Webマーケティング

ライバルに差をつける3つの差別化戦略

今の時代、類似商品やサービスはたくさんあります。売り方も似たり寄ったりでは、売り上げをUPさせるのは難しいですね。この状況を回避する為の差別化戦略を知りたくないですか?

 

今回は、あなたが同業やライバルとの差別化を図る3つの方法について解説します。今日から使える方法です。あなたが、この記事を読むことで、差別化する時の大きなヒントが得られます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

アフィリエイトの世界はライバルだらけ

アフィリエイトは、周りにたくさんのライバルがいます。同じ商品やサービスを扱っている人数はかなり多いです。あなたが作った商品であれば、ライバルは少ないかもしれません。ですが、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)を通じて商品を紹介する時には、数多くのライバルとの競合になります。

 

ライバルがたくさん存在する世界で、アフィリエイト商品を売るには、ライバルとの差別化が必要になります。差別化・・・と、言うと何だか難しく感じてしまうかもしれませんね。

 

でも、安心してください。ライバルとの差別化をするには、3つの方法で実践するだけで出来ます。次項で、3つの方法についてじっくり解説しますね。

 

 

 

 

同業・ライバルに差をつける3つの差別化戦略

ライバルに差をつける3つの差別化戦略とは、次の通りです。

 

・手軽さ

・商品・サービス

・お客さまとの密接度

 

上記の3つだけで、ライバルとの差別化ができます。次項で、それぞれの方法についての解説と、実践する際のコツと注意点について解説します。

 

 

手軽さ

人間は、基本的に簡単さを求める生き物です。更に、より楽な方法を求めています。あなたが扱う商品やサービスにもよるのですが、どれだけ手軽・簡単に扱えるのかを知っておく必要があります。

 

あなたの商品について分かったら、ライバルの商品についても調べてみましょう。商品が違えば、全く同じとでは、ありません。ライバルよりも手軽・簡単な部分を探し出してみましょう。

 

 

 

商品・サービス

あなたが取り扱う商品やサービスについてもっと知ることです。あなたが、商品やサービスを知らなければ、ライバルとの差別化は難しいです。

ライバルとの差別化をする為にも、あなたが扱う商品やサービスを学んでから、ライバルが扱う商品と比べてみましょう。商品は全く同じではありません。必ず違うポイントがあるので、徹底的に書き出してください。

 

 

 

お客さまとの密接度

あなたのお客さまに、どれだけ寄り添えるのか?この部分は、ライバルとの差別化につながります。お客さまは、あなたのことを、どれ位分かってくれているのか・・・

 

感覚的に言うとこんな感じです。

 

・○○だったら、あなたの所で買いたい

・○○はあなたの専門分野だから、ちょっと聞いてみよう

 

あなたが、お客さまが抱えている悩みや問題に、どれくらい寄り添えるのかがポイントですね。抱えている悩みや問題の解決のヒントが、ライバルが3つあったとします。ライバルとの差別化をするのであれば、5つの解決策につながるヒントが出せると、差別化につながります。

 

 

差別化はどれか1本に絞ること

前項で3つの方法について解説しました。実際につかう時に気をつけるべきポイントについて解説します。差別化を図るのであれば、上記の中から1つに絞ることです。

 

 

手軽さで差別化する方法

出来るだけコストを抑えた商品+初心者でも簡単に扱える商品やサービスについての情報を集めます。集めた情報の中から、あなたのお客さま(ターゲット)が、本当に求めている商品・サービスを選びます。

 

商品だけの案内だけでは、差別化にはつながりません。商品やサービスに関連するたくさんの情報を準備しておきましょう。あなたが、ライバルよりもたくさんの情報が提供できると、あなたの商品・サービスはライバルよりも1歩先に抜け出せます。

 

 

商品・サービスで差別化する方法

アフィリエイトの場合、同じ商品を取り扱っているライバルは多いです。商品・サービスでの劇的な差別化は難しいかもしれません。あなたが「通常の使い方+@」でお客さまに伝える事で、ライバルよりも一歩先に抜け出せます。その為にも、取り扱う商品のことは誰よりも詳しくなった方が有利ですね。

 

 

 

 

お客さまとの密接度で差別化する方法

戦略編で少し触れたのですが、お客さまにどれだけ役立つ情報を提供出来るのかが差別化のポイントになります。ライバルよりも、たくさんの提案や情報提供できると有利になります。

 

その為にも、あなたが取り扱う商品やサービスの専門家になる必要があります。専門家ならではの知識は、必ず役立つので、コツコツ学んでいきましょう。あなたが、お客さまの抱えている悩みや問題に真剣に向き合うことで、ライバルとの差別化つながります。

 

徹底的にお客さまのニーズに寄り添ってあげてくださいね。

 

 

 

 

差別化を1本に絞る理由

上記の差別化を実践して成果につなげたいのであれば、どれか1本に絞ることです。その理由は、どの方法も、時間と労力がかなり要るからです。

 

初心者がやってしまいがちな間違いは、全てを同時にやってしまう事ですね。気持ちは分からなくもないのですが・・・3つ同時に取り組んだとしても、中途半端な取り組みになってしまう可能性があります。と、言うか間違いなく中途半端になります(経験済み)

 

中途半端に作業を続けても、成果や結果にはつながりません。なので、上記の3つの中の1本に絞って差別化の戦略を図っていきましょう。

 

因みに、1本に絞るとお客さまが減ってしまいそう・・・と、言う不安に駆られてしまう人がいるのですが・・・安心してください。お客さまは減りませんし、あなたの取り組みに連動して増えていきます。焦らず、じっくり取り組んでくださいね。

 

ありがとう

 

今回のまとめ

今回は「ライバルに差をつける3つの差別化戦略」について解説しました。差別化戦略の解説と、実践方法・コツについてもお伝えしました。いかがでしたか?

 

差別化戦略・・・言葉は難易度が高そうに感じるかもしれませんね。でも、大丈夫です。あなたは、普段からターゲットの気持ちに寄り添うために、たくさんの情報を集めています。

 

あなたが絞った差別化の方法に合わせた情報やノウハウは、出し惜しみしないでどんどん伝えていきましょう。この繰り返しで差別化はできるので、コツコツ取り組んでくださいね。

 

 

 

編集後記

私が「差別化」を学んだ時、ものすごく怖かったのを覚えています(笑)と、言うのも、ライバルがすごく強そうに見えたからです。当時の私は、全くの無知に近かったので、余計に恐怖を感じていたのでしょう。

 

そこから、商品やサービス・関連する情報について徹底的に学びました。(今でも学びは継続中です)まだ、強力なライバルとは張り合えません(張り合う必要はないんですけどね・笑)

 

でも、自分なりのスタイルが確立されてきました。これからも、学びながら情報発信して自分のスタイルを確立していきます。あなたも、この機会に差別化戦略を考えてみましょう。今まで以上に、スキルやノウハウが増えて、楽しさが倍増します。早速、今日から試してくださいね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング



あなたの応援に感謝します♪

-Webマーケティング
-, ,

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.