ライティングのコツ

伝わる文章をスラスラ書くためのメモ帳の作り方

ブログを書くのって、上手く書けないし、時間が掛かって仕方ない・・・あなたは、この様な悩みを抱えていませんか?

 

この悩みはブログを書いている人は、確実に陥る悩みだったりします。どうにかならないんだろうか・・・と、余計に考えてしまいますよね。

 

そこで、今回はその悩みの解決につながるヒントをお伝えします。この記事では、ブログがスラスラ書ける説明書の作り方について解説します。あなたが、この記事を読むことで、今までよりも早く記事が書ける様になります。是非。最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

伝わる文章を書くためのメモ帳

中々、ブログがスラスラ書けない・書くのにすごく時間がかかる・・・この悩みを抱えているい人には共通点があります。その共通点とは「準備不足」です。

 

もしかしたら、あなたも経験があるかもしれません。ブログを書くためにパソコンの前に座りました。そこから、今日は何を書こうか・・・と、考え始める傾向があります。

 

突然の閃きで上手く書き始められるかもしれません。でも、殆どの場合思ったように書き出せないんです。この状態を回避する方法があります。その方法は「伝わる文章を書くためのメモ帳」を作ることです。

 

メモ帳って聞くと・・・何だか面倒くさそうなイメージになりそうですね。でも、安心してください。たったの5つの項目をメモに書き出すだけで、面白い様にスラスラ文ブログが書けるんです。

 

次項で「伝わる文章を書くためのメモ帳」の作り方を解説しますね。

 

 

 

「伝わる文章を書くためのメモ帳」の作り方

 

伝わる文章を書くためのメモ帳は、記事を書く前に5つの項目をメモに書き起こします。5つの項目とは次の通りです。

 

5つの項目

step 1:これから書く文章で何を伝えたいのか?

step 2:書きたいことを箇条書きにしてみる

step3:どの順番で伝えるのか?

step 4:具体例を交えて文章を彩る

step 5:上記で書き出した文章を更に肉付けする

 

上記の5つのステップで考えると、文章はかなり書きやすくなります。では、それぞれのステップについて詳しく解説しますね。

 

 

 

step 1:これから書く文章で何を伝えたいのか?

あなたがこれから書く記事の目的を明確にしておきます。ココがブレてしまうと、文章そのものがボヤけてしまいます。ボヤけてしまうと、伝わる文章も伝わらなくなるので注意が必要です。

 

ここでのコツは、読者が最後まで読みたくなる内容にすることです。読者が、あなたの文章を読むか読まないかは「興味・関心」から判断されます。最初に興味・関心が惹ける内容を選んでくださいね。

 

 

step 2:書きたいことを箇条書きにしてみる

step 1で伝えたい内容が決まったら、次は何を伝えるのか、具体的な内容を書き出します。1つの情報でも、伝える内容はたくさんあります。この段階では、あなたが思いつくありったけの内容を書き出してくださいね。

 

ここでのコツは、あなたの体験や実践して感じたことから書き出すと、どんどん出てきます。嘘はマズイのですが、あなたの経験や体験からの心境の変化も書き出してくださいね。

 

 

step3:どの順番で伝えるのか?

伝える順番次第で、読者への伝わり方が大きく変わってきます。前項で足りなかった部分も見えてくるので、その時は迷わず書き足してくださいね。

 

書き出した内容に、伝えたい順番で番号付けします。もしかすると、今は伝えなくてもいい内容が見つかります。その時は迷わず外しちゃいましょう。

 

 

step 4:具体例を交えて文章を彩る

ここから、書き出した文章に具体性を書いていきます。step 3である程度の順番は分かっているので説明に合わせて、具体例・関連情報・画像・図表などを付け加えます。

 

初心者だt、きなり画像や図表は出しにくいかもしれません。なので、具体例と関連情報はしっかり書いていきましょう。具体例はあなたの経験・体験ですね。関連情報は、あなたがその情報に辿り着いたいきさつ等は書きやすいと思います。

 

 

step 5:上記で書き出した文章を更に肉付けする

ここで最後の仕上げですね。あなたが書き出した内容に、更に肉付けしていきます。step 4までの文章でも、闇雲に書いた文章よりは伝わりやすくなっています。

 

ここで、更に文章を肉付けすることで、読者は更に分かりやすく感じてもらえるのです。この肉付けの作業を繰り返すことで、あなたのライティングのスキルは確実にレベルアップしていきます。

 

あなたの経験・体験・感想を交えながらしっかり伝えてください。この時に、読者に夢を与えるともっと効果的です。ここで言う夢とは、あなたが伝える情報を実践すれば「こんな結果につながるよ」などのベネフィットを書くと、読者にもしっかり伝わります。

 

読者に、行動まで促したいのであれば、ベネフィットまでしっかり伝えてくださいね。

 

 

 

メモ帳は残すこと

 

ここで、1つお願いがあります。上記のステップで作ったメモ帳は、できるだけ残しておいてください。その理由は、記事は1回書いただけで終わりじゃないからです。

 

あなたが書いた記事は、書いた時は最新の情報かもしれません。ですが、時が経つと、情報が古くなったり、あなた自身の捉え方にも変化が出ます。

 

古くなった情報は、読まれなくなります。この先も、あなたの記事を読んでもらえる様に修正・リライトをする時に役立つので作ったメモ帳は残しておくことをお勧めしておきます。

 

 

 

記事の修正・リライトでの書いたメモの使い方

記事の修正・リライトをする時も、あなたが作ったメモ帳は役に立ちます。step 2の書きたいことの箇条書きなんかは、記事をリライトする時の参考になります。

 

他にも伝える順番ですね。step 3である程度の伝える順番は決まっています。メモ帳を見ながら順番を入れ替えて、読んでみると違いに気づくことができます。足りない内容があれば、付け加えれば大丈夫です。

 

不要な文章があれば、削ってしまいましょう。読者に読みやすい・分かりやすいと感じてもらえる様に修正・リライトをしてみてくださいね。

 

 

 

今回のまとめ

 

今回のまとめ

・伝わる文章を書くためのメモ帳

・「伝わる文章を書くためのメモ帳」の作り方

 step 1:これから書く文章で何が伝えたいのか?

 step 2:書きたいことを箇条書きにしてみる

 step 3:どの順番で伝えるのか?

 step 4:具体例を交えて文章を彩る

 step 5:書き出した文章に肉付けする

・メモ帳は残すこと

・記事の修正・リライトする時のメモ帳の使い方

 

今回は「伝わる文章をスラスラ書くためのメモ帳の作り方」をテーマに解説しました。作り方の5つのステップも詳しくお伝えしました。いかがでしたか?

 

最初にメモ帳を作っておくことで、あなたが記事を書く時に掛かる時間は大きく変わってきます。最初は中々、上手く出来ないかもしれません。ですが、繰り返すことで、どんどん書きやすくなります。早速、今日から「伝わる文章をスラスラ書くためのメモ帳」を作ってくださいね。

 

ここで作ったメモ帳は、あなたの隠れた武器になります。少しずつ蓄えていってくださいね。

 

 

 

編集後記

私は失敗しました。と、言うのもメモ帳は記事を書く時に作っていたのですが、データーとして残していなかったんです。

 

丁度、ブログ全体で記事を見直す機会があったのですが、メモ帳が残っていなかったので、上手く修正やリライトが難しく感じました。今は、作ったメモ帳はデーターとして残しています。

 

この先、有効活用する為にも、どんどん蓄えていきますね。このページをご覧のあなたもメモ帳作りから始めてくださいね。一緒に頑張りましょう。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。最後まで読んで頂きありがとうございました。このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング

あなたの応援に感謝します♪

-ライティングのコツ

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.