「何を伝えるのか」よりも「どの様に伝えるのか」がとにかく重要

広告

「何を伝えるのか」よりも「何をどの様に伝えるのか」が、勝敗の分かれ道。

 

あなたが、ターゲットの悩みや問題に寄り添いたいと、本気で考えているのであれば「何をどの様に伝えるのか?!」を最優先で考えることが重要になってきます。

 

と、言うのも、同じ悩みや問題を抱えていたとしても、本質が必ず同じだとは限らないからです。ターゲットも人間なので、伝え方1つで伝わり方が大きく変わってきます。

 

この記事では「何をどの様に伝えるのか?!」の役割と、実際に書く時のコツや注意点等を1つの記事にまとめてみました。

 

あなたがこの記事を読むことで、ターゲットに伝わる文章(コピー)を書くヒントが得られます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

悩みや抱えている問題の深さで伝え方を変える

「ターゲット思考のブログ記事戦略を考える」 のページでもお伝えしたのですが、ターゲットの悩みに合わせて、伝え方を変える必要があります。

 

伝え方は、あなたのターゲットに合わせて言葉を選ぶ必要があります。専門用語で習うことが好きな人もいますし、専門用語に苦手意識を持っている人も居るからです。

 

あなたが伝えやすい方法だけで、伝え続けるとターゲットを混乱させるだけの結果になる可能性があります。次項で、ターゲットの悩みや抱えている問題のレベルに合わせた文章を書く手順について解説します。

 

 

ターゲットの悩みや抱えている悩みのレベルに合わせた文章を書く手順

ターゲットの悩みや抱えている問題のレベルに合わせた文章を書く手順は次の3つのステップです。

 

1.ターゲット × あなたが提供できる情報(価値のある情報)を書き出す

2.書き出した情報を分別する

3.独自の売り「USP」に結びつける

 

上記の3つのステップで考えると、ターゲットの悩みや問題の核心に近い文章が書けるようになります。次項でそれぞれのステップについて詳しく解説します。

 

 

ターゲット × あなたが提供できる情報(価値ある情報)を書き出す

ターゲットの悩みや抱えている問題のレベルに合わせて、あなたが提供できる情報を書き出します。ですが、いきなり分けて書き出すのは難しいので、この段階では、あなたが提供できる全ての情報を書き出します。

 

書き出す理由ですが、あなたが書き出すことで、他にも提供できることが見つかるかもしれません。新たに見つかった「提供できること」は、将来の武器になるので、書き出してメモに残しておきましょう。

 

 

書き出した情報を分別する

書き出した情報を2つの分別します。分別は「伝える」・「伝えない」の2つです。この時に考えるポイントですが、その情報を届けるターゲットがどれだけの悩みや問題を抱えているのか考えてください。

 

ここで、しっかり考えることでターゲットが、あなたの文章を最後まで読んでくれるかどうかが決まってきます。悩みや問題のレベルに合わせた役立つ情報であれば、ターゲットは楽しみながら文章を読み続けてくれます。

 

 

独自の売り「USP」に結びつける

USPとは「独自の売り」の事です。独自の売りと聞くと難しく考えてしまうかもしれませんね。でも、安心してください。あなたが伝えるべき情報を、ターゲットに合わせた独自の伝えるポイントにすることです。(USPに関しては、後日改めて別の記事で解説します)

 

最初は、USPを上手く書き出せなくて苦戦するかも知れませんが、繰り返し書き出すことで、独自の売りが見えてくるようになります。スラスラ書けるようになるので、どんどん書き出して考えてくださいね。

 

 

提供価値が明確になる

上記の3つのステップで、書き出した言葉こそが、あなたのターゲットに届ける言葉です。今、ターゲットが抱えている悩みや問題のレベルに見合った言葉が選び出されています。

 

この言葉(文章)こどが、伝える価値のある情報になります。書き出した言葉を文章にしてくださいね。ここでの注意点は、分かりやすい文章で書くことです。

 

専門用語まみれの難しい文章だと、ターゲットは混乱してしまいます。漢字だらけの文章も重たくかんじてしまいます。とにかく読み易さだけを意識して、文章にしてくださいね。

 

 

考え方のコツ

全ての文章で共通する考え方があります。その考え方は「ターゲット × 価値のある情報」です。当たり前・・・と、言えば当たり前なのですが、伝わらない文章の殆どの原因は「ターゲット × 価値のある情報」の公式に当てはまっていないケースが多いです。

 

あなた自身で考えるとよく分かると思います。あなたが検索した時に「それはもう知ってる」と、感じたことはありませんか?恐らく、その場面に遭遇したら、即ページを閉じますよね。

 

この様な事態を避けるためにも、しっかりターゲットのことを理解してください。その中から、ターゲットの役に立ちそうな言葉(文章)選んでいくのです。

 

 

 

「何をどう言うのか」がブレると・・・

全く伝わらない文章になってしまいます。読まれない文章ほど、悲しいモノはありませんよね。せっかく、ターゲットに届ける為に書いているのですから、独自の売りでしっかり伝えることだけを意識してくださいね。

 

何をどう言うの・・・本当に大切な部分です。最初は難しく感じるのですが、考え続けることで慣れてきます。慣れてくると、次第に頭の中で整理されるようになります。

 

そうなると、あなたの文章を書くスピードが格段にアップするので、先ずは考えて書き出すことから始めてくださいね。

 

 

 

今回のまとめ

今回は ”「何を伝えるのか」よりも「どの様に伝えるのか」がとにかく重要” をテーマに解説しました。ターゲットに確実にあなたの情報を伝える手順もお伝えしました。いかがでしたか?

 

文章も考えてから書き始めると、仕上がりも大きく変わります。最初は練習あるのみなので、このページをご覧のあなたも「何をどう伝えるのか」を考えて言葉を書き出してくださいね。

 

最初は手間に感じるかもしれません。ですが、慣れてくると素敵な文章が早く書けるようになります。早速、今日から意識しながらかいてくださいね。

 

 

編集後記

私・・・最初は難しく感じました。と、言うのも「情報」に対する知識が少なかったからです。そこから、読書の量が増えたのかもしれません。

 

今では、専門書とまではいかないのですが、知りたい事が詳しく載っている本を探すようにしています。知識やノウハウが増えると、記事のバリエーションは広がるので、これからも、ライティングに関する知識は蓄えていきます。

 

蓄えた情報は随時更新するので、これからの更新も楽しみにしてくださいね。

 

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

  1. takafumi より:

    こんにちは。
    ターゲットに合わせて、書き出した情報を「伝える」「伝えない」に分ける
    という方法は明確なので、わかりやすかったです。
    実際に記事を書く時に実行しようと思います。ありがとうございます。

    • satoshi より:

      takafumiさま

      いつもコメント頂きありがとうございます。
      一旦書き出して、取捨選択することで、伝わりやすさは激変します。

      最初は手間かも知れないのですが、
      繰りかえしていく間に、慣れて頭の中で瞬時に出来るようになります。
      早速、今日から試してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました