「書くのが苦手」を克服する方法

今回は【「書くのが苦手」を克服する方法】をテーマに書いてみます。本当に多くの人は、文章を書くのが苦手だと感じているそうです。このページをご覧のあなたも、文章が苦手だと感じていませんか?実は、文章を書くのが苦手な人にはある特徴があるんです。この記事を読むことで、今までとは違った感覚で文章が書けるようになります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

上手く書けないと悩んでいる人の共通点

実は、上手く文章が書けないと悩んでいる人には共通点があります。その共通点は「圧倒的な準備不足」でした。

 

あなたも、ブログや文章を書く時に、何かしらのインプットをされていると思います。インプットしたい情報の質に関しては、実際に触れてみないと分からない・・・かもしれませんね。

 

ですが、あなたはインプットしたい情報が正しいのか正しくないのかなんて、分からないまま、中途半端に理解する傾向があります。

 

広告

中途半端に理解してしまうと、文章が全体的にボヤけて、よく分からない文章になります。

 

著者目線では、この様なよく分からない文章では、伝わるどころか、誤解を招くことも考えられます。その為の対策として「準備」を次項からお伝えしていきます。

 

 

 

 

文章を書く前の準備

準備してから書き始めるのと、準備ナシでいきなり始めるのとでは、明らかに大きな違いが出ます。理由は簡単です。しっかり準備が出来ていると、伝える内容・順番を最初から明確になります。違和感を感じたら、編集するだけで、スムーズに文章が書けます。

 

準備ナシで書き始めると、行き当たりばったりもしくは、思いつきが強めの文章に仕上がる可能性もあります。他にも、上手く書けない・短い文章しか書けない・・・等の悩みも出てきます。

 

この状態を回避する為にも「文章を書く前の準備」が重要になってきます。準備と言っても、初心者が準備するのは3つです。その3つとは下記の通りです。

 

 

■ 文章を書く前の3つの準備 ■

・結論

・目的

・型

 

次項でそれぞれ詳しく解説するので、じっくり読んでくださいね。

 

 

結論

「読者に何を伝えるのか?」そもそも、伝えたいことがなければ、文章なんて書けません。友達とのメールやSNSであれば、問題ないかもしれないのですが、ビジネス文章だと結論が無い文章は論外です。

 

目的

・情報を伝えることで、読者にどうなって欲しいのか?

・どんな行動をして欲しいのか?

 

この辺りをしっかり伝える必要があります。何を言ってるのか分からない文章は「目的」が明確になってない人が多い傾向です。読者のニーズに沿って、あなたからの情報の目的をしっかり伝えていきましょう。

 

過去の記事で様々な文章の「型」についてお伝えしました。あなたが伝える内容に最適な型を準備することです。最初に前項の準備と「型」の準備ができれば、かなりスムーズに文章が書けるようになります。

 

文章の型もたくさんあるので、あなたが書きやすい型を見つけましょう。1つマスターしたら、文章のバリエーションを増やす為に新たな「型」を練習するだけです。

 

以上が「文章を書く前の3つの準備」になります。すごく簡単な感じがするかもしれませんね(笑)ですが、油断は禁物です。あなたも既に聞いたことがある言葉なので、ついつい軽くみてしまいます。

 

結果、上手く文章が書けない・・・と、負のスパイラルを繰り返すので注意が必要です。

 

 

 

実践編

文章を書く前の準備が整ったら、いよいよ実践ですね。実践は「ひたすら書く」ことです。実は、シンプルで1番いい方法が「ひたすら書く」なんです。

 

その理由ですが、文章に限らず量をこなせば質に変わるからですね。文章の場合だと、本当にひたすら書くだけで、読者に伝わる文章が自然に書けるようになるので安心してくださいね。

 

参考記事

質量転化の法則~量をこなせば質に変わります。
今回は「質量転嫁の法則」について書いてみます。この法則のすごい所は、量をこなすことで、質につながる事です。この記事では、例文を交えて解説してみました。私が実践して感じたこと + コツも併せて書いてみました。簡単に体感できるので、あなたもこの機会に意識してくださいね。では、はじめます。

 

 

初心者ができる、もう1つの実践は「誰かに伝えること」です。ここでの誰かとは、あなたの身の回りに居る人です。例えば、本を読んだとします。

 

一緒にいる友達や家族が分かりやすいですね。

 

・今読んだ本は〇〇で△△だったから面白かった。理由は、△△が本当に□□だったから・・・

 

こんな感じで大丈夫です。誰かに伝える時も、独りよがりにならない伝え方を意識してくださいね。文章で伝えるような感覚は常に意識しておいてくださいね。

 

 

準備から実践が一貫して出来ると・・・

あなたのブログにも一貫性が生まれます。読者も恐らく「読みやすいブログ」と認識してもらえます。また読みたい・・・につながるんですね。

 

あなたは、準備・・・聞くと難しいモノを想像してしまうかも知れませんね。特別なやり方は無いのですが、最初はノートに書き出すのがお勧めです。その理由は、ノートを見ながらブログが書ける。心強いですね。

 

ノートを取る作業ですが、繰り返し続けることで、やがて脳内でもしっかり準備できます。脳内で準備ができれば、ブログを書いてる時間は大幅に短縮できます。是非、この機会にじっくり取り組んでくださいね。

 

 

まとめ

今回は【「文章を書くのが苦手」を克服する方法】について書いてみました。いかがでしたか?

 

「準備が8割」と言う言葉はご存知ですか?今回の文章を書く前の3つの準備・・・まさに当てはまってると思いませんか?型まで決まってるので、残りの2割で文章をかくだけなんですね。

 

今回お伝えした準備ですが、初心者でも使える方法だと思います。早速、今日からブログを書く前の3つの準備から始めてくださいね。

 

 

編集後記

過去の私も文章が書けなくて悩んでた時期がありました。なので、ライティングの勉強を始めました最初は、何から始めたらいいのかすら分からず、コピーライティングから始めたのですが、手応えはありませんでした(笑)

 

そこからWebライティングを学んで、最終的にたどり着いたのが「文章力と文章術」だったのです。文章力と文章術が分かってくると、過去に学んだコピーライティングやWebライティングの理解度も大きな変化がありました。この時、過去の学びは無駄ではなかったと安心しました。

 

これからも「学び」 ⇒ 「実践」を繰り返しながら、ライティングのスキルを確実にマスターします。このページをご覧のあなたも、是非この機会に「文章力・文章術」から始めてみませんか?

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

  1. hiroandyuki2017115 より:

    こんにちは。
    ブログランキングからきました。
    文章を書く前の準備は大切なんだと思いました。
    とても参考になりました。
    また拝見させていただきます。

    • satoshi より:

      hiroandyukiさま

      いつもコメント頂きありがとうございます。
      何をするにも準備はやっぱり重要ですよね。

      ブログ記事は材料集めさえできれば、
      どんな文章でも書けます。

      是非、色々試してくださいね。

  2. こばみち より:

    こんばんは、ランキングから来ました。
    記事を書くのは、とても苦手で、なかなかブログを始まるのに時間が掛かってしまいさす。

    • satoshi より:

      こばみち様

      いつもコメント頂きありがとうございます。

      ブログを始めるまでって結構、勇気が要りますよね。
      私も同感でした。

      ですが、安心してください。
      スタートしてしまえば、
      自然の流れで出来るようになります。

      勇気を持って最初の1歩を踏み出してくださいね。
      精一杯応援します。

タイトルとURLをコピーしました