いつまでチャンスを棒に振るの?!チャンスは目の前にある。

広告

 

あなたはチャンスを掴む人?!それとも、チャンスを棒に振る人?!

 

「チャンス」って、いろんなタイミングで突然やってきます。あなたも、人生の中で1度や2度は、チャンスに巡り合ってきtのではないでしょうか?!

 

今回は、ある日突然やってくる「チャンス」についての解説と、成果が出る人と、成果が出ない人の違いについてじっくり解説します。

 

あなたが、この記事を読むことで、いきなり訪れたチャンスを掴みにいける人になれます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

チャンスは予期せぬところからやってくる

あなた自身も感じたことがあるかもしれませんね。普段から何かに一生懸命頑張っている人の所に現れるのが「チャンス」なのです。

 

例えばこんなシーンです

 

・新たな閃きが出た時

・友人・知人・仲間・会社関係の人などとの会話の中

・街中の人・モノ・雰囲気

・美味しいものを食べている時

・本を読んでいる時

 

他にも様々なシチュエーションでチャンスが現れることもあります。その時に感じたチャンスらしきモノ・・・あなたはどうしていますか?

 

どうしてますか?だと、分かりにくいですね(汗)もう少し詳しく言うと、チャンスらしきモノを放置していませんか?と、言うことです。

 

この段階で、何かできる行動を取れる人は、チャンスを掴みにいける人なのです。この場で言う行動とは、いきなり動くのではなく、チャンスと感じた事について調べたりできる人ですね。

 

思いついたシチュエーションによっては、すぐに調べたり出来ない時もあるでしょう。そんな時に、メモが取れる人もチャンスを掴みにいける人だと思います。

 

 

 

チャンスをモノに出来ない人の特徴

チャンスをモノに出来ない人には特徴があります。その特徴とは次の通りです。

 

・チャンスらしきモノには気づくけど、何もしない人

・チャンスだと言われても、できない言い訳を全力で探す人。

・失敗談・悪い噂しか興味がない人

・結果だけが気になっている人

・口癖が「お金がない」・「時間がない」って言う人

あなたは、上記の5つの人に当てはまっていないですよね?もし、少しでもドキッとした人は即改善していきましょう。この5つの項目も、心がけ次第で充分、改善できるので安心してくださいね。

 

 

取り敢えずやってみる・・・の、その前に

この話をして、すぐに理解してくれる人もいるのですが、特に考えもなく、いきなり始めようとする人がいます。その行動力は本当に素晴らしいのですが、最初に1点だけ考えて欲しいポイントがあります。

 

・チャンスと感じた事ことは、今この瞬間のあなたに必要なことなのかどうか・・・

 

この1点について考えて欲しいのです。その理由ですが、新たなチャレンジになる時には、今の作業を圧迫してしまう可能性があるからです。今の時代は「マルチタスク」だとか、言われているのですが、全ての人がマルチタスクで動けるとは考えにくいのです。

 

なので、新たに感じ取ったチャンスに巡り会った際には、動き出す前に一旦考えるようにしてくださいね。考えるべきポイントは・・・

 

・今の作業に必要なのかどうか

・このチャンスが上手くいくと、どんな変化が出るのか?

 

この2点だけは、考える様にしてくださいね。新たなチャンスをモノに出来たとしても、今までの作業が無駄になってしまうのはすごく勿体ないです。

 

そうなりそうなチャンスであれば一旦、メモに書き残しておきましょう。あなたが今、チャレンジしていることが、上手く軌道に乗ってから取り組んでもいいと思います。

 

 

やってみる価値アリと判断できたら、迷わずGOです

作業の進め方は、今までのあなたのやり方で大丈夫です。焦ってどうにもならなくなる位なら、じっくり取り組んだ方が、断然成果や結果に近づきます。

 

あなたが、新しいチャンスを確実に自分の知識やスキルにしたいと本気で考えているのであれば、専門書を片手にチャレンジしてください。本であれば、1000円位~手に入ります。

 

チャンスと感じたら、そこに徹底的に投資するのもアリだと思います。ここでのコツは投資を渋らないことです。あなたが今、出来る投資は必ずあります。そこから始めると、確実にステップアップ出来るので安心してくださいね。

 

 

あなたが感じたチャンスは誰にも相談するな

あなたが感じたチャンスは「誰にも相談するな」とだけ言いたいです。その理由ですが、この手の相談を持ち掛けた時に必ず出てくる奴らがいるからです。

 

その奴らは「ネガティブ軍団」です。1人や2人ならいいのですが、奴らは殺し文句を使ってきます。その殺し文句は「周りのみんなが止めとけっていってるよ」です。もしかしたら、あなたも聞いたことがある言葉かもしれませんね。

 

いきない反対されると、ネガティブな考えになってしまう危険性があるので注意が必要です。もし、誰かに相談したくなったら、あなたがチャンスと感じた事を徹底的にやってみてから、そのチャンスに詳しい人に聞いてみましょう。

 

この繰り返しで、あなたが感じたチャンスをモノにできる確率がグンっと上がります。

 

 

同じ方向性の人は応援しよう

同じ方向性・・・と、言い切るのは誤解があるかもしれませんね。あなたの周りに「1つの事に必死に打ちこんでいる人」を見つけたら、陰ながら応援してください。コミュニケーションが取れそうなら、応援している旨を伝えましょう。

 

応援する理由ですが、仮に全く違うジャンルだったとしても、新たなチャンスの気づきがあるかも知れません。もしかすると、応援している人の仲間や知り合いの中に、あなたと同じジャンルの人が居るかもしれません。

 

たかが、応援ですが、あなたのビジネスを加速出来そうな要素はたくさんあります。本気で応援できる人と巡り会えたら「仲間」になっても面白そうですよね。仲間作りも大きなチャンスだと捉えてくださいね。

 

 

自分で掴んだチャンスでの失敗はない

時々、聞こえてくるのですが「これをやって失敗したらどうしよう」の類の声です。最初から失敗のことを考えている人に成功なんて有り得ませんよね。上手くいくことだけを想像することがコツです。

 

アノ有名な「ナポレオン・ヒル」氏が唱えている「思考は現実化する」と言う言葉があります。あなたが考えていることは全て現実化します。と、言うことはあなたが「失敗したらどうしよう」と、考えている時は失敗しかありません。

 

逆に、成功のイメージを持つことで、あなたの元に成功が一歩近づいてきます。

 

真剣に取り組んだけど、上手くいかなかったもしくは、成果や結果は見えてこなかった。と、感じる場面もあるでしょう。そんな時は「今はこのやり方を試す時ではなかった。でも、知識やノウハウはバッチリ学んだ」と、ガッツポーズを取ってください(笑)

 

失敗の中から学び取るのも、1つのスキルです。せっかく試したのであれば、1つでも2つでも吸収してくださいね。それだけで、確実に成果や結果に近づけるので安心してくださいね。

 

 

「やるのか、やらないのか」よりも「やる・やる・やる」このスタイルは常に意識しておいてくださいね。

 

 

今回のまとめ

今回は「いつまでチャンスを棒に振るの?!チャンスは目の前にある。」をテーマに解説しました。併せてチャンスを掴むコツもお伝えしました。いかがでしたか?!

 

実際にチャンスと感じて即行動できる人って、意外と少ないです。あなたが、即行動できれば、それだけチャンスをモノに出来るのです。あなたが今取り組んでいることに関係がありそうだと、感じたら迷わずGoしてくださいね。チャンスは自分の手で掴みましょう

 

 

編集後記

私は元々、積極的に動ける人ではありませんでした。出来なかった時のことを必死に探していた姿を思い出しました。ですが、今は当時とは全くの別人になれました。

 

失敗を失敗とおもえなくなると言うポジティブなスタイルが身についたのです(笑)チャンスに飛び込んで、上手く行かなくても、経験値として知識やノウハウは残っています。使ったお金は数千円くらいなので、特に気になりません(笑)

 

これからも、チャンスに気づいて、今の方向性と同じと判断できたら、迷わず掴みにいきます。あなたも新たなチャンスを見つけたら怖がらずに掴みにいってくださいね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました