WordPress

WordPressの文字数をカウントできるプラグイン「WP Word Count」の使い方

WordPressの過去のバージョンには確か、投稿一覧画面に各記事の文字数が表示されていました。ですが、今のバージョンには、各記事の文字数は編集画面でしか、文字数の確認ができない・・・意外と不便を感じませんか?

 

今回、この不便さを解消できるプラグインのご案内です。プラグイン名は「WP Word Count」です。この記事では「WP Word Count」の設定と使い方について解説します。是非、最後まで読んでくださいね。

 

 

 

 

今のWordpressのバージョンは・・・

 

投稿一覧の画面で文字数がカウント出来なくなりました。なので、いざ文字数を調べるには、記事の編集画面を開くしか方法がなかったのです。

 

さすがに、毎回この方法で確認するのは正直な所、面倒くさい・・・ですよね。そこで、今回ご案内するプラグインに辿りつきました。

 

 

 

WP Word Countとは

「WP Word Count」を使うことで、今までよりも簡単に各記事の文字数が分かります。

 

SEO的に、文字数は関係ないとは言われていますが、各記事で、読者に過不足なく伝える場合、ある程度の文字数は必要になります。

 

また、Googleのペナルティではないのですが、記事の品質次第でサイト評価の点数に影響が出る可能性がありるんです。低品質記事と呼ばれています。記事の品質に文字数は関係あるのかどうかは微妙ですが、低品質記事を改善する時の目安になります。

 

では、次項から「WP Word Count」のインストールから設定までの方法を図解入りで解説しますね。

 

 

 

WP Word Countの使い方

 

最初にプラグインをインストールして有効化します。インストールの方法は下記の記事に載せているので是非、参考にしてくださいね。

 

 

 

 

WP Word Countdeで出来ること

WP Word Countで出来ること

・Top Content:文字数の多い順番で記事が表示されます。

・All Content:ブログ内の記事数と、文字数の確認。

・Monthly Statistiocs:月ごとの記事数と文字数の確認。

・Author Statistion:ユーザー別の記事数と文字数の確認。

・Reading Time:記事を読む目安の時間を表示できます。

・Calculate:プラグイン導入前の記事を読み込みます。

・Upgrade to pro:有料版へのアップグレード

 

こちらのプラグインで上記7つの設定ができます。設定自体は難しくないので安心してくださいね。では、次項から設定に入ります。

 

 

Calculateの設定

一番最初に「Calculate」を設定します。と、言うのも今の状態だと、プラグインを導入した時からの記事しか読み込めないからです。過去の記事をプラグインに読み込んでもらう作業になります。

 

①ダッシュボードにアクセスします。

②画面左サイドバーより「Word Count」をクリックします。

 

③設定画面に切り替わります。

④「Calculate」ボタンをクリックします。

 

作業

1.「Count all content on this site at one time」にチェックを入れます。

2.「Calculate Word Count」ボタンをクリックします。

 

ここまでの作業で、過去の記事もプラグインで文字数のカウントが出来るようになりました。では早速、文字数を確認してみましょう。

 

 

文字数の確認方法

①ダッシュボードにアクセスします。

 

②設定画面に切り替わります。

 

③画面左上の「Top Content」のタブをクリックします。

最初に表示されるのは記事の一覧です。表記は英語なので、日本語に直しておきます。

 

用語の説明

・Totals:全ての記事(公開・下書き・未公開含む

・Published:公開記事

・Unpublished:未公開記事

 

それぞれの記事数と文字数と平均文字数が表示されています。あくまで累計なので、続いて個別の文字数を見てみましょう。

 

 

①設定画面の「All Content」をクリックします。

②表示画面に切り替わります

文字数が多い順番に並び替えて表示されています。表記が英語なので日本語に訳しておきます。

 

日本語表記

・Word : 文字数

・Title : 記事のタイトル

・Reading Time : 読み終わるまでの目安時間

・Type : 記事の状態(公開・未公開)

 

この段階で、あなたが書いた全ての記事と記事毎の文字数が表示されます。この画面から、記事の編集も出来るので、手順を載せておきますね。

 

 

WP Word Countの画面から記事を編集する方法

先ほどの前項の表示画面から、簡単に記事の編集作業できます。手順はたったの2つです。

 

①前項の画面より、修正したい記事を選択します。

②記事のタイトルをクリックします。

 

③記事が表示されます。

④画面上部の「投稿の編集」ボタンをクリックします。

記事の編集画面に切り替わるので、そのまま編集作業に入ることが出来ます。投稿一覧から、記事の確認をしながらだと、どうしても時間がかかってしまいます。

 

でも、このプラグインを使えば、かなりの時短になるのでお勧めです。是非、この機会に「WP Word Count」のプラグインを取り入れてくださいね。

 

 

 

SEOに文字数は関係ない

 

あなたにお伝えしておきます。文字数を増やしたり減らしたりしただけだと、SEO対策にはなりません。あくまで、記事の内容や読みやすさで検索エンジンは判断しています。

 

ですが、個人的な感覚で言うと、文字数が少ない記事の場合、読者にしっかり伝えられていない感じがしました。どなたが仰っていたのかは覚えていないのですが、3000文字前後は書いた方が良さそうです。(あくまで、僕個人の感覚です。)

 

記事の内容次第にはなるのですが、リライトするのであれば、記事のボリュームアップまで狙いたいですよね。その為にも「WP Woed Count」を上手く使っていきましょう。

 

記事のリライトに関しては下記の記事にまとめているので、よかったら参考にしてみてくださいね。

 

 

今回のまとめ

 

今回のまとめ

・今のWordPressのバージョンは・・・

・WP Word Countとは

・WP Word Countの使い方

 1.WP Word Countで出きること

 2.Calculateの設定

 3.文字数の確認方法

 4.WP Word Countの画面から直接記事を編集する方法

・SEOに文字数が関係ない

 

今回は「WP Word Countの設定と使い方~ブログの文字数をカウントできるプラグイン~」をテーマを図解入りで解説しました。いかがでしたか?

 

 

 

過去のWordPressのバージョンは、投稿一覧で各記事の文字数が確認できたのですが、今のバージョン(5.2以降)だと、記事の編集ページからしか確認できなくなりました。

 

記事を1つずつ確認するとなると、時間と労力がかかります。でも、WP Word Countを使えば、一覧から各記事の文字数の確認ができます。かなり作業時間を短縮出来ます。あなたも、この機会にWP WおrdCountを試してくださいね。設定も簡単なのでお勧めしておきます。

 

 

 

編集後記

僕が、このプラグインを導入したのは「低品質記事」を撲滅する為でした。実際に記事を手直しをしていると、低品質の記事は文字数が少ない傾向にありました。

 

文字数の少ない記事を探すのですが、中々見つからないんです。そんな時に、このプラグインと巡り会えたのです。今では、一覧から文字数の少ない記事に狙いを絞って、修正・リライトにチャレンジしています。

 

この繰り返しで、PV数の下がり幅が落ち着きつつあります。記事の修正と、新規記事を両立しながらブログを育てていきます。あなたも、この機会に記事の修正・リライトをはじめてみませんか?

 

Googleのアップデートに怯えなくてもいい様に、今の内から対策しておいてくださいね。

 

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイトランキング



あなたの応援に感謝します♪

-WordPress
-, ,

Copyright© ブログ武器 Ver.2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.