まとめ

コピーライティングの型のまとめ

このブログでは、ライティングの型について色々書いてみました。それぞれの型の書き方を知ることで、あなたのブログは劇的に強くなります。更に、読者(お客さま・見込み客など)に自然な形で行動を促せるテクニックも身につきます。

 

あなたが、これから先も文章を書く必要があるのなら、この機会に1つでも吸収してみてください。更に、コピーライティングの型を上手く使う為の練習方法もお伝えします。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

コピーライティングの基本の型~AIDAの法則~

コピーライティングや、その他ライティング関連の本にも載っている型があります。その型とは「AIDAの法則」ですね。A・I・D・Aの4つの単語から成り立つ型になります。4つの単語は次の通りです。

 

AIDAの法則

A:Attention = 注意を惹く

I:Interest = 興味を持たせる

D:Desire = 欲求を掻き立てる

A:Action = 行動を促す

 

この順番で記事を書くことで、読者(お客さま・見込み客など)に伝わりやすい文章が書けます。最後に行動を促す文章もいれるので、読者に行動してもらいましょう。詳しい書き方は下記のページで解説しています。是非、ご覧ください。

 

 

 

 

情報発信向けの型

型によっては、販売に強い型から、情報を伝えるのに向いている型があります。全ての型で統一すると、ワンパターンなブログになってしまうので、あなたのブログの状況に合わせて使い分けてくださいね。

 

 

 

2W1H

この型も基本です。シンプルながらも、相手にしっかり伝えることができる万能の型になります。2W1Hとは、What(何が必要なのか)・Why(なぜ、○○が必要なのか)・How(どうやって伝えるのか)になります。考えることは3つに絞られているので、初心者でも使いやすい型になります。下記のページで詳しく解説しているので是非、ご覧ください。

 

 

 

 

 

5W1H

こちらの型は、Who(誰に)・What(何を)・Why(なんで)・When(いつ)・Where(どこで)・How(どうやって)伝えるのかで考えて書きます。上記の2W1Hよりも、詳しく伝えることが出来るのが特徴ですね。下記のページで詳しく解説しているので是非、ご覧ください。

 

 

 

 

PREP法

情報発信からセールスまで使える型になります。P・R・E・Pの4つの単語で成り立つ型になります。4つの単語は次の通りです。

 

PREP法

Point:結論・結果

Reason:理由

Example:事例・具体例

Point:結論・結果 繰り返す

 

この順番で書くと、相手にスムーズに届けることが出来ます。詳しい書き方は下記のページで解説しているので是非、読んでみてくださいね。

 

 

 

 

4つの学習タイプ

こちらの型は、人間の学ぶタイプに沿った書き方ができる型です。4つのタイプとは次の通りです。

 

4つの学習タイプ

・なぜ?タイプ(Why)

・なに?タイプ(What)

・どうやって?タイプ(How)

・今すぐタイプ(Now)

 

この順番で文章を書くので、どの学習タイプの人にも届けることができます。タイプによって書き方や準備するデータを使うことで、確実に伝える事ができる万能タイプの型になります。下記のページで詳しく解説しているので是非、ご覧ください。

 

 

 

SDSの法則

こちらの法則を使うことで、Web記事らしくなります。上記でお伝えした書き方に「SDSの法則」を加えるだけなので、簡単に使える型になります。S・D・Sも単語で構成されています。3つの単語は次の取りです。

 

SDSの法則

S:Summary = 概要の説明

D:Detail = 詳しい説明

S:Summary = 全体のまとめの説明

 

特徴としては、切り口を変えて3回同じことを伝えています。複数回伝えることで、相手の記憶への残り方が変わってくるので有効に使いたい書き方ですね。下記のページで詳しく解説しています。是非、ご覧ください。

 

 

 

 

情報発信からセールスまで書ける万能の型

世界には、有名なコピーライターがたくさんいらっしゃいます。コピーライターが自ら、型を提案してくれています、どんなジャンルの記事でも書ける型なので是非、チャレンジしてみてください。

 

 

 

Questの法則

マイケル・フォーディーン氏が唱える型になります。Q・U・E・S・Tの5つの単語で構成されています。5つの単語は次の通りです。

 

Questの法則

Q:Qualify=宣言・承認・絞込み

U:Understand=理解・共感

E:Educate=教育する

S:Stimulate=興奮させる

T:Transition=行動させる

 

この順番で文章が書けると、最後まで読んでもらえる文章が完成します。教育・行動が一連の流れになっているので、読者はスムーズに読み進められるのが特徴です。下記のページで詳しく解説しています。是非。ご覧になってください。

 

 

 

 

 

GDTの法則

こちらも、マイケル・フォーディーン氏の法則です。こちらの書き方の特徴は、読者(お客さま・見込み客など)の感情を揺り動かすことができる書き方です。GDTの法則は感情を3段階に分けて書く方法です。3段階の感情とは次の通りです。

 

GDTの法則~3段階の感情~

G:Goal(目標)

D:Desire(欲望)

T:Teaser(本性)

 

この順番で書けると、読者の感情を高めることが出来ます。下記のページで詳しく解説しているので是非、ご覧になってくださいね。

 

 

 

 

 

AIDMAの法則

こちらの法則も相手の感情を動かすことができる法則です。AIDAの法則の発展形ですね。A・I・D・M・Aの5つの単語で構成されています。5つの単語は次の通りです。

 

AIDMAの法則

A:Attention = 注意を惹く

I:Interest = 興味をもつ

D:Desire = 欲求

M:Motive = 動機・きっかけ

A:Action = 行動

 

AIDAの法則に「Motive:動機・きっかけ」を加えています。動機やきっかけを刺激することで、相手の感情は動きます。動かして最後の行動まで導いていきましょう。下記のページで詳しく解説しています。是非、読んでみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

新PASONAの法則

こちらの法則は日本人のコピーライター、神田昌典氏の法則になります。こちらの型の特徴は、相手(読者・お客さま・見込み客など)の行動心理に沿った文章が書けるところです。P・A・S・O・N・Aは英単語の頭文字で構成されています。

 

新PASONAの法則

P : Problem = 問題

A : Affinity = 親近感

S : Solution = 解決

O : Offer = 提案

N : Narrowing down = 絞込み

A : Action = 行動

 

相手の行動心理に寄り添った書き方になっているのが分かりますよね。この書き方をしているブロガーやライターは比較的多いです。下記のページで、詳しく解説しているので是非。ご覧になってください。

 

 

 

 

 

型が分かると文章が書きやすくなる

ブログ初心者もしくは、駆け出しのライターの多くは、闇雲に文章を書いていると思います。文章は書けば書くほど、上手くなるのですが・・・闇雲に書くのは非効率です。

 

文章を効率よく書く手段として「ライティングの型」があります。型が分かれば、後はひたすら練習するだけですね。もし、今のあなたが、文章に対する悩みをお抱えであれば、上記の型のどれでもいいので、型を覚えてみてください。

 

慣れてきたら、別の型を覚えてくださいね。この繰り返しで、あなたの文章のバラエティーは格段に増えます。その為にも、ライティングの勉強に取り掛かっていきましょう。

 

 

 

文章を効率よく学ぶ方法

私は色々試した結果、2つの学び方が有効だと気づきました。その方法は1つの教材と1冊の本です。この教材と本のおかげで、文章が飛躍的に書けるようになりました。

 

 

 

1つの教材

教材の方は、文章の種類に合わせた「穴埋めスタイル」になっているので、ブログ初心者や駆け出しのライターでも、スムーズに文章を書くことができます。文章を書く人ん心構えやから学べます。

 

この教材 で学んで自分のスキルにできると、上記のライティングの型で文章が超簡単に書くことができます。文章を書くストレスとはおさらばです。

 

 

 

1冊の本

私がこの本に辿りつくまで、たくさんの本を読みました。どの本も素晴らしかったのですが、結構断片的な内容の本が多かったです。その中で、この本は光っていました。

 

その理由ですが、1冊の本で1つの文章を完成させることが出来るんです。複数冊の本を読みつなげば、1つの文章として完成出来ます。ですが、著者によって伝え方のニュアンスが違うので、戸惑いを感じます。

 

でも、この本は違いました。ブログ初心者・ライティング初心者・ライティングで苦しんでいる人にこそ手にとって欲しい1冊ですね。AIDAの法則も この本 でマスターできます。

 

 

 

 

 

ライティングを学ぶコツ

ライティングを学ぶコツは、教科書を見ながら文章を書きまくることです。裏技的な書き方や練習方法は、残念ながらありません。役立つ教科書をまず手に入れることをお勧めします。

 

闇雲に書きまくって、変な癖がつくと・・・修正するのが意外と大変でした(体験談です・苦笑)なので、あなたが、学びやすい教科書を手に入れて、文章を書きまくりましょう。今はブログと言う最強のツールがあるので、パソコン・スマホがあれば、いつでも何処でも、文章は書けます。

 

あなたのペースで構わないので、じっくりコツコツと練習してくださいね。その繰り返しで、あなたの文章は激変するので、楽しみながら書いていきましょう

 

 

ありがとう

 

 

今回のまとめ

今回は「コピーライティングの型のまとめ」をテーマに解説しました。型の説明と参考ページの案内から、効率よく学ぶ方法まで、お伝えました。いかがでしたか?最初に1つの型を覚えて、文章を学ぶと、かなり効率よく文章が書けるようになります。

 

型もあなたの好みや、得意なパターンがあると思うので、最初は色んな型で文章を書いてみましょう。その中で、スラスラ書ける型が見つかります。早速、今日からチャレンジしてくださいね。

 

 

編集後記

私は1つの教材に出会ったのはすごく遅かったんです。もっと、早く手に入れてたら・・・なんて考えてしまいます(笑) 実際に、ライティングに関しては、本を読みまくりました。

 

今でも、過去に読んだ本を読み直しながら文章を書いています。意外と、読みながら文章を書くスタイルは楽しかったりするんです(笑)今の時代、パソコンとスマホがあれば、いつでも何処でも文章が書けるので、本とスマホは持ち歩くようになりました。

 

これからも、このスタイルで文章を書きまくります。このページをご覧のあなたも是非、コピーライティングの型から始めてみませんか?一緒に文章を書く楽しさを味わいましょう。

 

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング



あなたの応援に感謝します♪

 

-まとめ

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.