OATHの法則~問題意識を4つの種類に分ける法則~

広告

今回は「OATHの法則」について書いてみます。この法則が理解できると、あなたはお客さまの気持ちに寄り添った文章が書けるようになります。

 

この記事では「OATHの法則」の詳しい解説と、実際の書き方・書く時のコツまでそれぞれ解説します。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

OATHの法則・・・有名なコピーライターのマイケル・フォーディン氏が唱えた法則です。過去にもマイケル氏の法則は解説してきました。

 

彼の法則は覚えると、文章は本当にスムーズに書けるようになります。今回はOATHの法則について解説していきますね。

 

OATHの法則とは

冒頭でも少し触れたのですが、OATHの法則は、読者の種類を4つに分ける法則です。読者が分かると、伝える内容がより明確になるので是非とも、マスターしたい法則ですね。

 

OATHの法則は単語の頭文字のアルファベットで構成されています。構成は次の通りです。

 

■ OATHの法則 ■

O:Oblivious = 無知

A:Apathetic = 無関心

T:Thinking = 考えている

H:Hurting = 困っている・傷ついている

 

上記の4つの単語の頭文字になります。お客さまは上記4つに分類されます。次項でそれぞれ詳しく解説します。

 

 

O:Oblivious = 無知

この状態のお客さまは、あなたが取り扱っている商品やサービスのことは何もしりません。なので、あなたのターゲットが「無知の人」だとすれば、商品やサービスの前から徹底的に説明する必要があります。

 

「無知の人」・・・この段階では商品・サービスに興味がないので、行動させるとなると、かなりの時間と労力が必要です。散々、説明した挙句、結局何の反応もなかった・・・となる可能性も充分に考えられます。

 

A:Apathetic = 無関心

こちらの状態のお客さまは「商品・サービスの事は知っている状態」です。しかし、今はまだ、あなたが取り扱う商品やサービスには無関心な状態です。

 

「無関心」な状態なので、業界のことかや、あなたが取り扱う商品・サービスの必要性から説明する必要があります。上手く説明できる人であれば、特に問題はありません。

 

まだ説明に自信がない・・・と、思われる人は慣れるまで練習していきましょう。

 

 

T:Thinking = 考えている

こちらの状態のお客さまは既に、あなたが取り扱う商品やサービスのことを知っています。更に、購入しようかどうか迷っている状態ですね。商品を買うかどうか悩んでいます。

 

あなたが「ターゲット」として捉えるならば、この状態のお客さまですね。一般で言われる所の【見込み客】になります。

 

アプローチする方法は、お客さまの悩みを解消できることを伝えます。更に、その先の未来を想像してもらうことで、気持ちも更に突き動かされます。最後は、お客様の背中をそっと押してあげてくださいね。

 

H:Hurting = 困っている・傷ついている

こちらの状態のお客さまは既に、商品やサービスの事は熟知しています。ですが、商品・サービスの購入までの踏ん切りが付いてない状態です。

 

この状態んpお客様にアプローチする方法は「リスクを取り除くこと」ですね。商品やサービスを手にする時のリスクをしっかり伝えることで、お客さまも勇気ある1歩を踏み出すきっかけになります。

 

ここで使えるのは「サポート体制」・「返金保証」などは有効に使えます。他にも過去に騙された経験があるかも知れません。リスクを出来るだけ排除することを意識していきまっしょう。

 

 

上記4つのお客様の状態は。分かって頂けましたか?

 

ある程度分かってくると、あなたもアプローチしやすくなると思うので、様々なパターンの文章を書きながら練習してくださいね。

 

では、次項では例文を使って解説していきます。

 

 

OATHの法則【実践編】

こちらの項では、4つのお客さまに合わせた文章で解説します。あなたのお客さまの状態と照らし合わせながら読んでください。

 

Oblivious = 無知のお客さま

まだ何も知らない状態のお客さまになります。問いかけるように話しかけていきます。

 

■ 無知なお客さまへのアプローチ ■
あなたはインターネットで稼ぐための仕組みを作る方法をご存知ですか?

 

この様に問いかける所から始まります。話の流れで最後まで説明できればいいのですが、次の一言で会話が終わってしまう可能性もあります。
ここでのポイントはゴリ押ししないことですね。時々、勘違いしている人がいるのですが、相手が無知だからこそ、ゴリゴリに押しまくってくる人がいます。そんな事されたら・・・あなただったら嫌な気持ちになりますよね?
なので、丁寧に説明することだけを意識しておいてください。

Apathetic = 無関心なお客さま

こちらのお客さまは、あなたが取り扱う商品やサービスのことは知っています。ですが、無関心なので、まずは興味を持ってもらえる内容で伝えます。

 

■ 無関心なお客様へのアプローチ ■
こちらの〇〇(商品名)はインターネットで稼げる仕組みが作れるだけではないんです。実は〇〇(商品名)の隠れた機能の中に△△(商品の内容と違った特長など)があるのはご存知でしたか?

 

 別の角度から、お客様に興味を持ってもらえるようなアプローチを意識すると書きやすいですね。商品やサービスの内容はお客さまは既に分かっているので、違った角度から伝えると興味は深くなります。

 

Thinking:考えているお客さま

こちらのお客様は購入を検討している状態ですね。購入を決めてもらう為のアプローチを意識位していきましょう。

 

■ 考えているお客さまへのアプローチ ■
こちらの教材ですが、あと3名の購入者に限り、○○を特典としてプレゼントしています。特典は非売品なので、他では手に入りません。特典付きでも同じ価格です。人数限定で残り僅かです。早めのご決断をお願いします。

Hurting = 困っている・傷ついているお客さま

こちらのお客さまは既に商品やサービスの内容や必要性は知っている状態です。ですが、購入には至っていないお客さまですね。購入の決断ができない理由を探りながら排除します。

 

■ 困っている・傷ついているお客さまへのアプローチ ■
こちらの教材は2年間の返金保証が付いています。なので、あなたが購入する際、金銭的なリスクはありません。更に今なら、この教材を実践した私が全力でサポートします。あなたは一人で悩まなくても大丈夫です。私と一緒に頑張ってみませんか?

 

多くのお客さまは購入して騙されたり、思ってたのと違った商品だった時を想像してしまう傾向があります。なので、例文では「返金保証」と「全力サポート」で、リスクを排除してみました。他にも思い当たる所があれば、追加してくださいね。

 

 

アプローチの方法が分かると・・・

あなたが普段やりとりしているお客さまのことは良く分かっているので、お客さまに寄り添った提案ができます。徹底的に寄り添うことで、次の機会にもつながるんです。

 

その為にも、普段からお客さま(読者・見込み客)とのやり取りは親切・丁寧にくりかえしていきたいですよね。その結果、あなたの成果や結果・次のステップのきっかけになります。

 

お客さまとのメールでも使えますし、普段のブログでも充分使えます。使う場面はたくさんあるので、最初はとにかくたくさん文章を書いて練習してくださいね。

 

 

私が今更ながら気づいたこと

実は、私は「OATHの法則」で気づいたことがあります。それは・・・この書き方を、今回お伝えした順番で書くと「セールスレターの型」になるんです。

 

セールスレターの型なので、今回お伝えした4種類のお客さま全てに伝えることが出来るんです。あなたも、これからセールスレターを書く機会が出てくると思います。

 

その時は「OATHの法則」を思い出してくださいね。セールスレターにもたくさんの型があるのですが、この書き方は基本が全て詰まってます。練習にも最適だと確信しました。

 

このページをご覧のあなただけにお伝えしておきますね。

 

■ マイケル・フォーディン氏の型 ■
QUESTの法則はどんな文章でも書ける万能タイプの書き方です。
今回は、どんな文章でも書ける万能タイプの法則「QUESTの法則」について解説します。QUESTの法則が使えるようになると、あなたはネットの世界から、リアルの世界でも通用する、伝わる文章が書けるようになります。この記事では、QUESTの法則の解説と例文を交えて解説しました。是非、最後まで読んでくださいね。

 

GDTの法則は感情を動かすことができる書き方です。
今回は「GDTの法則」について書いてみます。この法則は読者の感情を動かすことができるライティング・テクニックになります。この記事では、GDTの法則の解説と、例文を交えて解説してみました。ビジネス以外でも使えるテクニックなので、あなたもこの機会に始めてみませんか?

 

 

ありがとう

 

今回のまとめ

 

■ OATHの法則まとめ ■

・OATHの法則はお客さまを4つに分ける法則

・4つに分けられたお客さまに向けてアプローチする

・4つ全ての書き方で【セールスレターの型】になる

今回は「OATHの法則」について書いてみました。書き方も例文を交えて解説しましたが、いかがでしたか? お客さまへのアプローチも、やり方が分かると文章は書きやすくなります。

 

もし、あなたが今までは予測だけで記事を書いていたのであれば、この法則を使うことで、お客さま(読者・見込み客)の反応は大きく変わってくると思います。

 

早速。今日からお客様に寄り添った文章を書く練習を始めてくださいね。

 

 

編集後記

「OATHの法則」はコピーライティングのスキルになるのですが、今回の書き方がマスター出来ると、普段の情報発信も簡単に出来るようになります。

 

情報発信は「誰かに教えるつもりで書く」と伝わりやすいので、今回の書き方で読者を絞って情報を発信すると面白い反応が見れるかもしれませんね。

 

このページをご覧のあなたも早速、今日から試してくださいね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

 

 

 

広告

コメント

  1. takafumi より:

    おはようございます。関連記事マイケル・フォーディン氏の型 2記事とも読ませていただきました。抽象的ではなく具体的な例文が書かれているので、応用していけると感じました。satoshiさんのブログを、これからも教科書にして頑張ろうと想います。こんなに貴重な記事を書いてくださって本当にありがとうございます。

    • satoshi より:

      takafumiさま

      いつも嬉しいコメント頂きありがとうございます。
      励みになります。

      例文はすごく大切に考えているつもりです。
      これからもこのスタイルで書いていきます♪
      今後共よろしくお願いしますね。

タイトルとURLをコピーしました