ライティングのコツ

ブログを書く時に気をつけるべき4つのポイント

ブログ初心者や、ブログで中々思うような成果のつながらない人には共通点があります。共通点に気づく人と、気づかない人だと、今後のブログ運営に大きな差がでてしまいます。

 

この記事では、ブログ初心者やブログで成果に結びつかない人に気をつけて欲しい4つのポイントについて解説します。あなたが、この記事を読むことで、読者にしっかり伝わる文章がスラスラ書けるようになるんです。

 

是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

ブログでなかなか成果が出ない人の4つの共通点

 

ブログ初心者・ブログでなかなか成果が出ない人には大きく分けると4つの共通点があります。その共通点とは次の通りです。

 

4つの共通点

1.「~など」や「~とか」を多用している

2.言いきれていない

3.1文が長すぎる

4.段落・見出しが少ない

 

寿樹の4つの共通点・・・あなたはドキッとしましたか?共通点を初めて聞いた時、僕はかなりドキッとしました(笑)ブログ初心者や駆け出しのブロガーだと、ついついやってしまいがちな間違えやすいポイントなんです。

 

次項で、それぞれの間違えやすいポイントの解説と、あなたがその間違いを回避するための考え方、コツについて解説しますね。

 

 

「など」・「~とか」を多用している

~など・~とかを多用してしまうと、あなたが書いた文章が全体的に弱く感じてしまいます。読者は、たくさんのブログを読んでいるので、この辺りの弱い部分は即見抜いてしまいます。

 

例文で言うとこんな感じです。

 

~とか・~などの例文

1.弱い書き方 :ブログと商品ページなどで、コピーライティングのスキルを使うとしっかり伝わる文章がかけます。

2.強い書き方 :ブログの記事全般でコピーライティングにスキルを使って書くと、しっかり伝わる文章が書けます。

 

上記の2つの文章を比べると、どんな感じですか?「2」の文章ほ方が強くしっかり伝わりますよね。あなたが、書く時は自信をもって伝えられるようにしてくださいね。

 

 

 

言いきれていない

言いきれていない文章とは、こんな感じです。「~だと思います」みたいな文章が多く見受けられます。ブログ初心者や情報発信初心者だと、どうしても自信がないから、この様な書き方になる傾向があります。

 

誰でも、みんな初心者からのスタートなので、まずは「自信を持って言い切ること」を意識しながら書いてくださいね。仮に、もし間違っていたら修正すれば大丈夫なので、自信を持って言い切る練習から始めてくださいね。

 

1文が長すぎる

1文は短い方が、相手に伝わりやすいです。これは間違いありません。ですが、ブログ初心者の場合、しっかり伝えようとする余り、ついつい長い文章になってしまいます。

 

ここでのコツは、一旦その文章を書いた後、読み返してみることです。1文が長い文章は、実際に自分で読むことで気づきます。読みにくいと感じたら、その文章を句点「。」で区切って短くしてください。1文が長い文章よりも遥かに読みやすくなるのが分かって頂けます。

 

段落・見出しが少ない

読みにくい文章の典型的なパターンが「段落」・「見出し」が少ないもしくは、全くない文章ですね。段落や見出しを入れることで、読者もメリハリつけて読み進めることができます。

 

話しの内容が変わるタイミングなどで使うと、格段に読みやすくなります。読者もストレスを感じなければ、最後まであなたの記事を読んでもらえる確率はグンっとあがります。

 

段落は比較的多めに取っている人は多いのですが、見出しがないので文章に代わり映えしませんよね。どれだけ素晴らしい内容の記事を書いたとしても、見出しなどで気づいてもらえなければ、最後まで読んでもらえません。

 

早速、今日から段落・見出しを使ってみてくださいね。

 

 

 

4つのポイントが改善できると・・・

 

あなたが4つのポイントが改善できると、あなたの書いた文章は激変し、かなり強い文章に仕上がります。

 

自信に満ち溢れた文章は、相手にしっかり伝わります。最初は自信がなくても大丈夫なので、しっかり言い切ることから始めてくださいね。

 

実際に書く時の練習方法は「PREP法」で書くと効果的です。PREP法とは「結論・結果」⇒「理由」⇒「事例・具体例」⇒「結論・結果」Web上の文章でも伝わりやすい型になるので、きの機会にPREP法で書きながらマスターしてくださいね。

 

PREP法に関しては下記の記事で解説してます。参考までに読んでみてくださいね。

 

 

型を使って書くと効率的な練習ができる

インターネットでの文章の書き方は、結論から書くと効果的です。と、言うのも、基本的に読者は忙しい人が殆どです。

 

せっかく、あなたのページに来てくれた読者の興味を惹きながら、最後まで読んでもらえるように構成します。その為に「型」があります。型の通りに書くことで、スムーズに伝わる文章が書けるようになります。

 

プラス、自信をもって伝えることで読者は益々、あなたへの興味が沸いてきます。読者との信頼関係を築くためにも、インターネットでの伝え方をマスターしながら、自信をもって伝えてくださいね。

 

 

今回のまとめ

今回は「ブログを書く時に気をつけるべき4つのポイントとは?」をテーマに解説しました。4つのポイントを実践する時のコツと、練習方法も併せてお伝えしました。いかがでしたか?

 

今回はブログでお伝えしたのですが、この考え方は他の文章でも同じです。ランディングページでも使えますし、SNSでの文章でも有効です。まずは、ブログでじっくり練習してみてくださいね。

 

 

編集後記

僕が今回の件を学んだ時は、自信が本当にありませんでした。文章の語尾に「~だと思います」が多発していたんです。書いている時は集中しているせいか、何も感じませんでした。

 

でも、時間が経つと、なんて変な文章なんだ?!と気づいたんです(笑)そこから、伝え方を変えて書き直しました。その結果、少しずつ読まれるようになったのは、今でもはっきり覚えています。

 

更にライティングへの興味が湧いたのは間違いありません(笑)これからも、色んな伝え方を学びながらブログ更新するので楽しみにしててください。

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。最後まで読んで頂きありがとうございました。このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング

あなたの応援に感謝します♪

-ライティングのコツ
-, ,

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.