「1記事1メッセージ」は情報発信の定番スタイルです。

webライティング,文章,書き方,文章術

いつもありがとうございます。Webライターのsatoshiです。

 

「人間の脳は同時に複数のことは理解できない」・・・あなたはこの言葉を聞いたことありますか? 今の時代あらゆる所で様々な情報で溢れかえっているのですが、その中であなたの頭に残る情報ってどれ位あるのかご存知でしょうか?

 

・1度にたくさん言われても、せいぜい1個くらいしか頭に入ってこないよ・・・

 

恐らく、殆どの人が上記の解答にたどり着くのではないでしょうか?今回は、上記の解答を基に「1記事1メッセージ」の重要性と上手く使うコツを書いてみます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

人間の脳は1度に大量の情報は理解できない

冒頭の質問で、あなたは「1度にたくさん言われても、せいぜい1個くらいしか頭に入ってこない」との答えに至ったと思います。

 

広告

その答えは人間の共通次項なのです。人間は1度にたくさん学ぼうとしても、上手く覚えられません。ですが、1つずつ学ぶと確実に覚えることができます。

 

これは紛れもない事実なので、この機会に頭の片隅に置いといてくださいね。

 

と、言うことは・・・この事実を生かした情報発信のスタイルが見えてきませんか?次項で、詳しく解説していきます。

 

 

見えてきた情報発信のスタイル

冒頭の質問のあなたの解答から考えると、情報発信のスタイルが見えて来ませんか?勘のするどいあなたなら、答えは分かったと思います。

 

・1つの記事で1つのことを伝える

 

このスタイルですね。「1記事1メッセージ」と言う文章術のスキル(と言ってもいいのかどうか・・・)になります。

 

「1つの記事で1つのこと」を過不足なく伝えることで、あなたの記事はたくさんの人に読んでもらえる可能性が高くなります。更には、検索エンジンから、検索結果の上位に表示してもらえるんですね。

 

・それは分かってきたけど・・・1つの伝えたいことだけで1つの記事を仕上げる自信がありません(泣)

 

またもや、あなたの悲痛な叫び声が聞こえてきそうですね。ですが、安心してください。次項で例題を踏まえて、ブログ初心者のあなたに書き方をお伝えします。

 

 

広告

1つの記事で1つのメッセージを伝える方法

テーマを決めます。(この部分はブログを更新する際には徹底してください)実際に、あなたここで言うテーマとは、今回あなたが伝えたい内容(メッセージ)になります。

 

あなたが決めたテーマについて、あなたが読者に伝えたいことを箇条書きにします。

 

テーマ:【伝え方を学ぶといい事ありそう】

今回は、このテーマで例文で解説します。上記のテーマから、あなたが読者に伝えたい事を箇条書きにします。伝えたいこと・あなたが伝えられること等、思いつく限り書き出します。

 

■ 読者に伝えたいこと ■

・伝え方を学ぶとどんなことがありそうなのか?

・伝え方を学ぶにはどんな方法があるのか?

・伝え方の仕組み

 

今回は1つの方法をお伝えするので、伝えたいことはかなり削りました。あなたが書き出す際には、思いつく限りたくさん書いてくださいね。

 

上記3つの内容をそれぞれ詳しく解説していきます。内容次第ですが、その中から更に細分化できる可能性もあるので、もれなく伝えてくださいね。

 

例えば「伝え方を学ぶ方法」であれば、「本で学べる」・「教材で学べる」・「セミナーで学べる」など、この段階で3つの項目で伝えます。更に、それぞれの項目で学ぶ時のコツや注意点を書くと、読者には親切で丁寧な印象を与えることが出来ますよね。

 

上記3つの項目の「本で学ぶ」・「教材で学ぶ」・「セミナーで学ぶ」・・・それぞれについて、詳しく書いてみましょう。

 

更に、あなたが実践した感想を添えると、記事に温かみが加わります。あなたが伝えたいことは「伝え方を学ぶといいことあるよ」なので、実際に学んで感じたことを一緒に伝えることで、あなたの記事のクオリティも上がってきます。

 

最後に、読者に行動を促す文章を加えると1つの記事になります。ここまで必死に書くと、記事のボリュームがかなり増えているので、書き終わった後の楽しみにしておいてくださいね。

 

■ example:読者を後押しする文章 ■
私は文章術を学んでからブログ更新が楽になりました。その理由はブログに書く内容が尽きないからです。今までは何を書けばいいんだろう・・・と、パソコンの前に座って2~3時間は普通に悩むだけで過ぎてたのですが、今では2~3時間で記事が書き終わってるんです。使える時間も増えて、今では本を読む時間に充ててます。

 

 

大体、こんな感じですかね。

 

 

1記事1メッセージを徹底すると・・・

読者も人間なので、1つの記事で1つのことを伝えることで、しっかり理解してもらえます。理解してもらえると、あなたの信頼度もあがるんです。

 

この繰り返しで、読者との信頼関係を築いていきます。

 

信頼関係を築く場面も今ではたくさんあります。ブログ・ツイッター・Facebook・instagram・・・SNSが主流になりつつあります。

 

ブログ・SNSでは、文字数の制限があったりするので、あなたが伝えたい媒体に合わせて文章を書きながら練習してください。因みに、これだけの媒体で文章を書けるようになると、最後まで読んでもらえる確率はグンと上がります。

 

その為にも、読者を迷わせないように「1記事1メッセージ」を意識しながら書き溜めてくださいね。

 

■ 文章の書き方はこちらの教材がお勧めです ■

 

 

 

 

今回のまとめ

今回は「1記事1メッセージ」について書いてみました。実際に書くときのコツ等も合わせてかいてみましたが、いかがでしたか?

 

今の時代は情報過多と言われています。読者も分かりやすくて、問題解決・悩み解決できるページに移動します。せっかく来てくれた読者を迷わせるのは申し訳ないので、1つの記事でたくさんの情報を吸収してもらえるようにしたいですね。

 

更に、「1記事1メッセージ」を繰り返すことで、読者からの信頼してもらえます。ブログ・SNSなどでも同じスタイルで情報発信してくださいね。

 

最初は難しく感じるかもしれませんが・・・これも練習でどうにかなります(笑) 是非、この機会に「1記事1メッセージ」を意識して文章を書いていきましょう。

 

編集後記

私がブログを始めたばかりの頃は、知ってること全てを1つの記事に詰め込もうとしていました(汗) その理由ですが当時、本を読まなかった私の文章のイメージは新聞だったんですね。

 

新聞ってたくさんの情報やニュースが載ってるので、当時は完全に新聞を意識してました。ですが、今はブログやSNSで情報発信するスタイルを学びました。「1記事1メッセージ」意識し始めた頃から、様々な気づきもありました。

 

これからも「1記事1メッセージ」のスタイルで突き進みます。

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました