次へ

ライティングのコツ

しっかり伝わるコピーをスラスラ書く方法とコツ

コピーは考えながら書くと上手く書けません。この様に言うと・・・こんな答えが返ってきそうですね。

 

チャコちゃん
考えながらじゃないと書けないよ・・・
考えながら書ける方法があるんだったら知りたい?
satoshi
チャコちゃん
はい。知りたいです(さっさと教えろよ)
オッケー♪分かったよ。これから教えるね。
satoshi

 

コピーが上手く書ける人には具体的な手順があるんです。この記事では、伝わるコピーを書くための具体的な手順について解説します。あなたが、この記事を読むことで伝わるコピーがスラスラ書けるようになります。是非、最後まで読んでくださいね。

 


 

コピーが上手く書けない人の特徴

コピーが上手く書けない・書き終わるまでにメチャクチャ時間が掛かる・・・この様な悩みを抱えている人にはある特徴があります。その特徴は「書きながら書く内容を考えている」からです。

 

冒頭でも少し触れたのですが、書きながら何を書くのか悩んでいると、意外とスムーズに書ける時もあるのですが、途中で手が止まったり、何を書いているのか分からなくなったりします。

 

実際に、伝わるコピーをスラスラ書くには、準備が必要です。準備と言うと難しいモノをイメージしてしまうかもしれませんね。簡単に言うと、文章の説明書から作ることですね。

 

プラモデルを作る時や、料理を始めて作った時のことを思い出してください。あなたは、いきなり作れましたか?恐らく作れなかったと思います。そこで、説明書の出番です。説明書を見ながら作ることで、プラモデルや人形ハウスは無事に完成して喜んだ経験があると思います。

 

この説明書・・・ブログにあれば、スラスラ書けそうな気がしませんか?次項で、ブログの施説明書の作り方を解説しますね。

 

 

 

ブログの説明書の作り方

ブログの説明書の作り方は大きく分けて3Stepです。3Stepとは次の通りです。

 

説明書作りの3Step

Step1:テーマを決める

Step2:コピーの内容を考える

Step3:伝える順番を考える

 

この順番で考える事から始めてください。次項で各STEPの書き方とコツについて解説していきます。

 

 

Step1:テーマを決める

あなたが今から書くコピーは「何について書くのか」を決めます。この段階では、あなたが書こうとしている文章について書き出してみましょう。書き出す理由ですが、最初に書いておくことで、文章がブレなくなるからです。

 

最終的には、コピーのテーマから記事のタイトルが浮かんできます。書き出す時のコツは「いきなりブログに書かないこと」です。ブログに書いてしまうと、そのまま書き続けてしまい、途中で行き詰ったり・手が止まって時間ばかりが過ぎて行くハメになるのでまずは。書き出しておいてくださいね。

 

書き出す先はメモ帳でもノートでもイイですし、Webのメモ帳でも大丈夫です。後から見直せる状態にしておきましょう。

 

 

Step2:コピーの内容を考える

あなたが書こうとしているコピーで「何を伝えるのか?」を考えてみましょう。テーマに沿って考えていくと、伝えるべき内容が出てくるので。こちらもメモとして書き出してください。ここでも、いきなりブログに書くのはNGです。

 

その理由は、そのまま書き続けてしまい、最後にまとめるのが難しくなるからです。(最後がまとまらなと悩むい人の特徴だったりします。)なので、メモに思いつく限りのことを書き出しておきましょう。

 

 

Step3:伝える順番を考える

Step2で書き出した内容を基に、伝える順番に並べ替えてみましょう。並べ替えるのは2度手間になるので、文章の最初か最後に番号をつけるとやりやすいです。

 

伝える順番を考える時のコツは、読者に「どの順番で伝えると分かりやすいのか」を基準で考えてください。ブログ初心者・ブログで成果が出ないとお悩みの方に見受けられるのが、書き手目線(自分目線)で書いてしまいがちなんです。書き手目線ではなく、読者の気持ちになって考えるとコピーの仕上がりも変わってきます。なので、書く前に伝える順番を考えてくださいね。

 

 

手間が掛かる作業だけど・・・慣れるので大丈夫

チャコちゃん
うへッ・・・かなり大変じゃん!
確かに最初は大変かもしれないね。でも、安心して。この作業を繰り返すことで慣れてくるから大丈夫。慣れてしまえばメモ帳は不要で手間は減るからね
satoshi

 

この作業も30記事くらい書くと慣れてきます。慣れてきたら、メモ帳は不要になります。伝える内容も、本文に箇条書きで書いて順番を並べ替えるだけです。メモに書く癖がついているので、いきなりコピーを書いて途中で手が止まることはなくなるので安心してくださいね。

 

 

 

コピーの作り方3Stepを使えばどんなコピーでも書ける

コピーの作り方3Stepはどんな文章でも書けるようになります。セールスレター・ランディングページ・普段の情報発信・・・他にもSNSでも有効です。

 

コピーのテクニックは関係ないので、3Stepで考えることから始めてみましょう。このパターンが身につくと、書いている途中で内容を追加することだって出来ます。逆に、この内容は要らないと感じれば削除することだって出来ます。

 

読者のことを考えて書く癖を身につけてくださいね。

 

 

 

今回のまとめ

今回は「しっかり伝わるコピーをスラスラ書く方法とコツ」をテーマに解説しました。併せて、ブログの説明書の作り方もお伝えしました。いかがでしたか?

 

プラモデルや料理のレシピと同じくブログも説明書やレシピがあると断然、コピーは書きやすくなります。伝える順番も考えられる様になるのであなたも早速、今日から説明書作りから始めてくだあいね。

 

 

 

編集後記

過去の僕は書きながら内容を考えていました。後から見直すと、支離滅裂なとんでもないコピーになっていたこともありました(笑) 今となっては懐かしい思いでです。

 

そこから、悩んだのは「伝える順番」ですね。分かりやすい順番をかんがえるのには苦労しました。そんな時に出会ったのは「文才ゼロから始めるWeb記事執筆術」 でした。この教材から学んで今はスラスラと書けるようになりました。更に、伝え方のバリエーションも少しずつですが増えています。

 

もし、あなたが伝える順番でお悩みであれば参考にしてみてくださいね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。最後まで読んで頂きありがとうございました。このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 


 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

あなたの応援に感謝します♪

-ライティングのコツ