Webライティング

ストーリーはどんな場面でも使える最強の書き方

今回はどんなシーンでも使える最強の書き方「ストーリー」について書いてみます。私は兼ねてから、ストーリーで書かれた文章に、かなり感情を動かされました。

 

あなたもついつい書かれているストーリーに引き込まれて行動してしまった・・・なんて経験はありませんか?

 

この記事ではブログを武器にする為の「ストーリー」について書いてみます。あなたが、この記事を読むことで、ストーリーを書くヒントとコツが分かります。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

感情が動かされるのはストーリーの影響が大きい

過去から今でも、私が感情を動かされた大きな要因は【ストーリー】でした。ストーリーと言うと、映画やドラマ等を思い浮かぶかも知れませんね。

 

映画やドラマも、もちろんストーリーに沿って書かれています。その映画やドラマの世界観に引き込まれることで、その中で自分自信を主人公に当てはめてしまう事もありました。

 

映画やドラマのストーリーに感動したら、ついつい誰かに言いたくなりませんか? これも感情が動かされた証拠ですよね。

 

この感覚は生きていれば、誰でも経験していると思います。では、これをビジネスで考えると・・・いかがでしょう?!

 

 

 

 

 

ビジネスでもストーリーは武器になる

アフィリエイトを学ぶ際に至る所で聞かされる名セリフがあります。その名セリフは読者の感情を動かすこと」です。その為に、心理学を学んだり、文章の書き方(コピーライティングなど)を学びますよね。

 

もしかしたら、真面目なあなたは既に心理学や文章の書き方(ライティング系スキル)に関する勉強を始めていらっしゃるかもしれませんね。

 

確かに心理学やライティングを学んだ方がいいのは分かっているのですが・・・最近、心理学やライティングスキルを使って書かれた文章で溢れかえってる・・・と、感じませんか?

 

王道パターン

あなたは今、○○でお悩みではありませんか?実は私もあなたと同じ悩みを抱えていたんです。でも・・・ある商品に出会ってから私の状況は激変しました。

その商品は△△と言う商品です。私はこの△△を手に入れて生活は一変しました。数量堰堤でしたが、手に入れて本当に良かったと実感しています。

△△は、今ならこちらで特別価格で購入できます。残り僅かなのでお急ぎください。

 

このタイプの書き方・・・そろそろ見飽きてきた人も多くなってきたのでは?!上記の書き方はセールスレターの書き方としては、非常に効果的なのですが、ここまで溢れてしまうと・・・

 

・何だか怪しい

・また何か売りつけようとしてるのでは?!

・もう騙されてたまるか!!

 

と、普通の人は逆に構えてしまいますよね。ですが・・・先ほどの書き方(王道パターンの書き方です。)にストーリーをプラスして書くといかがでしょう?!

 

巷で溢れる上記の書き方も、部分的に僅かながらストーリーは入っている感じは無くもないのですが、この書き方を基本に全般的にストーリーを入れることで、【怪しさ】を激減させることが出来ます。怪しさを完全に取り除くのは難しいかもしれませんが、ストーリーで書くことで今までとは違った反応が出てきます。

 

 

 

 

ビジネスで使える3つのストーリー

あなたがすぐに使えるストーリーが3つあります。3つのストーリーとは次の通りです。

 

ビジネスで使える3つのストーリー

・あなた自身

・あなたが取り扱う商品やサービス

・普段の情報発信

 

上記の3つは、あなたが今日から使えるストーリーです。事項では3つのストーリーについて詳しく解説します。

 

 

 

 

あなた自身

あなた自身について書くことで、ストーリーになります。単にあなたの生い立ちや経歴を書いてもいいのですが、それだけでは読者の感情を動かすことはできません。

 

具体的な書き方は、あなたの想いです。あなたの熱い想いをストーリーの中に組み込みますそれぞれの段階で色んな想いや感情の変化があったと思います。

 

その辺りの熱い想いや、あなた自身の感情の変化が上手く描けると、読者の中には共感してくれる人が出てきます。

 

別にカッコイイ文章を意識する必要はありません。あなた自身の事ですから、正直に書くことが重要です。時々、熱くなり過ぎて過剰な表現をしたり、強すぎる口調で書いてしまう人がいるのですが・・・その書き方は逆効果です。

 

この話をすると・・・

 

あなたの心の声

・自分には何も誇れるモノはありません・・・

・自分には何の実績もありません・・・

・とても人様に見せれるモノはありません・・・

 

等のマイナスな声が聞こえてくるのですが、例え上記の様な状態でもストーリーにすることは充分可能です。ここで使える武器は、あなたの強い想いですね。今抱えている強い想いを書くだけでストーリーになります。

 

My Storyの例文

私はアフィリエイトを始めました。きっかけは、将来の日本の経済と、私自身に差し迫ってくる老後の不安からでした。今は会社員をしているのですがここ数年、給料は殆ど上がっていません。更にはボーナスも以前程もらえなくなってしまいました。収入は前と比べると明らかに減っている状態です。

この状態でも、まだ十数年残っている住宅ローン・子供の学費・日々の生活費は変わらず発生しています。時代の変化と共に物価も上がってきました。もしかしたら、体調を崩して働けなくなるかもしれません。

とてもじゃないけど、これから先の事なんて、到底考えられません。老後の楽しみなんて夢のまた夢・・・と、考えるようになりました。そんな時に、インターネットでアフィリエイトの存在を知るのです。

アフィリエイトは自宅でパソコンやスマホで出来るビジネスでした。僅かな費用で始めることができるんです。

実際にお店を出して始めるビジネスは、とてもじゃないけど今の私には出来る訳ありません。ですが・・・僅かな費用で出来るならやってみようかな位の気持ちで始めました。

そこから、私のアフィリエイトへの挑戦が始まり今に至ります。まだ、成果と呼べるほどではありませんが、アフィリエイトでの収入が発生しました。

私自身、がアフィリエイトで活躍しているシーンがようやく見えてきたのです。この経験を基にブログでアフィリエイトに関する様々な情報を、あなたにお届けしていきます。

 

 

ちょっと、ベタ過ぎてしまいましたね・・・たったこれだけの文章ですが、将来の不安に立ち向かう「ストーリー」になっていますよね。

 

読んでくれた人全員から共感を得られる訳ではありませんが、この文章に共感してくれる人は必ずいます。先ずは、あなた自身をストーリーで書く練習をしてみてくださいね。

 

あなた自身のストーリーで書ける舞台は・・・ズバリ【プロフィール】です。ここにありったけの、あなた自身のストーリーを書いてみてくださいね。

 

 

商品やサービス

あなたが取り扱う商品やサービスもストーリーにすることが出来ます。あなたが作った商品やサービスであれば、商品やサービスに対する想いから書き始めます。想いから始まり、作ることを決意に至った経緯も書けますよね。

 

商品を作るまでの苦労話から笑い話・ちょっとしたエピソードなんかを交えることでストーリーは盛り上がります。ここでも、読者の中には感情を動かされる人は出てきます。

 

他の人が作った商品を扱う時・・・アフィリエイトする商品のことです。あなたが、その商品を売りたいと想った経緯から書き始めます。

 

手に入れた商品だと、想いのこもったストーリーに出来そうですよね。あなたが実際に手にしてから使うまでの想い。使ってからの感情の変化をストーリーの中に組み込みます。

 

ここでのコツは、実際に商品を手に入れた時のワクワク感や同時に湧いてくる不安感も精一杯書くことです。これらの要素もあなたが取り扱う商品やサービスのストーリーを更に盛り上げてくれるでしょう。

 

 

 

普段の情報発信

普段の情報発信でもストーリーを使うことが出来ます。その情報を書いてみたくなった経緯から書き始めます。実際に学んだシーンを思い浮かべながら、使った感想や結果を書くことで、1つのストーリーになります。

 

ここでの主役は、あなたのターゲット(その情報を届けたい相手)です。ターゲットが知りたいことを発信していきます。単に本や他の人のブログを読んで、少し言葉を変えて伝えたとしても、恐らく上手く伝わりません。

 

ここでのコツは、あなたが実際にその情報に興味をもったきっかけや、実際に試した感想・試した結果を書くことでターゲットにしっかり伝わります。伝えることで「その先」をイメージさせることですね。

 

 

 

 

 

ストーリーに頼りすぎるのは危険かもしれません

やはり人間ですから、毎回同じパターンで書かれると・・・

 

・またこのパターンか・・・

・はい、出た出た・・・

・もう見飽きたんですけど・・・

 

と、言う声が聞こえてきそうですよね。でも、安心してください。あなたのブログのジャンルに沿って書く訳ですから、関連ストーリーにしてしまえばいいだけです。

 

最初から上手くストーリー仕立てに出来る訳ないのですが、実際に書き続けることで少しずつ形になってくるので安心してくださいね。

 

最初は難しく感じていたとしても、諦めずに少しずつ書き始めましょう。過去の記事でもお伝えしてきましたが、ブログは1回書いて終わりではありません。

 

後日(3ヶ月位を目安に・・・)、過去に書いた記事を修正したり、加筆することで、読者からの反応は少しづつ変わってきます。

 

書く時のコツは、ストーリーを関連させる事です。新たな情報を発信するのであれば後日、他の記事と関連させたストーリーに導いてくださいね。

 

 

ありがとう

 

 

今回のまとめ

今回は人の感情を動かす最強の書き方の「ストーリー」について書いてみました。実際にブログで使える3つのストーリーも併せて書いてみました。いかがでしたか?

 

今の時代は、誰でも簡単にブログで情報発信できる時代になりました。これだけ情報が溢れてくると、どれも似たような感じになってしまいます。そこから一歩抜け出す為にも、今回お伝えした【ストーリー】は最強の武器になると思います。

 

もし、あなたがいつもと違った文章を書きたいと考えているのであれば早速、今日からストーリーを意識してみてくださいね。

 

 

 

 

編集後記

ストーリー・・・書き始めるとすごく楽しかったりします。ですが、完成した文章を見ると、妙に恥ずかしい気持ちと、ちょっと盛りすぎ?!みたいな感覚になりました(笑)

 

この繰り返しで、過去に書いた記事を修正・リライトしたり、新たな記事でもほんの少し「ストーリー」を取り入れながら練習したのは今でもはっきり覚えています。

 

もし、あなたがブログ更新に行き詰まりを感じていたり、新たな一面を出してみたい・・・その様にお考えであれば、今回お伝えした「ストーリー」を取り入れてください。

 

きっと、新たな気づきがあると思います。是非、試してくださいね。

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング



あなたの応援に感謝します♪

 

-Webライティング
-, ,

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.