ブログで使う2種類のプロフィール~具体的な書き方とコツ~

今回はブログで使う2種類のプロフィールについて書いてみます。あなたはブログで使う2つのプロフィールはご存知ですか?2つのプロフィールにはそれぞれ役割があるんです。この記事では「2つのプロフィール」の役割と、実際にプロフィールを書き方からコツまでを解説します。是非、最後まで読んでくださいね。

ブログで使う2つのプロフィール

ブログで使うプロフィールは次の2つです。

■ ブログで使う2種類のプロフィール ■

・ブログのサイドバーに載せるプロフィール

・1つの記事でしっかり作り込んだプロフィール

そんなことは知ってるよ!・・・との声が聞こえてきそうなのですが、2つのプロフィールは知っているものの、上手く使いこなせてない人が多いんです。

正直、プロフィールを書くのって、何だか恥ずかしいですよね。どこまで書いていいのか分からないですし、こんなこと書いて大丈夫?!など、余計な心配ばかりしてしまいます。

私もブログを始めたばかりの頃はプロフィールを書くのが嫌でした(笑) ですが、実際にプロフィールを書いて気づいたことがありました。それは、読者からの「共感」です。

・satoshiの言ってること分かります

・私も同じ考えです。

等の言葉を頂けるようになりました。たった、これだけの反応ですが、ブログ初心者の私には大きな勇気をもらえたのは素直に嬉しかったのは今でも覚えています。

実際にプロフィールってどうやって書けばいいの?

プロフィールの話をすると、最初にたどり着く疑問が「プロフィールの書き方」ですよね。この項では【2つのプロフィール】の書き方について解説します。

ブログのサイドバーに載せるプロフィール

私のブログでも載せているので、大体のイメージはつきやすいと思います。こちらには、簡単なプロフィールで大丈夫です。

その理由ですが、サイドバーと言う限られたスペースに載せるからです。アノ細いスペースにガッツリ書くと、恐ろしく縦長なプロフィールになってしまいますよね?

縦長の文章って、読みにくい印象を与えてしまいます。なので、こちらには簡単な書き方で、最後にガッツリ書いたプロフィール記事に誘導するのが目的です。

サイドバーに載せるプロフィールの書き方

こちらには簡単な自己紹介を書けば大丈夫です。プラス、あなたのキャッチコピーや「〇〇の専門家」アピールですね。

この辺りをサラッと書くことで、読者の興味を引けます。興味を持った読者は、更にあなたの事を知りたくなるので、その先のプロフィール記事に誘導されます。

この流れを意識して書くと効果的ですね。あなたが何かオリジナルの商品を販売しているのであれば、そちらをアピールしても面白そうですね。

注意点ですが「余計なことは書かない」ことです。書くのであれば、あなたのブログの主旨に沿った内容や、ブログのジャンルに関連した内容で書くことです。この段階で色々書いてしまうと、ブログの主旨がブレてしまう可能性があるので気をつけてくださいね。

プロフィール画像ですが・・・個人的には写真でもアバターでも問題ないと思っています。今の時代、顔出しだけが全てではありませんよね。下手に顔出しして何か嫌がらせされても困るからです。

有名なアフィリエイターは顔出し + 本名で運営されているのですが、初心者のあなたは無理に顔出しはしなくても大丈夫です。

個人的にNGを出したいのは・・・ペットや食べ物の写真や画像です。その理由ですが、私だったらペットや食べ物に教わりたくないからです(笑) 教わるなら・・・人から教わりたくないですか?この辺りの配慮はしていきたいところですよね。

1つの記事でしっかり作り込んだプロフィール

プロフィールのメインパートです。こちらのプロフィールですが、書き方次第で、あなたの強力な武器になります。ここまでたどり着いた読者は、あなたにかなりの興味を抱いています。読者にあなたの事を知ってもらえる数少ないチャンスになります。

1つの記事として書くので、書き方はあなたの自由です。ガッツリ書いてあなたの武器にしてくださいね。次項で書き方について解説します。

1つの記事で作り込むプロフィールの書き方

■ 1つの記事で作り込むプロフィールに入れる内容 ■

・何の専門家なのか明記する

・あなたの強みのポイント

・実績(なくても大丈夫です)

・人柄を醸し出す

上記意外にも探せばあるのですが、最低限上記の4つは取り入れてくださいね。では、それぞれ解説します。

何の専門家なのか明確にする

ブログの中でも「〇〇の専門家」アピールはしているので、プロフィールでもしっかり書きましょう。再度、アピールすることで、確実に読者に伝わります。

ここでの注意点ですが、あなたが「ブログの中で伝えている専門家」と大きくかけ離れた内容にしない事です。例えば、健康に関する専門家を謳ってたのに、プロフィールではダイエットの専門家になってたら・・・違和感しか感じませんよね。

読者には不信感しか与えないので、ブレることなくしっかり書いてくださいね。

あなたの強みのポイントをアピールする

あなたの専門分野でも得手不得手があると思います。「〇〇の専門家で、その中でも△△が私の得意分野です」と、あなたのパワーポイントを明記しておきましょう。

ここをしっかり書くことで、読者にも明確に伝わります〇〇の中の△△だったら、あなたのページを見ればいいんだな・・・と、認識してもらえます。

ここでの注意点ですが、嘘は書かないことです。仮に今は出来てなかったとしても、今は△△について勉強してます。の様な書き方でも大丈夫です。くれぐれも、嘘だけは書かないようにしてくださいね。

実績(なくても大丈夫です)

既に実績があれば、強烈なアピールポイントになるのでしっかり書いてください。実績がなければ、勉強中でのちょっとした変化や気づいた事を書く事で読者に伝わります。

気持ちの変化や取り組む姿勢の変化も読者は知りたいポイントなので、実績がなくてもそれぞっれの変化でアピールしてくださいね。

人柄を晒し出す

あなたの人柄は何よりも強力なアピールポイントになります。このブログを書いてる人って・・・実際はどんな人なんだろう?! あなたは感じたことありませんか?

ブログの文面だけでも、伝わるかもしれませんが、随所であなたの人柄が分かる文章を取り入れてください。

ここでの注意点ですが、あなた自身を偽らないことです。そのキャラで突き進む覚悟があるなら、それでもいいかも知れません。

ですが、人柄を偽ってしまうと、いつかバレます。最近の読者はたくさんのページを見ているので、すぐに気づかれます。なので、ありのままのあなたを曝け出してみましょう。

自己ブランディングの最初の一歩

今回お伝えした「2つのプロフィール」ですが、自己ブランディングの最初の一歩です。あなたの専門家としてのブランドにすることは、この先のブログ運営での重要なポイントになってきます。

ブランドは一夜では出来ないのですが、コツコツ経験を積み重ねることで、形成されていきます。あなたの専門分野からブレないためにも、自己ブランディングは意識しておいてくださいね。

まとめ

今回は「2種類のプロフィールの具体的な書き方とコツ~自己ブランディングの第1歩~」について解説しました。それぞれの書き方とコツから注意点まで書いてみました。いかがでしたか?

プロフィールはブログを始めてすぐ取り組めるのですが結構、見落としている人が多いです。せっかく、あなた自身をアピールできる数少ないチャンスなので、この機会は逃したくないですよね。

最初から上手く書けないと思います。ですが、繰り返し書くことで、きっと読者に伝わるプロフィールの仕上がります。早速、今日から恥ずかしがらずに書いてくださいね。

編集後記

私はプロフィール記事が上手く書けませんでした。今も時々見直しながら手を加えています。過去に読んで気になったブログのプロフィールは本当にたくさん読んできました。

プロフィールがしっかり書けている人には、本当に引き込まれますよね。プロフィールに完璧な答えは無いとは思うのですが、しっかりアピールだけはしていきたいですね。

あなたも早速プロフィール書いてみてはいかがですか?書いたら是非、読ませてくださいね。

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

e-mailアドレス:

*不要であれば1クリックで解除できるので安心してご参加ください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Comment

  1. Yasunari より:

    初めまして。ランキングから来ました。
    自分はプロフィールを重要視していなくてしっかり書き込んでいなかったのですが、このサイトを見てプロフィールは大切なんだと痛感させられました。
    自分のブログを見直してしっかり書き込みたいと思います。

    • satoshi より:

      Yasunariさま

      はじめまして。
      コメント頂きありがとうございます。

      プロフィール・・・
      結構、重要ですよね。

      ブログは、いつでも修正できる所が素晴らしいので、
      色々書きながら仕上げるといいですよ。

      書き方で、何か分からない所があれば
      いつでも連絡くださいね。

      これからも役立つ情報発信がんばります。
      今後共よろしくお願いしますね。