伝わる文章は【ラブレター感覚】で書くと効果的です

webライティング,文章,書き方,文章術
広告

今回は「伝わる文章は【ラブレター感覚】で書くと効果的です」について書いてみます。あなたは「自分の文章が読者に伝わってない」と、感じたことはありませんか? ブログを始めて間もない頃、誰しもが感じる部分だと思います。この記事では、伝わる文章の書き方」と「コツ」について書いてみました。是非、あなたがブログを書く時の参考にしてくださいね。

 

伝わる文章って難しい・・・

これは、ブログ初心者から、文章で何かを伝えるお仕事の初心者がヒシヒシと感じる部分ですよね。このページのご覧のあなたも、感じていらっしゃると思います。

 

本や教材では「読者に役立つ情報を届ける」・「読者の悩みを解決する記事を書く」など、様々な内容で解説しているのを見たことがありますよね?

 

実際に、本や教材を読んで・・・実践できましたか? この段階で出来てたら恐らく、このページにはたどり着いてないですよね(笑)

 

殆どの人が「伝わる文章の書き方」で、苦しんでると思います。いざ、書こうとPCに向き合うも、全く作業が進まず、時間だけが過ぎていく・・・本当にツライ時間ですよね(汗)

 

どうにか書けた文章も・・・実際に読んでもらえてるんだろうか? 気になるんです。と、言うのも本や教材で学んだものの、上手く使いこなせてないのが、気になる原因になってきます。

 

「じゃあ、上手く伝える文章って・・・どうやって書くの?!」

 

こんな声が聞こえてきそうですね。読んでもらえる書き方があれば知りたいですか?

 

書き方にもパターンがあります。書く内容によって大きく変わってくるのですが、次項から詳しく解説していきますね。

 

 

誰に・何を伝えるのか?

1番重要な部分ですね。そもそも、「誰に」「何を伝えるのか?」ここが明確に決まってなければ、どんなに素晴らしい文章でも読者には伝わりません。

 

この部分は、あなたが何を伝えたいのか・どんな読者に伝えたいのかをしっかりイメージしてください。ブログを開設する時に教わったと思うのですが「ペルソナ」ですね。

 

ペルソナとは、具体的な読者増になります。

 

■ ペルソナ像 ■

・年齢

・性別

・住居

・家族構成

・仕事

・趣味

・休みの日の過ごし方

・将来の夢

・・・・等(他にもまだまだあります)

 

あなたがペルソナの名前が出てくるまで色々な設定を増やしてください。ある程度、絞れてくると、ペルソナが抱えている悩みが見えてきます。

 

抱えている悩みを解決できる情報や、悩み解決につながるグッズはヒントなど、様々な情報を伝えることが出来るんです。

 

この段階で「誰に」「何を伝えるのか?」の部分が、明確になってきましたね。

 

■ ペルソナを選定する方法 ■

 

具体例を伝える

先ほど「何をつたえるのか?」で、様々な情報を引き出せましたよね。その中から、読者に伝えるべき内容を選びます。

 

あなたが伝えたい情報の内容を伝えていきます。同時に、その情報の具体例をしっかり伝えます。あなたが体験した事は読者に伝えやすいので、しっかり伝えていきましょう。

 

注意点ですが・・・具体例は無く、ただの内容を伝えるだけの文章だと、読者には伝わりません。なので、どんな事でもいいので、具体例や体験・感じたことは、どんどん書き足してくださいね。

 

伝え方は中学生でも分かる文章で

この部分も色んな言われ方があります。ある人は「小学校5年生でも分かる文章」また、ある人は「女性に向けた文章」など、実に様々です。

 

後者の「女性に向けた文章」ですが、【女性に伝わりやすい文章 = 全ての人に伝わりやすい文章だそうです。何となく分かる気がしますね(笑)

 

「女性に伝わりやすい文章」が、正解だとは断言できないのですが、分かりやすい言葉や表現で書くことは最も重要です。読者もある程度の情報は調べてきていると思います。ですが、そこであなたのページで専門用語を使いまくった、とっても固い文章だったらどうでしょう?

 

恐らく、読者は難しさを感じて、あなたのページから離れてしまいます。そうなってからでは遅いので、出来るだけ「分かりやすい言葉」「分かりやすい表現」で書いてください。

 

ここでのコツですが「これ位なら知ってるでしょ?!」とは思わないことです。1から伝えるつもりで書く事です。しっかり意識しておいてくださいね。

 

 

伝わる文章を書く時に使える3つのコツ

この項では、実際に文章を書く時に使える3つのコツを紹介しておきます。あくまで一例なので、参考までに読んでください。

 

ここでお伝えするテクニックは3つあります。

 

■ 伝わる文章を書く時に使える3つのコツ ■

・箇条書き

・会話調(「」つきの文章)

・ラブレターを書く感覚で

では、順番に解説していきます。

 

箇条書き

最初に箇条書きで伝えることで、読者は「こちらが何を伝えたいのか」が分かります。そこから、箇条書きの補足でがっつり詳しく解説していきます。

 

この作業の繰り返しで、読者の理解度は変わってきます。じっくり取り組んでいきたい部分ですね。

 

会話調(「」つきの文章)

会話文を使うことで、表現が柔らかくなるので効果的です。普段の文章とのギャップもあるので、読者も退屈しにくくなります。

 

ここでのコツですが、適度に「改行」することです。文章全体でも言えるのですが、改行が少ないと、読者に圧迫感を与えてしまいます。圧迫感を避けるためにも、改行で「空白」を作って読者に気持ちよく読んでもらいましょう。

 

ラブレターを書く感覚で

あなたも1度や2度くらいはラブレターを書いたことありますよね?!その時の気持ちを思い出してください。恐らく、すごく優しい気持ちで書いてたと思います。

 

すごく優しい気持ちで伝えることで、読者への伝わり方は大きく変わってきます。文章も優しくなりますし、表現も優しくなるんです。「ラブレターを書く感覚」を意識しながら書いてみてください。

 

■ 伝わる記事を書く手順 ■

 

 

 

文章を書くためにたくさんの本や教材を読もう

今さら本や教材って・・・そんな声が聞こえてきそうですが、あなたが発信する情報のクオリティを上げる為にも、読書は必要不可欠です。

 

インターネットでも様々な情報を集めることができるのですが、具体的に集めるとなると、かなりの手間と時間がかかります。あなたは読者に中途半端な情報を届けるつもりですか?

 

本を読むことで、その情報については学べます。ですが、それだけではありません。本から学べるのは「その情報に係わる豆知識」から始まり「著者の表現」・「言い回し」なんかも学べます。

 

あなたがこれから文章を書く上で役立つことは間違いありません。是非、時間がある時には積極的に本や教材を読んでくださいね。

 

最初から上手く書ける人はいません

どんな文章でも、最初から上手く書ける人はいません。なので、まずは色々書きまくることですね。今回の書き方を取り入れることで、今までよりも文章が書きやすくなってきます。

 

慣れてくると、今までとは比べ物にならない位、サクサク文章が書けるようになります。その為にも読書が必要なんです。他の人のブログでもいいのですが、本や教材で学ぶ方がロジカル的に学べるので、学習効率はあがります。更に学習スピードも大きく変わってきます。

 

「本や教材を読んで、即記事を書く」この繰り返しで【伝わる文章】が書けるようになります。是非、チャレンジしてくださいね。

 

■ もっと具体的な書き方が学べる教材 ■

 

 

 

まとめ

今回は「伝わる文章は【ラブレター感覚】で書くと効果的です」について書いてみました。それぞれの段階に合わせた書く時のコツまでお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

ラブレターを書く感覚で挑むと、優しい気持ちで文章が書けます。自然と表現まで優しくなってくるのが分かって頂けたかと思います。

 

後は、練習次第なので、今回お伝えしたポイントを踏まえながら文章を書きまくってくださいね。

 

 

編集後記

今回お伝えした「ラブレターを書く感覚」で、今まで抱えていた悩みが少しずつ解消できました。と、言うのも書き方は教材で学んだのですが、どこかギコチナイ表現だったのです。

 

そんな時に「本」からヒントを得たのが【ラブレターを書く感化】でした。私もラブレターは書いたことあります(照)確かに優しい書き方・・・だった気がします。言葉使いは、ちょっとカッコつけてたかもしれませんが(笑)

 

でも、自分の伝えたいことは伝えられました。情報発信も同じなんです。読者の為を想うと、精一杯の情報を届けたいですよね。このページをご覧のあなたも早速、今日からラブレターを書く感覚で情報発信してくださいね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

 

 

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました