【WordPress】目次を自動で作るプラグイン ~Table of Contents Plus

今回はWprdPressで目次が自動で作れるプラグインについて書いてみます。設置方法から設定まで図解入りで解説します。ブログを運営していく中で、設置した方がいいプラグインなので、まだ未設置の人はこの機会に取り入れてくださいね。では、はじめます。

 

 

目次って必要?!

もしかすると、あなたも今はこの様な疑問を持っているかも知れませんね。この質問の答えは、「無いよりはあった方が断然イイ」になります。その理由ですが、目次を作ることで、読者がこの記事に書かれている内容が判断しやすくなるからです。

 

読者も貴重な時間を使って、あなたのページに来てくれます。目次を作ることで読者も作業効率を高めることが出来るのです。プラス、記事の内容に満足して頂ければ再度、来てもらえる確率も上がります。

 

読者に最後まで読んでもらえる工夫になりますし、簡単に設置できるのでお勧めしています。

 

 

Table of Contents Plusのインストール方法

1.ダッシュボードにアクセスします。

広告

左サイドバーから「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

 

2.検索画面に切り替わります。

画面右上の検索窓に「Table of Contents Plus」と、入力します。

 

3.「検索結果」が表示されます。

「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

 

4.インストール完了です。

忘れずに「有効化」をクリックします。

 

これで、インストールは完了です。続いて設定に入ります。

 

 

Table of Contents Plusの設定

1.ダッシュボードにアクセスします。

左サイドバーより「設定」→「TOC+」をクリックします。

 

2.設定画面に切り替わります。

1.目次を設置したいコンテンツを選択します。

2.目次のタイトルを表示させる場合はチェックを入れます。

3.目次に表示させるテキストを入力します。

4.表示・非表示のテキストを入力します。

5.目次の階層を表示させる場合はチェックを入れます。

6.目次を番号で振り分ける場合はチェックを入れます。

7.表示・非表示の切り替えを選択します。

8.目次の横幅を自動で選択するのか・しないのかを選択します。

9.目次の表示位置を選択します。

10.目次の文字の大きさを設定します。

11.目次のデザインを選択します。

12.全ての設定が終わったら「設定を更新」ボタンをクリックします。

以上で、設定は完了です。記事を書く時に特別な作業はありません。プラグインが自動で目次に振り分けてくれます。なので、記事の執筆に集中してくださいね。

 

 

まとめ

今回は目次を自動で作れるプラグイン「Table of Contents Plus」について解説しました。いかがでしたか?設定も難しくないので、できるだけ早く導入するべきだと思います。

 

このプラグインのメリットは何と言っても、一度設定してしまえば、全ての記事に自動で目次が入る事です。記事を書く毎の設定は必要ありません。また、目次がリンクになっているので、長い文章の際にはより読みやすくなってきます。

 

読者の為にも是非、このプラグインはお勧めです。

 

 

では、今日も素敵な情報発信がんばりましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
このブログの感想・ご意見・質問・相談は コチラ からお願いしますね。
(*最近アドレスの未記入が増えています。確実に返事をお届けしたいので忘れずにご記入お願いします。)

 

*不要と感じたら1クリックで解除できます。安心してお試しください。

 


アフィリエイトランキング
にほんブログ村 小遣いブログ ブログアフィリエイトへ
にほんブログ村

あなたの応援に感謝します♪
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました