相手の心に残る強い言葉を作る5つの技

あなたは「相手の心に残る強い言葉」の作り方はご存知ですか?今回お伝えする5つの技ですが、かなり前から使われている技になります。その5つの技とは次の通りです。

 

■ 相手の心に残る言葉を作る5つの技 ■

・ギャップ法

・リピート法

・サプライズ法

・クライマックス法

・赤裸々法

 

上記の5つはかなり有名ですよね。今回はこの5つの技について解説していきます。既に「5つの技」をご存知の方は退屈な内容かもしれませんね・・・ですが「5つの技」を、知らないもしくは、再認識したい人には役立つ内容だと思います。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

ギャップ法

反対の意味の言葉を使うことで、ギャップが生まれます。ギャップには「隙間」・「裂け目」・「溝」・「隔たり」と言う意味があります。

 

これらを感じると心に残る言葉になります。例えば、ドラマで有名になったこの言葉・・・

 

■ 半沢直樹の名言 ■
やられたらやり返す。倍返しだ!

 

「やられたら」・「やり返す」は反対の意味の言葉を使っているのが分かって頂けたかと思います。ドラマ放映当時は多くのビジネスマンが真似して使ってた名言ですよね。

 

 

リピート法

広告

同じ事を何回も繰り返し伝える方法です。リピート法ですが、ただ繰り返すだけなのですが、以外と威力があるやり方です。

 

■ ギャップ法の例文 ■
めっちゃ好きです。やっぱり好きです。君のことが好きなんです。

 

例文のように繰り返しい伝えることで、相手の心に残る言葉になります。ただ繰り返しているだけですが、インパクト抜群ですよね。

サプライズ法

相手に伝えたいことを「驚いた感じで」アレンジする方法です。こちらも実はすごく簡単なのですが、驚きの効果があります。

 

■ サプライズ法の例文 ■
君のことが好きです。 ⇒ 君のことが好きです!!!

 

こちらは最も簡単な例ですね。語尾の「。」を「!!!」に変えただけのお手軽な方法です。たったこれだけでも結構インパクトが出せていると思います。

 

他にも文の最初に「これは凄い」・「そうだ~」などの言葉を付け加えるだけで、サプライズを演出できます。使い方は本当にたくさんあるので、あなたも色々試してくださいね。

 

 

クライマックス法

1つの文章で読者を引き込むパワーがあります。通常の文章の中に「クライマックス法」を取り入れることで、読者は気になってじっくり読んでくれます。

 

■ クライマックス法の例文 ■
ここからが重要です!!

 

文頭に「ここからが重要です!!」と書かれていたら気になりませんか?恐らく、殆どの人はその先をじっくり読むと思います。

 

他には「○○の3つの方法があります」や「ここだけの話ですが・・・」などもクライマックス法になります。もしかしたら、このページをご覧のあなたもどこかで使ったことがあるかもしれませんね。

 

 

赤裸々法

こちらは自分の今の素直な感情をそのまま、言葉で表現する方法です。あなたの想いを伝えるだけなので、思ったよりも簡単に使える方法ですね。

 

■ 赤裸々法 ■
君のことが好きすぎて、胸が張り裂けそうだ!!

 

他にも「顎が落っこちるくらい美味しかった」など、直接感じることができる言葉で伝えると効果的ですね。あなたの感覚を驚きの言葉で表すだけなので以外と簡単です。

 

 

5つの技が理解できると・・・

上記でお伝えした「5つの技」が理解できると、あなたの文章のバリエーションが確実に増えます。「文章のバリエーションが増える = あなたの武器」に直結します。

 

こちらも、いきなり上手くは書けないので、普段のブログ更新やSNS・仲間とのコミュニケーション時に少しずつ練習することで身につくスキルです。

 

使えば使うほど面白くなってくるスキルなので是非、あなたも使い倒してくださいね。

 

5つの技を盛り込んだ例文

 

遂に準備が整いました!!(クライマックス法)

 

このページを最後まで読んでくれたあなただけにこっそりお伝えします。(サプライズ法)

実は、私が以前から計画していたのですが、近日中に公開します。その計画とは・・・

 

「(仮称)ライティングマスター講座」

 

私がこれまでに学んできたことを、メルマガを使って今度はあなたにじっくりお伝えします。しかも驚きの無料でのお届けです。(ギャップ法)

 

過去の私は人に見せるのが恥ずかしい位の文章しか書けませんでした。今考えると「顔から火が出る位恥ずかしい」文章だったのです。(赤裸々法)

 

この様な状態だったのですが、たくさんの本や教材を買い漁って読みまくりました。学んでいく中で、様々な変化を経験しました。

 

メルマガでは実際に私が学んで感じたことや、失敗談・成功談までお伝えします。更に学ぶ時のコツや具体的なやり方もお届けします。

 

更に学ぶのに最適な本なんかも随時紹介していきます。(リンクだらけの怪しいメルマガではないので安心してくださいね。)

 

ここからが重要です。(クライマックス法)

 

文章の【型】から【書き方のコツ】の秘密も遂に発見しました。この辺のことはブログでは書けないので、メルマガであなただけにこっそり無料でお伝えしていきます。(リピート法 + ギャップ法)

 

従来の「メール講座」とは全くの別物になります。正式なリリーズの際には、このブログのトップページでお知らせします。リリースまでもうしばらくお待ちくださいね。

例文に直すとこんな感じになります。実はこの例文・・・私の企画なんです(笑) 今までは、1週間~10日間の限定メルマガでしたが、今回の企画はあなたとじっくり向き合う為のメルマガにしました。

 

リリースまでにもう少し時間が掛かるのですが、近日中には公開する予定です。正式なリリースが決まったら、改めて案内しますので、よろしくお願いします。

 

 

今回のまとめ

 

■ 強い文章にするための5つの技 ■

・ギャップ法

・リピート法

・サプライズ法

・クライマックス法

・赤裸々法

 

今回は「相手の心に残る強い言葉を作る5つの技」について書いてみました。例文を交えての解説でしたがいかがでしたか?

 

使い方は簡単なので、普段の生活の中で繰り返し使うことで、すぐにマスターできると思います。普段の言葉をほんの少し変えるだけなので、このページをご覧のあなたも早速、今日から始めてくださいね。

 

編集後記

今回お伝えした「相手の心に残る強い言葉を作る5つの技」ですが、有名著書の「伝え方が9割」で学びました。

 

著者:佐々木 圭一 / 出版社:ダイヤモンド社 / 発行日:2013年2月28日

 

 

当時は「コピーライティング」と、言う言葉に魅了されていたのですが、本や教材を読んでも書けませんでした。そこから、スキルを習得する為に掘り下げて買った本が「伝え方が9割」だったんです。

 

最近、改めて読み直して「5つの技」の重要性に気づいたので、今回の記事にしてみました。あなたは読み終わった本を見返すことはありますか?

 

1度読んだ本でも読み直すことで、新たな気づきがあります。もし、読み直しをしたことが無ければ、この機会に始めてみてはいかがですか?せっかく、買った本ですから、とことん使い倒してくださいね。

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

  1. Kuru より:

    こんばんは。
    5つの技、確かに入ることでとても興味をひく文章になっていると感じました。
    そのため、最初から5つは難しいと思うため、
    2つ・3つぐらいから入れるてなれるようにしていきたいと思います。

    • satoshi より:

      Kuruさま

      いつもコメント頂きありがとうございます。
      いきなり全部試すのは難しいので、
      2~3個位から取り入れて慣れていけばいいと思います。

      コツはとにかく書くことですよ。
      是非、書きまくってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました