売る = 悪いこと」のイメージが固着していきました。今でも継続中ですね。

 

 

あなたに書き換えて欲しいイメージ

あなたに書き換えて欲しいイメージは次の4つです。

 

■ あなたに書き換えて欲しい4つのイメージ ■

・「セールス」とは、価値の交換

・「セールス」とは、楽しみ・エンターテイメント

・「セールス」とは、調和である

・「セールス」とは、リーダーシップである。

 

上記の4つです。いきなり言われても「???」だと思うので、次項でそれぞれの詳しい解説をしていきます。

 

 

「セールス」とは価値の交換

あなたが価格以上の価値を提供しているのであれば、商品を欲しがっている人に売るのはイイことですよね。ここでのポイントは「欲しがっている人」です。従来のセールスとは違った感覚です。

 

欲しがっている人に商品を売って、その価値としてお金を受け取る。すごく真っ当なビジネスなのは分かって頂けますよね。

 

潜在意識を書き換えるたった1つの簡単な方法。
潜在意識の威力は本当に凄いです。この意識は、これから先の人生に役立てたい意識です。ですが、使い方を間違えると逆効果になってしまう可能性も充分にあります。この記事では、あなたの潜在意識を書き換える具体的な方法を書いてみました。是非、最後まで読んでくださいね。では、はじめます。

 

「セールス」とは、楽しみ・エンターテイメント

セールスをすることで、お客さまに様々な提案をすることが出来ます。提案をする方は、お客さまの嬉しそうな顔を見るのが楽しみです。お客さまも、新しい商品やサービスを見つけるのが楽しみですよね。

 

この過程こそ、セールスする側や、お客さまもある種のエンターテイメントにも当てはまります。どちらもワクワク & ドキドキできる関係は素晴らしいですよね。

 

 

「セールス」とは調和である

以前は、要・不要に関わらず、様々な手法でお客さまに商品やサービスを売ってきました。この状態はとても素晴らしいとは言えません。

 

今の時代のセールスは調和なのです。調和とは「売り手」と「買い手」の調和になります。売り手は、相手が求めている商品・サービスを提案します。買い手は、求めているモノやサービス探しています。我々、ブログアフィリエイターは買い手の要望に応えていきことがポイントですね。

 

 

「セールス」とは、リーダーシップである

我々が、商品やサービスをセールスすることで、お客さまを、よりよい生活・素敵な未来へ導く。お客さまを誘導することができるエンターテイナーになれるのです。お客さまに夢を見せることですね。

 

 

正しいセールスは悪いことではありません

前項でお伝えした4つの項目が理解できると「売る = 悪いこと」の感覚は打ち砕かれたかと思います。お客さまにセールスをすることで、様々な夢をみせることだって出来るのです。

 

お客さまは欲しい商品やサービスを手にし、更に今よりも便利で快適な生活を夢見ながらショッピングを楽しんでいます。

 

我々は、そのサポートをすることが出来る限られた人にだってなれるのです。なので、このページをご覧のあなたも早速、今日から「売る = 悪いこと」ではなく「売る = 夢を見させること」に頭の中を書き換えてくださいね。

 

これだけで、あなたが感じていたセールスの考え方が、大きく変わってきます。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

*マザー・テレサ「5つの気をつけなさい」より抜粋

 

マザーテレサの言葉の意味はこんな感じです。

・考え方が変わると言葉が変わる。

・言葉が変わると行動が変わる。

・行動が変わると結果が変わる。

・結果が変わると習慣が変わる。

・習慣が変わると性格が変わる。

 

あなたが、考え方を変えることで、様々な変化が訪れます。今回お伝えした「売る = 夢をみさせること」に書き換えることで、あなたのビジネスは加速します。早速、今日から書き換えて実践に移してくださいね。

 

ありがとう

 

今回のまとめ

今回は、本当のセールスの目的は「売る = 夢を見させること」について書いてみました。考え方の根拠についても解説しました。いかがでしたか?

 

あなたがこの記事を読むことで、セールスに対する考え方が大きく変わったと思います。マザー・テレサ氏の言葉を信じて、自信を持ってセールスや、様々な提案をしていきましょう。あなたの未来が大きく動き出しますよ。

 

 

編集後記

私は「売る = 悪いこと」のイメージはありませんでしたが、どこかでセールスに対してブレーキを掛けていらかも知れません。ですが、この考え方で私自身に大きな変化が訪れました。

 

この変化は今の私の強力な武器になっています。更に強くしていく為にも、セールスや提案を通じてエンターテイナーを目指していきます。

 

このページをご覧のあなたあ、まず思考を「売る = 夢をみさせること」に書き換えてくださいね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

  1. mityo より:

    売る事に苦手意識がありました。
    しかし、記事を読んで
    「売る = 夢をみさせること」
    でかなり気持ちが前向きになりました。
    ありがとうございます。

    • satoshi より:

      mityoさま

      いつもコメント頂きありがとうございます。
      「売る」だけだと、何だか冷たい印象しかないですよね(汗)

      ですが「夢を見させる」を考えると、可能性が大きく広がります。
      大切なお客さまなので、売る以外でも色々接していきたいですね。

      この辺りを意識すると更に文章は書きやすくなります。
      早速、試してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました