上手くアウトプットする為のたった1つのスキルをご存知ですか?

Webライティング

上手くアウトプットする為のスキル・・・あなたはご存知ですか?今回は「上手くアウトプットする為のスキル」について書いてみます。今回お伝えするスキルですが、文章以外でもかなり役立つスキルなんです。この記事を読むことで、あなたのアウトプットのレベルが格段に上がります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

誰かに教えるスキル

「誰かに教えるスキル」は、ビジネスの世界では、最も必要なスキルだと思います。と、言うのも、教えるスキルはネット以外のビジネス(会社等)でも通用するからです。

 

例えば、社員教育や部下の育成などは分かりやすいですね。社員や部下に教えるには、あなたが会社のことや、業務のことをしっかり理解しなければなりません。

 

理解するまでには莫大な時間を要します。あなたが覚えた内容を他の社員や部下・新入社員に伝えていきます。ここで難しさが出てきます。

 

その難しさとは・・・「教える人のレベルに合わせて説明すること」です。同じ内容を説明したとしても、教わる側のレベル次第では、教える順番と時間が変わってきます。

 

あなたの「伝える力」が試されるのです。

 

教える時の基本

 

教える時の基本は次の3つです。

 

■ 教える時の3つの基本 ■

・伝える相手のレベルに合わせて教える

・とにかく分かりやすい言葉で伝える

・繰り返し伝える

 

前項でもお伝えしたのですが「伝える相手のレベルに合わせる」のが難しく感じると思います。なので、教えながらリサーチするしかありませんよね。

 

伝える相手のレベルが分かると、文章が書けるようになります。書く時のコツですが、とにかく「分かりやすい文章」で書くことですね。

 

読者のタイプにもよりますが、基本的には専門用語は使わないように書くのがポイントです。専門用語を、どれだけ分かりやすい言葉に置き換えるのか・・・ここで「分かりやすさ」が大きく変わってきます。

 

分かりやすい言葉で、何度でも繰り返し伝えることで、伝える相手も理解度が深まります。人間は1度伝えただけで理解できる人は殆どいません。だからこそ、繰り返し何度でも伝えるのです。何度も伝えていくと、伝える相手も「ここが重要なのか」と、理解し始めます。

 

ここまで出来て初めて、教えたことになります。

 

 

誰かに教える為の準備

誰かに教えるからには、あなたにも準備が必要です。準備の方法は2つあります。

 

■ 教えるための2つの準備 ■

・教材・本・セミナーなどからのインプット

・インプットした事を実践

 

上記2つの準備をとにかく量をこなすことですね。量をこなす時の注意点ですが、真面目な日本人にありがちなのが「完璧な準備を目指す」ところです。

 

気持ちはよく分かるのですが、人間は覚えたことを忘れる生き物なので、完璧を目指しながら忘れてしまいます。そうなると、インプットに費やした時間だけが無駄になってしまいます。

 

なので、教えながら(アウトプット)学ぶ(インプット)スタイルが最善の方法ですね。

 

インプットした内容も実際に、あなた自身で試す必要があります。その理由ですが、インプットした内容の効果を知らなければ、伝える相手に上手く教えることは難しいです。

 

もう1点・・・その情報が正しいのかどうかを判断する必要があります。教える相手に嘘を教える訳にはいきません。なので、実際にあなたが試して伝えるべき内容をしっかりまとめてから、相手に伝えましょう。

 

その為にも、インプットした内容の実践は圧倒的な量が必要ですね。

 

 

あなたの言葉で相手も変わる

あなたが曖昧な知識で伝えた内容と、ガッツリ知識武装して伝える内容を比べると、伝える相手にも大きな変化が現れます。マザー・テレサの「五つのきをつけなさい」は名言ですね。

 

■ マザー・テレサ「五つの気をつけなさい」 ■

思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから

言葉に気をつけなさい。それはいつか行動になるから

行動に気をつけなさい。それはいつか習慣になるから

習慣に気をつけなさい。それはいつか性格になるから

性格に気をつけなさい。それはいつか運命になるから

 

~マザー・テレサ~

 

マザー・テレサの言葉からも分かりますよね。この言葉は知らなかったとしても、あなたにも当てはまることはあると思います。

 

あなたが、伝える相手に対して真剣に向き合うことで、相手そのものを大きく変えてしまう可能性があります。なので、あなたが教える際にはバッチリ「知識武装」しながら教えてあげてくださいね。

 

 

最初から上手く教えることは出来ない

最初から上手く教えることは出来ません。なので、教えることが初心者のあなたも安心してください。なので、最初から上手くうやろうなんて、考える必要もありません。

 

教える現場で色々試すことで、あなたの教えるスタイルが見えてきます。もしかしたら、教える人から「分かりにくい」等と、言われる事があるかもしれないのですが、何回もチャレンジしましょう。

 

あなたが熱い想いを伝え続けることで、伝えたい人にも、あなたの気持ちは届きます。

 

まずは、圧倒的なインプットをしながら相手に伝えるスタイルを確立させてくださいね。ここで「教える文章」が書けるようになると、あなたの本業でも威力を発揮できます。

 

文章にする内容をそのまま言葉で発するだけなんですね。相手は目の前にいるので、様子を伺いながら伝えられるので、言葉の効果が測定できます。他には・・・社内のマニュアル作りにも、今回のスキルは有効です。

 

もし、あなたが後輩や部下の指導に携わっているのであれば是非、試してくださいね。

 

 

ブログで使うなら・・・

どんな記事でも書けるようになります。教えるスタイルで書くので、分かりやすい記事に1歩近づくことが出来るんです。読者とも寄り添うことも可能なので、かなり強力な武器になってきます。

 

ブログ内の様々な場面で使えるので、あなたもこの機会に「教える力」を試してくださいね。きっと、今までとは違った感覚でやる気が沸いてくると思います。

 

 

今回のまとめ

今回は「上手くアウトプットする為のたった1つのスキル」について書いてみました。いかがでしたか?

 

今回お伝えしたスキルは「教える力」です。教える力は、ブログではもちろん、あなたの本業でも威力を発揮してくれます。この先の人生でも生かせるスキルです。

 

あなたも是非、この機会に「教える力」のスキルを身につけてみてはいかがでしょうか?

 

 

編集後記

私は元々、人に何かを教えるのは得意ではありませんでした(汗)と、言うのも言ったことが分かってもらえないと、妙にイライラしてしまうからです。こちらがイライラすると、相手にしっかり伝わるんです。当時はすぐにバレてしまい大問題になりました(滝汗)

 

今回、アフィリエイトに再チャレンジする時に、過去の問題と真剣に向き合いました。当初は売りたい一心で、誰かに教えると言う感覚が馴染めませんでした。

 

ですが、ブログを書いてる時に今回の「教える力」を知りました。知ってることをそのまま書くよりも、教えるように書いた方が分かりすかったのです。

 

それから、文章の書き方が激変しながら今日に至ります。これからも「教えながら」書いていきますね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました