あなたの文章が劇的に変わる。キャッチコピーを書く時の7つのコツ

あなたは読者を動かすキャッチコピーをご存知ですか?キャッチコピーにも、効果が出やすい書き方があるんです。今回はキャッチコピーを書く際に考えるべき7つのコツについて解説します。

 

この記事を読むことで、あなたが書くキャッチコピーは強力な武器になります。是非、最後まで読んでみてくださいね。

 

 

キャッチコピーの目的

以前の記事でキャッチコピーの役割について解説しましたその時の記事では細かく解説したのですが、そもそもの目的は「ボディー・コピー」を読んでもらうこと。だと、考えています。

 

その理由ですが、キャッチコピーも基本的に読者、読もうとしません。他にも読者は基本的にあなたの文章は読まない・信じない・動かないと、3拍子そろって「拒否反応」を示します。

 

「コピーライティング3つのNOT」と、呼ばれています。基本的に読まない読者を振り向かせることが「キャッチコピー」の目的です。

 

 

キャッチコピーを書く時の7つのコツ

今回お伝えする「キャッチコピーを書く時の7つのコツ」は、次の通りになります。

 

■ キャッチコピーを書く時の7つのコツ ■

・読む理由が見つかるのか?

・言いたいことが伝わるか?

・具体的な内容

・個性的な文章

・短くて読みやすいか?

。リズム感があるか?

・好感が持てるか?

 

基本的に冒頭で興味を引く為のコツは上記の7つになります。次項でそれぞれのコツを詳しく解説します。

 

 

読む理由が見つかるのか?

読者は基本的に忙しい人です。最初に、この記事は何について書いてあるのかを、示すことで読者は素早く判断できます。必要だと感じれば、続きを読んでもらえます。逆に不要と感じれば即、あなたのページから離れていきます。

 

ここでの書き方のコツですが、読者が「続きを読みたくなる」書き方をする事です。ダラダラと長文になってしまうと、効果は薄れます。短い言葉で書くことを意識してください。

 

 

言いたいことが伝わるのか?

前項と少し内容がかぶるかもしれません。言いたいことのの全体像を書くイメージです。詳しい説明が必要な文章だと、たくさん伝えることが出てきますよね?

 

そんな時に「○○と、△△と・□□と・○△・・・について・・・」なんて書かれると、読者にいい印象は伝わりません。なので「この記事では○○を実践するまでの流れをまとめてみました」の、ような書き方をすると言いたいことを伝えることができます。

 

 

具体的な内容で伝える

はっきりと伝える内容であれば、具体的に書くと効果的ですね。書き方のコツとすれば「結論」が最適です。先にキャッチコピーに結論を書くことで、読者は続きが気になります。

 

読者の興味を引くことが出来れば、キャッチコピーは成功です。あなたが伝えたい内容に併せて使えば効果も変わってくるので楽しみですね。

 

個性的な文章

個性と言っても、奇抜な文章を書け・・・とは、言いません(笑) あなやの言葉で丁寧に書くことで充分個性的な文章を書くことが出来ます。

 

個性的な文章はキャッチコピーだけでなく、様々な場面で使えるので、この機会に取り組んでいきましょう。注意点ですが、個性的を意識し過ぎて、つい攻撃的・挑発的な文章になってしまう人もいます。そうなると逆効果になるので、いつものあなたの言葉で伝えてくださいね。

 

 

短くて読みやすいか?

基本的に短い文章は読みやすいです。更に分かりやすい文章で書くとより伝わりやすくなります。分かりやすい文章とは「小学校5年生」の生徒さんでも分かる内容です。この辺りが明確にイメージできると、文章は書きやすくなります。

 

どうしても文章が長くなりそうな時は、2つの文章に分けましょう。1文で長い文章と、2つに分けた短い文章を読み比べると分かります。

 

 

リズム感があるか?

リズム感と、言うと音楽を想像してしまいますよね。実は、リズム感ってあらゆる場面で関係があります。もちろん、文章を読む時にもリズム感は重要です。

 

「です。・ます。」調や「~だ。・~である」調などが分かりやすいですね。2つの調がごちゃまぜになると、読みにくい文章になります。あなたのキャラに合わせて、リズム感は統一してくださいね。

 

 

好感が持てるか?

同じ内容の文章でも印象はそれぞれ違います。せっかく、あなたの読者に伝えるのであれば、好感が持てる文章を意識した法が断然いいですよね。

 

前項までの気をつけるべきポイントを抑えていれば、好感が持てる文章が書けます。最初はどうしても難しく感じるのですが、繰り返しの練習で上手く書けるんです。じっくり取り組んでみてくださいね。

 

7つのコツを意識してキャッチコピーが書けると・・・

ボディーコピー(本文)が劇的に書きやすくなります。その理由ですが、キャッチコピーである程度の内容を伝えているので、材料集めも簡単になるからです。

 

ボディーコピーの書き方は集めた材料を編集するだけなので、しっかり材料を集めていきましょう。編集する時のコツですが、あなたが伝えたい順番や、重要な順番で伝えると効果的です。

 

ブログ設計図の補足~「材料集め」について
今回はブログ設計図のお「材料集め」の補足について1つの記事にしてみました。材料は集めれば集めるほど、分厚い記事が書けますし、たくさんの記事を書く事も出来るんです。この記事では、材料集めの方法から、実際に書く時のコツ・注意点を1つの記事にまとめてみました。是非、最後まで読んでくださいね。

 

読者に分かってもらうのが目的です。「伝え方」・「伝える順番」は、どんな文章を書く時でも意識したいポイントですね。

 

 

今回のまとめ

 

□ 今回のまとめ □

キャッチコピーを書く時の7つのコツ

1.読む理由が見つかるのか?

 2.言いたいことが伝わるか?

 3.具体的な内容

 4.個性的な文章

 5.短くて読みやすいか?

 6.リズム感があるか?

 7.好感が持てるか?

キャッチコピーが書けるとボディーコピーが劇的に書きやすくなる

キャッチコピーは読者にわかってもらうのが目的

 

今回は「あなたの文章が劇的に変わる。キャッチコピーを書く時の7つのコツ」について書いてみました。7つのコツの詳しい解説も併せてかいてみました。いかがでしたか?

 

意識するべき所が明確になると、かなり書きやすくなります。キャッチョコピーからボディーコピーまで一気に書けます。普段、文章を書くのに時間がかかり過ぎる人は早速、今日から「7つのキャッチコピーのコツ」を意識「しながら練習してくださいね。

 

 

編集後記

元々、文章のスキルが足りなかった私はかなり苦戦しました(汗(と、言うか今も猛特訓中です。今回お伝えした7つのコツを学んだことで、少しずつ苦手意識が薄れていきました。

 

文章が書きやすくなるタイミングですね。書きやすさが貯まってくると、楽しさに変わります。もしかすると、今のあなたは文章に対して、まだ苦手意識があるかもしれませんね。でも、大丈夫です。

 

少しずつ文章のスキルやコツを取り入れながら書けば、確実に文章のレベルは上がります。コツコツで構いません。日々のブログ更新で鍛えていきましょう。きっと、今までとは違った感覚が楽しめますよ。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪

 

コメント

  1. takafumi より:

    こんばんは。
    satoshiさんの記事のおかげで、自分の文章にリズム感がないことに気がつきました。
    あと、好感を与える文章というのがむずかしいですね。これからの課題になりました。
    ありがとうございます。

    • satoshi より:

      takafumi様

      いつもコメント頂きありがとうございます。
      今回の記事がお役に立てたようで嬉しいです。

      リズム感・・・
      短い文章で店舗良く書くと出しやすいです。
      良かったら試してくださいね。

      好感が持てる文章・・・
      最初は難しく感じるかも知れないのですが、
      takafumiさんが読んでてストレスなく読める文章を
      イメージしてみてください。

      このイメージが出来てくると、
      割と書きやすくなるのでお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました