次へ

WordPress

Gutenberg(ブロックエディター)の使い方の基本

我々が快適にブログ更新が出来るツールの中に「Classic Editor」があります。以前から、このプラグインは無くなるのでは?との声が聞えていましたが、いよいよサポート終了の予定が立ったみたいです。

 

サポート終了とのことなので、完全に使えなくなるわけではなさそうですが、WordPressが推奨している「Gutenberg」が主流になります。

 

そこで今回は、Classic EditorからGutenbergに切り替える方法を1つの記事にまとめてみます。あなたがこの記事を読むことで、迷わずGutenbergに切り替えることができます。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

Gutenbergとは

これまで使っていたClassic Editor は、htmlやcssなどの専門知識が必要なEditorでした。このスタイルが長く安定して使えていたのですが、Editorの方式を「ブロック」にすることで、従来のEditorよりも使いやすくなるそうです。

 

コンテンツの作成も「ブロック」を使う事で、従来のEditorよりも使いやすくなります。新しいGutenberg 編集エクスペリエンス WordPress.org のページに詳しい解説が載っているので参考にしてください。

 

因みに、Gutenbergはブロックエディターと呼ばれています。(以後、ブロックエディターと表記します。)

 

 

ブロックエディターの基本的な使い方

記事作成画面を開くと各種ブロックのアイコンが表示されます。アイコンとは下記の感じです。

 

上記のアイコンがデフォルトで準備されています。編集したいブロックを選んで記事を作っていくイメージです。今までだと、h2タグやh3のタグを使って段落分けをしていたのですが、ブロックエディターの場合、選んだブロックが段落の代わりになります。

 

では、ブロックエディターの使い方から解説しますね。

 

 

ブロックエディターへの切り替え

現状、クラッシックエディターを使っている人は、部rpックエディターへの切り替えが必要です。切り替えの手順は次の通りです。

 

①ダッシュボードにアクセスします。

 

②画面左サイドバーより「設定」⇒「投稿設定」をクリックします。

 

③設定画面に切り替わります。

 

  1. Block editorにチェックを入れます。
  2. 画面下にある「変更を保存」ボタンをクリックします。

 

ここまでの作業でブロックエディターが使えるようになりました。次項で、基本的な使い方について解説します。

 

 

ブロックエディターの使い方

①管理ページにアクセスします。

 

②「ブログに投稿する」をクリックします。

 

③記事作成画面に切り替わります。

 

④文章作成完了後「公開」ボタンをクリックします。

 

この流れで記事投稿は完了しました。流れが分かれば後は、機能を使いながら慣れていくだけですね。

 

 

ブロックエディターのメリットとデメリット

まだ使い始めたばかりなので、あまり強いことは言えないのですが、現段階で感じたメリットとデメリットを書き残しておきます。

 

 

メリット

直感ですが、慣れてくると記事作成の時間は大幅に短縮さそうです。なぜなら、ブロックの機能が優れていると感じたから。一度使ったボックスが再利用できて編集することも可能です。使ったブロックの再利用は嬉しく感じます。

 

 

デメリット

個人的に不安に感じてたのですが、クラシックエディターとの使い方が全く違うのはデメリットに感じました。クラッシックエディターは少し面倒でしたが。htmlやショートコードを使うことで記事がかけたのですが、ブロックエディターの場合、最初からブロックを作る必要があります。ここでの手間はデメリットと感じました。

 

 

 

クラッシックエディターは無くならない?!

色んな人の記事を読んでみたのですが、2021年12月でWordPressのサポートは終了となるのですが、プラグインは消えないだろうとの意見が多く感じました。(僕が何か知り得たら追記します)

 

ただ・・・心配なのがサポート終了から、プラグインの更新はなくなります。何かトラブルが起きても、自己解決するしかありません。

 

将来のことを考えると、早めにブロックエディターに切り替えた方が良さそうですね。

 

 

 

 

使ってみた感想

この日、始めて使ったのですが戸惑いと焦りはありました。これから使い続けるとどうなるのか楽しみです。クラッシックエディターとの併用ができるみたいなので、慣れるまでは二刀流でいこうかと考えています。

 

他の人のブログを読んでいると、慣れたら断然使いやすいと仰っている人は多く感じました。先ずは、慣れるまで使い込んでみます。新たなノウハウやテクニックなど、分かり次第このブログに載せていきますね。

 

 

 

今回のまとめ

今回は「Gutenberg(ブロックエディター)の使い方の基本をテーマに解説しました。併せて使い方の手順もお伝えしました。いかがでしたか?

 

クラッシックエディターのサポートが2021年12月で終わるので、今後を見据えてブロックエディターの使い方を覚えるしかありません。このページをご覧のあなたも早速、今日からブロックエディターを試してくださいね。

 

 

 

編集後記

ブロックエディター(Gutenber)にいずれ切り替わるとは聞いていました。過去に一度チャレンジしたことがあるのですが、さっぱり分からなくて諦めたことがあります。そこから月日が流れて昨日、新たな気持ちでブロックエディターにチャレンジすることになりました。

 

ブロックエディターに関強いては、このブログでも取り扱っていきます。もし、あなたがブロックエディターに興味があれば、これからの更新を楽しみにしててくださいね。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。最後まで読んで頂きありがとうございました。このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 


 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ

あなたの応援に感謝します♪ 

-WordPress