Webマーケティング

お客さまの欲求レベルに沿ったアプローチ・・・あなたは出来ていますか?

相手に何かを伝えても反応がなかったり、薄いなぁ~と感じる時はありませんか?この現象の多くは、あなたのアプローチのやり方に問題があるかもしれません。

 

と、言うのも、相手(お客さま・見込み客・読者など)には欲求レベルがあるからです。相手にしっかり伝えるには、欲求レベルに沿ったアプローチが必要になります。

 

この記事では、あなたのターゲットの欲求が分かる法則と、あなたが狙うべきターゲットについて解説してみます。あなたが、この記事を読むことで、ターゲットにしっかり伝える為のコツや、ヒントが得られます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

マズローの欲求5段階説とは

相手の欲求レベルが分かる法則があります。その法則とは「マズローに欲求5段階説」です。もしかすると、あなたもこの法則をどこかで聞いたことがあるかもしれませんね。

 

アブラハム・ハロルド・マズロー(Abraham Harold Maslow, 1908年4月1日 - 1970年6月8日)は、アメリカ合衆国心理学者

ニューヨーク州ニューヨークブルックリン区に生まれる。彼は人間性心理学の最も重要な生みの親とされている。これは精神病理の理解を目的とする精神分析と、人間と動物を区別しない行動主義心理学の間の、いわゆる「第三の勢力」として、心の健康についての心理学を目指すもので、人間の自己実現を研究するものである。彼は特に人間の欲求の階層(マズローの欲求のピラミッド)を主張した事でよく知られている[1]。マズローは人間についての学問に新しい方向付けを与えようとしたが、彼の著作はそれ以上に内容豊かなものになっている。著書、雑誌論文は100編以上におよび、アカデミックな心理学のみならず、教育や経営学のような隣接領域にまで彼の思索は及んでいる。

*出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

マズロー氏は相手の欲求レベルを次のように分類しています。

マズロー欲求五段階説が示唆する、フェイスブック・インスタグラムの ...

*出典: beehave さまのページを参照

 

あなたのお客さまが今、どの段階にいるのかを知ることで、アプローチの方法が変わってくるのです。マズローの欲求5段階説については下記の記事で詳しく解説しています。是非、ご覧になってくださいね。

 

 

お客さまの欲求レベルで考えると次の通りです。因みに下の階層になるほど、人数は多くなります。

 

 

 

お客さまの欲求レベル

 

 

お客さまの欲求レベルを5段階に分けると次の通りになります。

 

お客さまの5段階欲求

・商品やサービスを全くしらない人

・商品やサービスのことは知っている人

・商品やサービスを知っているけど、今は必要性を感じていない人

・商品やサービスを買うかどうか迷っている人

・商品やサービスが今すぐ欲しい人

 

お客さまの欲求で考えると、上記の5段階に分けることができます。では、次項でそれぞれのお客さまの特徴と、アプローチのコツについて解説しますね。

 

 

 

商品やサービスを全くしらない人

お客さまは、あなたが取り扱っている商品やサービスの事を全くしりません。そこからアプローチをするには、かなり詳しく説明する必要があります。

 

この段階の人には「まず、商品やサービスを知ってもらうこと」が目的ですね。いきなり買ってもらうのではなく、次の段階につなげる様なアプローチを考えていきましょう。

 

例えばこんな感じですね。

 

例文

今回は、○○と言う商品があることだけお伝えしました。頭の片隅にでも入れておいてくださいね。

 

 

 

商品やサービスのことは知っている人

この段階にいるお客さまは、既にあなたが取り扱う商品やサービスについては少し位は知っている人です。でも、今は必要性を感じていない人ですね。

 

こちらのタイプの人へのアプローチは、商品やサービスの詳しい説明と、利用環境を伝えると効果的です。例文で言うと、次のようになります。

 

例文

こちらの商品ですが、○○の効果の他に、△△の効果もあるんです。通常は○○な使い方で効果が得られるのですが、他にも■■で使っても、効果があるんです。

 

ここでのコツはお客さまが知っている使い方+少し意外な使い方で伝えると効果的です。あなたの取り扱う商品の使い方をじっくり学んでくださいね。

 

 

 

商品やサービスを知っているけど、今は必要性を感じていない人

 

 

この段階の人は、あなたんが取り扱う商品やサービスについてよく知っている人です。ある程度の使い方もご存知です。

 

この段階の人へのアピールは、ベネフィットをしっかり伝えることです。使っている時・使った後・その後の生活・将来像などを伝えると効果的ですね。では、例文を書いてみます。

 

例文

この商品を使うと、使いながら知識を蓄えることができます。更に、あなたの大切な人に優しく丁寧に教えてあげることが出来るんです。あなたの周りに○○を使った人で溢れると、笑顔が絶えない素敵な生活が送れるんです。

 

この様に伝えると、お客さまは商品を使っているシーンから使用後のシーンを思い浮かべることができます。ここでのコツはワクワクした気持ちにしてあげることですね。

 

 

 

商品やサービスを買うかどうか迷っている人

この段階のお客さまは、既に商品やサービスのことはご存知で、購入してから得られる将来像のイメージが出来ている人です。ですが、買うかどうか悩んでいます。

 

ここでのアプローチは「限定性」や「貴重性」ですね。今だったら○○ですよ・みたいなアプローチが有効になります。例文を書くとこんな感じです。

 

例文

この商品の価格・・・実は期間限定なんです。残り3日間はこの値段で買えるのですが、4日目になると通常の価格に戻ってしまいます。ですが、今なら割引価格+△△の特典付きで手に入ります。△△は非売品で他では絶対に手に入らない商品ですよ。

 

上記のように伝えると、お客さまは焦りを感じます。ここで気をつけて欲しいポイントは、お客さまの背中をソッと押してあげる様なアプローチを意識してくださいね。煽ったりするのは絶対に止めましょう。

 

 

 

商品やサービスが今すぐ欲しい人

こちらは、今すぐにでも商品やサービスが欲しい人ですね。あなたと同じ商品やサービスを扱っているライバルとの戦いになることが予想されます。ここでのアプローチはあなたならではのサービスをアピールすると効果的です。では、例文を書いてみますね。

 

例文

こちらの商品・・・もし、本日ご購入頂けるのでしたら、特別に私の個別サービスをおつけします。個別サービスですが、私は別料金でコーチをしているんです。ですが、今回は特別に1ヶ月間、無料であなたの専属コーチになります。

 

こんな感じですね。ここでのコツは、あなたにしか出来ない特典を準備すると効果的です。ここでも注意して欲しいポイントがあります。

 

それは、あなたがちゃんと出来ることを提供することです。あなたが出来ないことを言ってしまうと、その噂は広がってしまう可能性があります。あなたのビジネスを作る為にも、あなたが出来ることを増やしてくださいね。

 

 

 

 

あなたが狙うべきお客さま(ターゲット)が分かる

 

 

お客さまの欲求レベルが分かると、あなたが狙うべきお客さま(ターゲット)が見えてきます。今すぐ買いたい人は、誰でも狙えるので特典やサービス次第な所があります。

 

ですが「今は必要性を感じていない人」や「商品を買うかどうか迷っている人」であれば、ブログ初心者でもチャンスがあります。

 

少し時間が掛かってもいいのであれば「商品やサービスを知っているだけの人」からアプローチを始めてもいいかもしれません。ですが、少し時間がかかると認識しておいてくださいね。

 

気をつけて欲しいのは「全く知らない人」ですね。全く知らない人は中々の強敵です。何も知らないのですから、どれだけ詳しく説明しても興味を示してくれないかもしれません。

 

仮に、興味を示しても「今は要らない」の一言で終了してしまいます。下手すると時間だけが奪われることになります。

 

上記のことを踏まえて、あなたが狙えるターゲットを絞ってみてくださいね。

 

 

 

知識は今は足りなくても大丈夫

お客さまの5段階欲求が分かると、初心者は自分の知識の量が気になるみたいです。が、気にしなくても大丈夫なんです。

 

その理由ですが今、足りてないと感じたら、直ぐにインプットすればいいのです。お客さまの前でいどろもどろになるかも知れないけど、ちゃんと調べて伝えてあげましょう。

 

この繰り返しと、あなたの一生懸命さで、お客さんは「次もアノ人にお願いしよう」と、言う考えになってきます。なので、しっかり学ぶ癖だけは身につけてくださいね。

 

 

ありがとう

 

 

今回のまとめ

 

今回のまとめ

・マズローの欲求5段階説とは

・お客さまの欲求5段階

・欲求レベルが分かると、狙うべきターゲットが見えてくる

・今は知識が足りなくても大丈夫

 

今回は「お客さまの欲求に沿ったアプローチ・・・あなたは出来ていますか?」をテーマに解説しました。お客さまの5段階欲求の解説とコツもお伝えしました。いかがでしたか?

 

あなたのターゲットのレベルに合わせてアプローチすることで、成果や結果までの距離が大きく縮まってきます。ターゲットの気持ちに寄り添う為にも、狙いを定めてくださいね。

 

 

 

編集後記

私がアフィリエイトの再チャレンジを始めた頃は・・・全員が全員「今すぐ欲しい人」だと思い込んでいました。(笑)

 

当然、途中のプロセスは全く踏んでいないので、成果なんて全く出ませんでした。コピーライティングを学び始めて、お客さまの欲求レベルがあうことに気づきました。

 

今でも、本や教材を読みながらリサーチを繰り返しています。あなたも、せっかくなのでこの機会に「コピーライティング」の勉強を始めてくださいね。お客さまの気持ちに寄り添った文章を書けるようになりましょう。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング



あなたの応援に感謝します♪

-Webマーケティング

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.