Webライティング

あなたのブログ・・・どこかで読んだ記事になっていませんか?

何だか最近、自分の書いた記事と似たような書き方する人多くない?恐らく、あなたもこの様に感じたことがあると思います。

 

と、言うのも、今は情報は集め方次第で、いくらでも情報収集が出きる時代になりました。いつでも、誰でも簡単に情報が集められる時代です。

 

凄く便利な世の中になりましたよね。その反面、同じ内容・似た内容の記事も増えてきました。この現象はある意味仕方ないのかもしれませんね。

 

そこで、今回の記事です。この記事では、あなたが書いた記事をライバルと一線を画す書き方とコツについて解説します。あなたが、この記事を読むことで、他の人とは違った記事の書き方のヒントが得られます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

情報過多な時代だけど・・・

今の時代は、無料・有料問わず、たくさんの情報をすぐに手に入れることができます。インターネットで検索したり、専門書や教材を読めば、ブログ初心者でも簡単に情報を集めることができます。

 

すごく便利な時代になりましたね。

 

ですが・・・誰でも簡単に情報収集できると、言うことは、あなたのライバルも同じ情報を持っているのです。全く同じと断言はできませんが、初心者だったらかなり似たような知識だと思います。

 

 

 

同じ知識だったら、ライバルとの差が必要

 

同じ知識レベル同士であれば、恐らく似たような内容でお互いが発信する形になりますよね。その中で、あなたがライバルよりも一歩出し抜く必要があります。

 

同じ内容・似た内容の情報を発信していると、どこかが同じ・似ている文章が、世の中に出回ります。似たような内容の記事を見た読者はどのように感じるでしょうか?

 

「何か、さっきも同じような記事を読んだなぁ~・・・」と、興味や関心が薄れてしまいます。そこで、考えるべきポイントは「ライバルとの差別化」です。

 

例え、似たような内容だったとしても、ライバルとの差別化が出来ていると、読者の反応は違ってきます。なので、あなたにはライバルとは違った目線でアプローチをすることですね。

 

 

 

ライバルとの差別化する方法

これが正解です・・・とは言えないのですが、最近の情報収集の傾向として、差別化出来そうな方法があります。

 

ライバルを差別化する方法

・同じ内容の本は売れていない方を読む

・検索結果の100位前後の記事を読む

 

上記の2つですね。このままだと、何のこっちゃ分かりませんよね。では、次項でそれぞれの方法について解説しますね。

 

 

同じ内容の本は売れていない方を読む

すごく誤解を招く言い方ですが・・・その情報の本を書いている人は、複数人はいると思います。その中でも、著者に人気があったり、口コミが素晴らしい本があります。

 

と、言うことは、たくさんの読者がその本に飛びつきます。と、言うことは、その情報を発信する人は、その本をベースに発信する訳です。

 

「いやいや・・・そんな古めかしい情報を発信する方がどうかしてるでしょ」と、仰る人がるかもしれません。丸々使うのではなく、その情報やノウハウを検証をしましょう。

 

この繰り返しで、あなたはライバルとは違った伝え方が出来るようになります。全く違うことを書いてもいいですし、プラス@で付け加えても面白そうですよね。

 

 

検索結果の100位前後の記事を読む

この方法も誤解を生みそうですが・・・あなたがインターネットで検索した時って、どれ位のページまでみますか?

 

恐らく、1ページもしくは2ページ位までの人が多いと思います。もちろん、1~2ページを読むことも素晴らしいのですが、このパターンもライバルと同じもしくは、似た内容なってしまう可能性が高いです。

 

この事態を避けるには、もっとたくさんの記事を読むことです。検索順位の100位まで見ると、ライバルとの違いが見つかりそうじゃないですか?

 

早速、今日から検索エンジンの順位が深いところも覗いてみてくださいね。

 

 

 

人と違う本やブログを読むメリット

 

売れている本や、検索順位が高い人のブログでも、バッチリ学べます。ですが、それ以外にも本を読むことで、違った発見につながることがあるんです。

 

例えば、情報を掘り下げた時の話しや、著者の想い・考えはかなり参考になりますよね。もう1つ重要なポイントがあります。

 

そのポイントとは、表現方法です。表現方法や伝え方はかなり参考になるのでお勧めです。

 

 

 

人と違う本や記事を読むデメリット

人と違う本やブログを見ることにもデメリットはあります。ここで言うデメリットは、曖昧な表現だったり、少し違う情報になっていることもあります。更には、既に古くなってしまった情報もあるので注意が必要です。

 

デメリットがきにならなくなる方法は、とにかく実践することです。せっかく知り得た情報ですから、あなた自身で実践して確認してみましょう。確認作業だけでも、デメリットおは捉えにくくなるのでお勧めです。

 

 

 

ブログで発信しよう

ここまでの流れでインプットできたら、あとはブログを書くだけですね。学ぶだけでは、何にも身につきません。ですが、学んだことを誰かにつたえることで、あなたの理解は益々深まります。

 

もし今、あなたがブログを始めているのなら、あなたの言葉でブログに書いてみましょう。いきなり上手くはかけないので、この繰り返しで確実に文章を書くレベルは上がります。

 

その為にも早速、今日から書き始めてくださいね。

 

 

 

今回のまとめ

 

今回のまとめ

・情報過多な時代だけど・・・

・同じ知識だったら、ライバルとの差が必要

・ライバルとの差をつける方法

 1.同じ内容の本は売れていない方を読む

 2.検索結果の100位前後の記事を読む

・人と違う本やブログを読むメリット

・人と違う本やブログを読むデメリット

・ブログで発信しよう

 

今回は「あなたのブログ・・・どこかで読んだ記事になっていませんか?」をテーマに解説しました。併せてライバルよりも一歩抜け出す方法もお伝えしました。いかがでしたか?

 

今の時代は、少し手を伸ばせば、欲しい情報が手に入ります。便利な反面、ライバルや他の人と、どこか被った内容になりがちです。

 

その為にも、情報の学び方を見直してみましょう。この考え方が身につけば、どんな文章でもスラスラ書けるようになるのでお勧めしておきますね。

 

 

 

編集後記

過去の僕は、本は余り読みませんでした。ですが、アフィリエイトに再チャレンジを始めた頃から本を読んでいます。

 

ですが、読む本は他のアフィリエイターが紹介している本を読んでいたような気がします。その結果、なんだかまとまりが悪い記事になったり、誰からも読まれない記事が積み重なっていました。

 

そこから、読む本が変わりました。既に知っている事でも、著者の表現や言い回し・ニュアンスは意外と面白くて密かに読書を楽しんでいます。

 

これからも、このスタイルでインプット⇒アウトプットを繰り返していきます。他にいい方法が分かったら、ブログでお伝えしますね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。最後まで読んで頂きありがとうございました。このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング

あなたの応援に感謝します♪

-Webライティング

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.