ブログ

コピーライティング

読者をコピーに引き込む具体的な方法~読まずにいられなくなる秘密のテクニック~

今回は「読者をコピーに引き込む具体的な方法~読まずにいられなくなる秘密のテクニック~」について解説します。このテクニック・・・実はアノ有名書籍の「現代広告の心理技術101」を基に解説してみました。もし、あなたが文章でお悩みどとすれば、この記事は大きなヒントになると思います。是非、最後まで読んでくださいね。
独り言

【つぶやき】とりあえず書け!何でもいいから書け!

今回は「【つぶやき】とりあえず書け!何でもいいから書け!」をテーマに書いてみました。このブログ意外のコンテンツが続かない私へのメッセージと、ブログが続かないとお悩みのあなたへのメッセージとして1つの考え方をまとめてみました。この記事を読むことで、あなたもブログが続けやすくなるヒントがえられます。是非、最後まで読んでくださいね。
お勧め書籍

「お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方」はサイト作りの参考書です

今回は、アン・ハンドリー氏の著書「お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方」について書いてみます。こちらの本はお客様が集まるコンテンツを作るための参考書です。あなたが、この本を読むことで、既存のオンラインコンテンツが作れるようになります。あなたが今、コンテンツ作りに苦戦しているのであれば役立つ本です。この記事では本の内容と、私が実践した感想を書いてみました。是非、最後まで読んでくださいね。
お勧め書籍

メンタリストDaiGo氏の著書「人を操る禁断の文章術」を読んで感じたこと

今回は、メンタリストDaiGo氏の著書「人を操る禁断の文章術」を読んで感じたことをテーマに1つの記事にまとめてみました。もし、今のあなたが文章に対して何か悩みを抱えているもしくは、不安がある人に読んで欲しい本です。この記事では、実際に私が読んで感じたことも併せて書いてみました。是非。最後まで読んでくださいね。
お勧め書籍

「ビジネスにうまい文章はいらない」上阪徹氏の本を読んで感じたこと

今回は【ビジネスにうまい文章はいらない。「書き方のマインド」を変える、新・文章術55】について書いてみました。和和久氏が読んで感じた部分も書いてみました。あなたが、この記事を読むことで今、抱えている文章の悩みが解決できる糸口が見えてきます。この本を読むことで、あなたもスラスラと文章が書けるようになります。是非、最後まで読んでくださいね。
コピーライティング

相手の自我を刺激して行動を促す方法

今回は「相手の自我を刺激して行動を促す方法」について解説してみました。この伝え方も、相手に行動を促す方法です。この記事では「相手の自我を刺激する方法」の詳しい説明と、実際に使う際のコツや注意点などを例文を交えて、1つの記事にまとめてみました。あなたが、この記事を読むことで、相手に行動を促すテクニックが身につきます。是非、最後まで読んでください。
コピーライティング

【悪用厳禁】恐怖を誘ってモノを売る・情報を伝えて行動を促すテクニック

今回は「【悪用厳禁】恐怖を誘ってモノを売る・情報を伝えるテクニック」について書いてみました。「恐怖」は正しく使うことで、かなり有効なテクニックになります。この記事では、恐怖を誘うテクニックに解説と、実際に使う際のコツや注意点を1つの記事にまとめてみました。このテクニックはどんなジャンルでも使えます。是非、最後まで読んでくださいね。
雑談

言葉が持つ2つの役割~言葉は人の行動を決めるモノ~

今回は「言葉が持つ2つの役割~言葉は人の行動を決めるモノ~」について書いてみました。書籍の中で知った言葉なのですが、我々ブログアフィリエイターは意識するべき役割です。この記事では、言葉が持つ2つの役割の解説と、言葉が持つ大きな魅力と可能性について書いてみました。是非、最後まで読んでくださいね。
Webライティング

「PPCの法則」~お客さまからの信頼が得られる法則です~

今回は「「PPCの法則」~お客さまからの信頼が得られる法則です~」をテーマに書いてみました。改めて法則の重要性が分かりました。この記事は「PPCの法則」の解説を例文を交えて解説しました。あなたがこの記事を読むことでスムーズに「PPCの法則」が使えます。是非、最後まで読んでくださいね。
Webライティング

「よしこいの法則」~ライター泣かせの3つのNOTが攻略できる法則です

今回は「よしこいの法則 ~ライター泣かせの3つのNOTが攻略できる法則です」をテーマに書いてみました。この法則は現役セールスコピーライターが打ち立てた法則です。この記事では「よしこいの法則」の詳しい説明と、実際に私が使ってみて感じた事を1つの記事にまとめてみました。是非、最後まで読んでくださいね。
タイトルとURLをコピーしました