独り言

ハードカバーの本は読みにくい。毎回、苦戦しています。

ハードカバーの本が読みにくい・・・私の悩みです(悲)あなたはどうですか?

 

ハードカバーの本って、何であんなに読みにくいんだろう・・・そう感じたことはありませんか?本屋さんで買う時は、必然的に避けているのですが、ネットで買うと時々やってくるんです(苦笑)

 

この記事では、ハードカバーの本の特徴とメリット・デメリットについて解説してみます。あなたが、この記事を読むことで、ハードカバーの本の知識が身につきます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

ハードカバーの本とは

本の表紙が、厚紙で出来ている本になります。厚紙で出来ている分、ちょっとやそっとじゃ曲がりません。他にも色々あるのdすが、wikipediaには、次のように書かれていました。

 

ハードカバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナビゲーションに移動検索に移動

ハードカバーの本

ハードカバーhardcover, hardback)は、硬い板紙表紙(カバー)で綴じられたのことである。上製本、本製本、厚表紙本、ハードバックと表記されることもある。表紙を覆う紙のことをカバーというのは和製英語であり、本来の英語ではdust jacket、wrapperなどが使われる。

ハードカバーの表紙は、厚紙とそれを覆う薄紙、などから成る。最近の商業的なハードカバーは、ペーパーバックと同じ、折丁を背表紙に接着剤で固定する無線綴じと言う技法を採用している。昔の書籍では、背表紙に糸や針金で綴じる糸かがり綴じが使用されていた。本来、ハードカバーの表紙は印刷技術がない当時、羊皮紙を使用し、高価で作成が大変であった書籍を保護するために使用されたものである。その際に、表紙を装飾するために様々な装飾が芸術として発展した。

製本の手間と材料のコストから、ハードカバーはペーパーバックより高価になる傾向がある。ハードカバーで刊行される書籍は、造本の堅牢さを要求される百科事典、少部数で利益を出す必要がある専門書、高額でも需要が期待できる著名な作家の小説エッセイなどである。ハードカバーで出版された書籍で良く売れたものは、しばらく後にペーパーバックで出版されることが多い。

*出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

 

ウィキペディアを見るところ、硬くて丈夫なモノとなっています。有名な著者の本でよく作られているみたいですね。よく売れた本はソフトカバーで出版されているみたいですね。

 

今で言う所に文庫化に似ているのですかね。

 

 

ハードカバー本の特徴

ハードカバー本の特徴は次の通りですね。

 

・とにかく頑丈

・耐久性がある

・高級感がある

・外観へのこだわり

 

他にもありそうですが、大体こんな感じですね。言われてみれば納得してしまいます。確かにハードカバー本の表紙は濡れても、中まで濡れる心配は無さそうですね。

 

本の内容にもよりますが、確かに高級感はあります。著者の意地ですかね。分かる気がします。本の内容に拘った著者ならではの特権ですね。

 

 

ハードカバー本のメリットとデメリット

ハードカバー本にもメリットとデメリットがあります。(あくまで、私の感覚ですが・・・本って結構、好みがはっきり分かれるので、ここで書くことが全てではありません)

 

 

ハードカバー本のメリット

メリットは何と言っても丈夫で耐久性がある所だと思います。素晴らしい本だと、ずっと手元に置いておきたくなった時には、ハードカバー本の方が長持ちしそうですしね。本を激しく扱う人や、コレクターの人には最高のメリットだと思います。

 

 

ハードカバー本のデメリット

とにかく融通がききません(汗)と、言うのも、表紙が全く曲がらないので、読む姿勢も限られてきます。表紙が曲がらないので、本を置ける環境が必要です(机など・・・)他には立って読んだり、寝転んで読むのも難しさを感じました。

 

 

ソフトカバーと比べると・・・

ハードカバー本とソフトカバー本を比べると、見た目にも違いはありますよね。見た目にインパクトはハードカバー本に分がありそうですね。耐久性も表紙が厚紙な分、ソフトカバー本とは比べ物にならないでしょう。

 

では、使い勝手はどうでしょう・・・個人的な感覚で言うと、ソフトカバー本に軍配が上がりました。表紙が柔らかい分、読みやすいです。重さも、ハードカバー本よりみ軽いので、長い時間でも読めます。

 

使い勝手だけで言えば、個人的にはハードカバー本よりもソフトカバー本の方が断然ありがたいですね。出版社にもよるのかも知れませんが、本の作り方次第では、ハードカバー本の方が良く感じる本もありました。

 

やっぱり、一長一短なんでしょうね・・・

 

 

ハードカバー本には毎回、苦戦しています。

個人的なことなのですが、私はハードカバー本が超苦手です。あの読みにくさに、どうやっても勝てないんです。実は、今も未読のハードカバー本が複数冊あります。

 

実在する本屋さんだったら、選り分けられるのですが、ネットだと情報不足もしくは、私の見落としがあるせいか、ハードカバー本を注文してしまいます。

 

本が届くまではワクワクしながら待っているのですが、届いて開封した瞬間・・・ものすごく残念な気持ちになりますね(苦笑)これからも、少なからずハードカバー本に出会うと思います。見極め方を学ぶか、ハードカバー本の読み方を考えてみようと思います(笑)

 

あなたは、ハードカバー本は好きですか?読むのは得意ですか?ハードカバー本を読むコツがあれば、こっそり教えてくださいね。

 

ありがとう

 

 

今回のまとめ

今回は「ハードカバーの本は読みにくい。毎回、苦戦しています。」をテーマに解説してみました。ハードカバー本の特徴と、メリット・デメリットも併せてお伝えしました。いかがでしたか?

 

実際に私がハードカバー本に苦戦していることも吐露してみました(笑)これからも、読書は継続したいので、ハードカバー本にも慣れていきたいですね。

 

あなたは苦手な本の種類はありますか?!本に対する苦手意識を、一緒に取り除いていきましょう。

 

 

編集後記

実は、ハードカバー本の未読が7冊もあるんです。読もうと手に取るのですが、読み疲れて途中で挫折してしまうんです(汗)このまま読まないには、本当にもったいないので、少しずつ工夫しながら地道に読んでみます。

 

もし、あなたがハードカバー本が好きで、上手く読むコツをご存知であれば是非、教えてくださいね。よろしくお願いします。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

-独り言

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.