ストック記事とフロー記事~ブログでは2つの記事を使い分けよう

webライティング,文章,書き方,文章術

今回は2つの記事の種類「ストック記事」と「フロー記事」について書いてみます。今回お話する2つの記事ですが、それぞれの役割があるのはご存知ですか?この記事では、2つの記事の種類と、それぞれの役割から、具体的な使い方まで解説します。是非、最後まで読んでくださいね。

 

「ストック記事」と「フロー記事」

ブログの記事は大きく分けると、2つの種類になります。2つの種類の使い分けが出来るようになると、あなたのブログは強くてメリハリのあるブログに激変します。

 

今回お伝えする2つの記事の種類は、「ストック記事」「フロー記事」です。ブログの記事は大きく分けると、2つの種類に分類されます。事項でそれぞれのメリット・デメリットから役割まで詳しく解説します。

 

 

ストック記事

ストック記事とは・・・いきなりだとイメージしにくいですよね。簡単に説明すると、私のブログです。過去の記事から、最新記事まで長く読んでもらえる内容で書き続けています。

 

広告

私のブログでは「ブログを武器にする為の基本」について、考え方や実践・テクニックまでを惜しみなく書いています。ブログの中の記事の殆どが、今回お伝えする「ストック記事」として蓄積されていくのです。。

 

ブログアフィリエイトをやっていく上で必要な情報をたくさん積み重ねていきます。これらの記事は、余程のことが無い限り、ニーズは常にあるので将来的には、「長く読んでもらえる記事」になる可能性が高いです。

 

ストック記事のメリット

定番の内容の記事をたくさん積み重ねることで、それぞれの記事が長く読んでもらえる可能性が高くなります。ストック記事が増えれば増えるほど、長期的なアクセスが見込める為、ブログ自体が強くなるんです。

 

また、記事の内容が定番や有名どころが多いので、定期的に新たな内容が追加されたり、情報そのものが上書きされるケースもあるので、1度書いて終わり・・・では、ありません。

 

更に別の切り口から、記事を増やすこともできます。他には、記事の加筆や修正をすることで、新たなアクセスを増やすことも可能です。

 

 

ストック記事のデメリット

定番の内容の積み重ねになるので、瞬間的なアクセスは増えにくい傾向があります。読者の欲しい情報を書いていくので、情報収集が難しいと感じるかもしれません。

 

集客には時間が掛かるので、アクセスが少ないとモチベーションが・・・なんて言葉が聞こえてくるのが現状です。

 

ですが、安心してください。記事を増やしながら修正することで、少しずつアクセスは上がってくるんです。

 

その理由ですが、過去に書いた記事を定期的に見直しながら、加筆・修正を加えていくことで、あなたの記事はもちろん、ブログそのものが強くなっていくからです。

 

定番な内容であれば、常に新しいモノとしてアップデートしていく必要があります。ここで言うアップデートは「記事の修正・リライト」ですね。

 

この作業は見落とされがちですが、地道に繰り返すことで、あなたのブログは少しずつですが、確実に強くなっていくので、忘れず定期的に繰り返していきましょう。

 

 

 

 

フロー記事

今の話題を追いかける記事になります。私のブログではフロー記事が全くないです(汗)例えが出せなくてスミマセン。フロー記事を分かりやすく言うと、Yahoo!ニュースなど、今が旬のニュースや出来事に関するブログを、あなたの言葉で書いた記事がフロー記事になります。

 

 

フロー記事のメリット

今この瞬間のニュースを題材にするので、瞬間的にアクセスが爆発することがあります。情報収集も比較的簡単にできるので、たくさんの記事が書けます。先ほどお伝えしたストック記事とはまるで反対ですね。

 

意味合いは違うかもしれませんが・・・我々のようなアフィリエイターであれば「無料情報」や「無料ツール」は瞬間的な、集客を目指すので、フロー記事に分類しても面白そうですよね。

 

と、言うのも「無料情報」や「無料ツール」も長期的なモノから短期的なモノまであるからです。長期的な無料情報やツールであれば、使い方次第で、大きなアクセスから成果につながる可能性もあるので、積極的に使っていきたいところです。

 

 

フロー記事のデメリット

話題が続いている間はアクセスが見込めますが、話題自体が冷え込むと途端にアクセスがなくなります。

 

また、情報収集がしやすいせいもあって、当然ライバルがたくさんいます。話題選びの難しさは出てきます。継続的なアクセスを呼び込む為には、記事を量産する必要があります。

 

ライバルから回避するには・・・同じ内容の記事でも「キーワード選定」が有効です。闇雲にキーワードを取り入れている人もいれば、そうでない人もたくさんいます。

 

キーワードを学ぶことで、ライバルブログとの差別化を図っていきましょう。ただ・・・今が旬の話題(例えば・・・芸能人の○○のスキャンダル等)は、話題が冷え込むとどんなに素晴らしいキーワードでブログを書いても、長期的なアクセスにはなりにくいです。

 

キーワードの基礎が学べる無料教材

 

 

 

ブログを始めてすぐにはアクセスが見込めない

「ブログを始めてすぐには成果どころか、アクセスすら見込めない」・・・

 

あなたも、この言葉を耳にしたことがあると思います。その理由が、今回お伝えした2つの記事の違いです。アフィリエイトにも色んな種類があるのですが、私みたいな、ブログアフィリエイトの基本について書いているブログでは、フロー記事にはなりにくいです。

 

なので、定番でニーズのある記事を積み重ねていくしかないんですね。ですが、記事の積み重ねで少しずつアクセスが増えてくるのが強みです。

 

逆にフロー記事が主体になってくる【トレンドアフィリエイト】【Googleアドセンス】をメインでやっていくのであれば、今が旬の話題でアクセスを集めた方が売上につながりやすい傾向があります。あなたのやり方次第なので、じっくり考えながら取り組んでくださいね。

 

 

あなたの趣味ブログから始めるアドセンス向けの教材

 

 

 

まとめ

今回は2つのブログ記事「ストック記事」と「フロー記事」について書いてみました。それぞれの記事のメリット・デメリット・役割も併せて解説しました。いかがでしたか?

 

実際に使い分けることができれば、あなたもブログ更新が楽しくなってきます。漠然と更新するよりも、考えながらブログを育てられるようになるからです。このページをご覧のあなたも早速、今日から「ストック記事」と「フロー記事」を使い分けてくださいね。

 

 

編集後記

ブログを始めたばかりの頃、どうにかインプットした情報をただ、ひたすら文章にするだけの繰り返しでした。当時は、今回の2つのブログ記事については知らなかったので、日々のブログ更新は苦戦していたのです。

 

ですが、2つのブログ記事を知ってから、ブログの文章や内容が、少しずつ変わってくるんです。最初は難しく感じていた書き方も今ではやっと慣れてきました(笑)

 

ブログ更新が楽しいと素直に感じられた瞬間だったと記憶しています。もし、あなたがブログ更新を難しく苦痛に感じているのであれば、今回の2つの記事を実際に書き比べて、あなたに合った書き方を模索してみましょう。きっと、新たな気づきがあると思います。

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

  1. ミラ より:

    こんにちは。
    1記事ずつバラバラで書くよりも、どんなサイトにしたいのかブログ全体を設計して書いていくといいですね。また訪問します!

    • satoshi より:

      ミラ様

      いつもコメント頂きありがとうございます。
      フロー記事は集客用に使うとなかなか便利ですよ。

      種明かしすると・・・
      無料情報です(笑)

      無料情報から本命の記事に誘導するスタイルです。
      記事の戦略を考えながら使うと効果的なのでお勧めしておきます。

  2. Taym より:

    こんばんは。
    ストック記事やフロー記事って
    結構使えそうですね。
    参考になります。

    • satoshi より:

      Taymさま

      コメント頂きありがとうございます。

      2つの記事の違いが分かれば、
      文章のバリエーションはかなり増えますよ。

      是非、色々書きながら作業がんばってくださいね。

      これからも役立つ情報配信頑張ります。
      今後共よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました