Webライティング

「2W1H」はアウトプットの基本。上手な使い方を教えます。

 

情報発信はWhy と What と HOW の「2W1H」で実践すること。

相手に確実に届ける簡単な方法です。

 

あなたは「2W1H」と、言う言葉をご存知ですか?よく聞く言葉だと「5W1H」で教わることが多いですね。ですが、実際に意識して書くと、難しく感じる人はたくさんいると思います。

 

そこで、今回は2つの「2W1H」について解説します。「2W1H」は、すごくシンプルですが、伝わりやすい文章を書く方法なのです。あなたが、この記事を読むことで、今よりも伝わるコピーでブログ更新ができます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

2W1Hとは?!

 

■ 2W1Hの構成 ■

・Why:なぜ、○○を伝えるのか?!

・What:○○を実践するのに何が必要なのか?!

・How:どのように伝えるのか

 

Why ・What・ Howの3つを使って、まず考えます。実はこの部分を意識するだけで、相手に伝わる文章が書きやすくなります。しかも、この考え方が出来てくると、読者は行動に導きやすくなります。

 

通常、文章の基本は「5W1H」と、言われています。もしかすると、あなたも「5W1H」については聞いたことがあるかもしれませんね。

 

ですが、実際に情報発信するとなると、5W1Hだと長い説明になってしまいます。コピーがややこしくなる原因ですね。それに対して「2W1H」だと、短くまとめて確実に相手に届けられるメリットがあります。

 

長文を書く時には、5W1Hの方が向いているかもしれません。ですが、今の時代の読者は基本的に時間がありません。なので、最近では短くしっかり伝える工夫が必要になっています。

 

 

実際に書く順番は・・・

ここでも正しい書き方があります。書く順番は次の通りです。

 

①Why ⇒ ②What ⇒ ③How

 

この順番で書いていきます。書き方は次項でそれぞれ詳しく解説します。

 

Why:なぜ、○○を伝えるのか?!

最初に問題を認識してもらう為に「Why」で問いかけていきます。例えばこんな感じです。

 

■ Whyの例文 ■
なぜ、情報発信をする時に「ブログが有利でお勧め」と言われている理由はご存知ですか?!

 

この様に問いかけられると、その先が気になりませんか?情報発信に興味がある人であれば、その先が気になって仕方なくなってくると思います。問いかけられた読者は、この段階で聞く耳を持ちます。

 

因みに、相手に考えさせる事で、あなたの記事に更なる興味を引き出せます。冒頭から質問攻めは問題ですが、シンプルで相手が答えやすい問いかけを意識してくださいね。

 

 

What:○○を実践するのに何が必要なのか?!

「Why」で様々な問いかけと説明を聞いているので、次は「何が必要なのか」気になります。

 

例えばこんな感じです・・・

 

■ Whatの例文 ■
「正しい順番と正しいやり方」が載っている教材を準備するのが最優先です。その理由は、あなたが成果や結果を最短・最速で手にできるからです。

 

もちろん、これだけだと文章としては弱いので、肉付けは必要です。何を準備するべきかを、明確に伝えることが出来ました。続いて次の「How」につなげます。

 

 

How = どうやって

WhyとWhatで詳しく説明しているので、読者はどうやって手に入れるの?!と、疑問に思い始めます。今回は販売の記事で例えてきたので「手に入れる方法」を伝えます。

 

例えばこんな感じです。

 

■ Howの例文 ■
正しい順番と正しいやり方が載っている教材はこちらで買えますよ

 

この様に伝えるだけですね。もちろん、これだけでは文章としては弱いので、実際に文章を書く時にはしっかり肉付けしてくださいね。

 

上記の3つの流れ・・・シンプルですが、自然じゃないですか?!読者も、シンプルに伝えてもらった方が、次の行動に移しやすくなるのが分かって頂けたかと思います。

 

 

2W1Hで書く時のコツ

最初に興味を引き付けるのが最重要です。その為に「Why」を最大限に活用します。人間は「なぜ?」と、聞かれると答えを探しにいく生き物です。考える時間を与えることで、読者は感じた疑問の答えに興味が沸いてきます。

 

実際に、答える時はあなたが伝える内容に理由や根拠など、あなたが知っていることを全て伝えるのが重要です。ここで興味が引けなければ、その先の「What」や「How」にはつながらないからです。

 

なので「Why = なぜ?」を書く時に集中してみてくださいね。では、上記の例文に少し肉付けして書いてみます。

 

■ 2W1Hで書いた例文 ■

なぜ、ブログで稼ぐには「稼ぐ仕組み」が必要なのでしょうか?その理由・・・知りたくないですか?理由は、すごく簡単なんです。

 

今の世の中の殆どが仕組みによって動いています。あなたの会社にも、会社を成長させてきた仕組みがあると思います。

 

その理由は、あなたの会社にいる社員の給料・事務所の家賃・経費など、会社を運営するにはお金が必要です。会社にお金が入ってこないと、あなたはお給料が貰えなくなる可能性もあります。「定期的にお金が入ってくる仕組み」と認識しておいてください。

 

この仕組みはアフィリエイトにも必要なんです。その理由は、ただの思いつきで、アフィリエイトするよりも、仕組みを作って運営することで、収益が安定してくるからです。

 

稼ぐ仕組みを作る方法もたくさんあるのですが「正しい順番と正しいやり方」が載っている教材があるので、初心者でも安心して取り組めます。

 

因みに「正しい順番と正しいやり方」が載ってる教材はこちらで販売してます。実際に私も試したのですが、結果が出せました。今度はあなたの番ですね。早く成果・結果を出したい・・・と、考えるのであれば今すぐ「正しい順番と正しいやり方」が載ってるこの教材を手に入れてくださいね。

 

すごく大雑把な例文になってしまいましたね(汗)スミマセン・・・

 

ですが、これだけでもかなり伝わりやすくなったと思います。5W1Hの書き方とは少し違うのですが、今回お伝えした「2W1H」でも、相手には充分に伝えることができます。

 

 

 

あなたが何かの情報を伝えるのであれば、余り多くを語らずに伝えられる「2W1H」の方が読者も理解しやすくなります。あなたが伝える内容に合わせて、伝わりやすい書き方を息ししてくださいね。

 

 

ありがとう

 

 

今回のまとめ

今回は「「2W1H」はアウトプットの基本。上手な使い方を教えます。」をテーマに解説しました。例文を使って解説しましたが、いかがでしたか?

 

文章も書き方次第では、伝わりやすさは大きく変わってくるのですが「2W1H」は比較的どんな文章でも書ける書き方です。あなたもこの機会に「2W1H」を試してくださいね。きっと、今までとは違った文章表現に出会えると思います。

 

 

編集後記

文章の書き方「型」と呼ばれるモノは本当にたくさんありますよね。実際に私が文章力や文章術を学び始めてから気づいたことはたくさんありました。

 

実際に使うとなると、最初は難しいのですが、慣れてくると文章は恐ろしい位に書きやすくなりました。2500文字前後の文章を書き終わるのに3~4時間掛かってたのが、今では2時間足らずで書き終えることができてます。

 

これからの練習次第では、更に時間は短縮できそうです。このページをご覧のあなたも、文章力・文章術を学んでみませんか?

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング



あなたの応援に感謝します♪

-Webライティング
-, ,

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.