Webマーケティング

リサーチの基本「3C分析」とは?!~ライバルとの差をつけよう~

ブログアフィリエイトでは、リサーチがかなり重要・・・と、教わってきたかと思います。リサーチが重要なのは間違いありません。

 

ですが「リサーチ」だけを言われても、イマイチしっくり来ない・・・何を調べたらいいんだろう・・・ってなってしまいますよね。

 

その気持ち、私はよく分かります。と、言うのも過去に私も散々、リサーチしろと言われてきたのですが、上手く出来なかったんです。どうにか分かったリサーチ方法は・・・yahoo知恵袋などの質問サイトだけでした。

 

たくさんのアフィリエイターもyahoo知恵袋のようなサイトの情報は書いてあります。この手のサイトだけであなたのリサーチは完成できましたか?恐らく、ぼんやりとした完成だと思います。

 

この記事では、正しいリサーチの方法と手順について詳しく書いてみます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

リサーチの基本は「3C分析」

3C分析とは次の通りです。

リサーチの3Cとは

Customer : 顧客のリサーチ

Competitor : 競合商品のリサーチ

Company : 自社商品のリサーチ

 

上記3つの単語の頭文字から3C分析と呼ばれています。「3つのCを分析する」と、言う意味ですね。次項で、それぞれの「C」について詳しく解説していきます。

 

 

Customer(顧客)のリサーチ

顧客について分析していきます。あなたが取り扱う商品やサービス、届ける情報を、どの様な人に届けるのか?この辺りを明確にする必要があります。分かりやすく言うと「ターゲット」です。

 

お客さんを知らなければ、何を売ればいいのか?・何を伝えたらいいのか?・・・この辺りが曖昧になってしまいます。あなたが伝えたい相手を特定の個人が想定できるレベルまで分析してください。

 

 

Competitor(競合商品)のリサーチ

あなたがお勧めしたい商品にも、競合やライバルの存在があると思います。競合相手になりうる商品・サービス・関連情報についても調べる必要があります。その理由は、同じような内容の商品だったとしても、それぞれ一長一短があるからです。

 

その違いをしっかり把握することで、お客さまへのアプローチの方法や手順が変わってきます。競合商品の中にも、あなたのお客さまが欲しいと感じる商品があるかも知れません。競合商品のことを知らない・・・と、なると対抗策や切り返しが出来ませんよね?

 

 

Company(自社商品)のリサーチ

自社商品とは、あなたが取り扱う商品のことです。「アフィリエイトする商品」を想定してください。あなたが取り扱う商品についても知っておく必要があります。当たり前ですが、知らないと非常にマズイですよね。

 

更に、ライバルの提供するサービスも調べます。その理由は、同じ商品・類似商品を扱っていても、他にお客さまの為になる商品以外のサービスを提供しているかもしれないからです。

 

ライバルのオファー(商品以外のサービスを含めて)を知ることで、あなたのサービスを際立たせることが出来ます。

 

 

では、次項で「3C」それぞれのリサーチするポイントについて解説していきます。

 

 

「3C」それぞれのリサーチするポイント

思いついた事を片っ端から調べてもいいのですが、ブログアフィリエイトを始めたばかりの初心者や、これから始める人だと、何を調べたらいいのか想像すら付きませんよね。なので、この項では、上記でお伝えした「3C」それぞれのリサーチするポイントについて書いてみます。

 

Customerの分析ポイント

実際にあなたが設定したターゲットの分析ですね。

 

ターゲットの分析

・ターゲットは何に悩んでいるのか?

・どんな解決方法を望んでいるのか?

・その悩みを解決できたら、その先はどうなりたいのか?

・あなたが提示できる解決方法

 

他にもありそうですが、上記の4つのポイントだと、イメージしやすいかと思います。ここまで分析できると、あなたが提示できる解決方法もたくさんあります。

 

更に新たな解決方法があることに気づきます。解決方法も使い方次第では強力な武器になるので色々、分析してみましょう。

 

 

 

Competitorの分析ポイント

ライバルが扱う商品(同じ商品や類似商品など)にも、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

他にも、あなたが取り扱う商品との価格差や、メリット・デメリット・仕様などを調べることで、あなたが取り扱う商品の新たなメリット・デメリットが分かります。更に、お客さまに伝えるベネフィットも見えてきます。

 

メリット・デメリットはきっちり伝えるべき項目なので、じっくり調べておいてくださいね。

 

 

 

 

Company

自社商品も徹底的にリサーチします。あなたが売りたい商品のことは誰よりも知っておく必要があるからです。(当たり前ですよね・・・)

 

ここで調べるべきポイントは「商品だけを調べるのではない」と、言うことです。商品に関しては、読者(お客さま・見込み客など)もある程度は知っています。

 

でも、商品の特徴だけでは買ってくれません。そこで、調べておきたいのが「オファー」です。同じ商品・類似商品も、販売者によって売り方が違うからです。

 

ここで言う売り方とは、値下げ・特典・アフターフォローなどが分かりやすいですね。あなたのライバルが、どの様なオファーをしているのか?を調べましょう。

 

調べた中から、ライバルとは違ったオファーをすることが出来ます。その為にも、ライバルのサイトをじっくり観察してみてくださいね。

 

 

 

 

3C分析ができると・・・

 

あなたが、これからやるべき事が明確になります。ブログでの戦略も立てやすくなるので、リサーチは物凄く重要なんです。リサーチも時と場合に合わせて、その都度やり直すとより効果的です。

 

その理由は、最初のリサーチで気付かなかった部分が見えてくるからです。新しい気づきがあった時って、なんとなく、得した気持ちになりませんか?私はいつもワクワクしてしまいます(笑)

 

新しい気づきから、ブログ記事を積み重ねていけばいいですし、過去に書いた記事の修正にも役立ちます。使い方は、あなた次第なので、この機会に「3C分析」に基づいた分析方法を身につけてくださいね。

 

 

 

今回のまとめ

 

今回のまとめ

・「3C分析」はリサーチの基本

・3Cとは「Customer:顧客」・「Competitor:競合商品」・「Company:自社商品」

・3Cそれぞれに分析するべきポイントがある

・リサーチが出来ると、新たな発見がある

 

今回は「3C分析」はリサーチの基本について書いてみました。それぞれの、分析するべきポイントについても、併せて書いてみました。いかがでしたか?

 

ブログアフィリエイトで成果を上げたい人であれば、ここまでしっかり分析しながらリサーチする必要があります。いきなり取り組むとハードルが高く感じるので、最初はできる所からコツコツ、取り組んでいきましょう。この繰り返しで、あなたのリサーチ力は激変するので、お勧めしておきます。

 

 

編集後記

私もアフィリエイト再チャレンジを始めた頃に「リサーチ」は散々、言われ続けてきました。ペルソナである程度のリサーチする方法は分かっていたのですが、今回の「3C分析」を知ることで、アフィリエイトのやり方そのものが明確になりました。

 

ライバル商品を知る事で、私が扱っている商品の違った一面を知ることが出来たのは嬉しい誤算だったのは今でも覚えています。

 

もし、あなたが上手くリサーチできてないと感じたのであれば是非、今回お伝えした「3C分析」でリサーチし直してください。きっと、今までとは違った新たな気づきに出会えるのでお勧めしておきますね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。最後まで読んで頂きありがとうございました。このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング

あなたの応援に感謝します♪

 

-Webマーケティング

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.